■diary
管理人のレインに関する不定期日記です。
last update:July 07, 2003
2003年7月7日
 偶然にも今日は七夕です。どうもしませんが。

 先日ダイアンが出演しているドキュメンタリー『デブラ・ウィンガーを探して』の試写会に行ってきました。ダイアンの出演シーンは2箇所ほどなので、彼女目当てで観に行くと肩透かしを食らうかもしれませんが、なかなか興味深い映画でした。ロザンナ・アークェットがデブラ・ウィンガーに引退した理由を聞きに行く…という筋はあるものの、34人の女優たちが語るトークライヴ映画と考えた方がいいかもしれません。ダイアンは恋愛や老いについて語っています。特に後者についての意見はなかなかはっきりとしたもので、最近のダイアンの仕事ぶりとリンクする部分があり、面白かったです。この作品でダイアンは、完全なるスッピンで登場します。もちろんいつもよりシワが目立つのですが、彼女はそれが女性としてマイナスになるとは考えていないのですね。きっとこれからもお直し(整形)などすることなく、あくまで自然に歳を重ねていくのでしょう。彼女の美に対する意識は、これからの作品選びや役作りに表れていくのではないかと思いました。

 『運命の女』のDVD特典は、想像以上に豪華なものでした。観終わってぐったりしてしまったくらいです。ダイアンのインタヴューやシーン解説は特に興味深く観ました。未見の方、チェックした方が良いですよ〜。

 そろそろ新作の撮影に入って欲しいのですが、なかなか確実な情報が入ってきません。『Me Again』は不安的中、暗礁に乗り上げているようですし、噂されている『Void Moon』も実現の可能性は高くないように見えます。オスカー候補に挙がった今こそ、実力を発揮できる映画を畳み掛けるときだと思うので、エージェント様、ぜひとも頑張って下さいませ。

 そうそう、忘れていましたが、7月1日でこのサイトは一周年を迎えました。いつも遊びに来て下さる皆様、どうもありがとうございます。最近は一日に100人以上の方が来て下さり、とても感謝しています。これからも一緒にダイアンを応援していきましょう。


2003年5月18日
 3か月の日記です。かなり間が開いてしまいました。でも、このコーナーはこれぐらいの更新頻度だと思って下さいませ。たいした内容じゃないですしね。

 この3か月の間でダイアンのいちばん大きなニュースはアカデミー賞授賞式が開催され、それに出席したことでしょう。今年の主演女優賞は史上最高の大混戦と言われていたほどの激戦で、誰が受賞してもおかしくない状況でした。その候補5人に選ばれたのですから、応援している方も鼻が高いです。ダイアンはオスカー・デ・ラ・レンタのゴールドのドレスで出席。最初観たときは、フェザーがイマイチかなぁと思ったのですが、何度も見ているうちにすごく魅力的に思えてきました。応援してるからでしょうかね。フフ。海外メディアではダイアンをベストドレッサーに選出しているところが大半で、これまた嬉しかったです。授賞式ではドキュメンタリー映画賞のプレゼンターを務めました。これは急遽式の出席をキャンセルしたケイト・ブランシェットの代役だったそうですが、とても堂々とこなしていたと思います。受賞したマイケル・ムーア、マイケル・ドノヴァンの名前を絶叫していたのも、微笑ましかったです。おそらくダイアンは「ボウリング・フォー・コロンバイン」が好きなんでしょうね。あと式の座席なんですが、エイドリアン・ブロディの隣に座っていたのもポイントが高かった ですね。彼が受賞したときは隣で歓喜の悲鳴を上げてましたし(ついでにキスも!)、彼のスピーチには涙ぐんでいました。式の中で様々な表情を見せたダイアンに海外メディアは好印象を持ったようだったのもニンマリしました。受賞はできませんでしたが、式はダイアンにとって大きなプラスになったはずです。

 新作の情報も入ってきました。『Me Again』です。自分が殺し屋なのか捜査官なのかわからない男を助けるFBI捜査官役ということですが、うーん、プロットを聞いた限りではちょっとマット・デイモン主演の「ボーン・アイデンティティー」に似てるかな。演出でそのあたりを巧く捌いて欲しいものですが、監督が僕の好きな「ギャラクシー・クエスト」のディーン・パリソットと言うのは、安心要素かもしれないです。共演はブルース・ウィリスの予定でしたが、彼は降板。5月18日現在代役は発表されていません。もしかしたらこのまま企画が流れてしまうかも…という心配があります。無事クランクインできますように。

 今度ダイアンがプレスの前に確実に姿を現すのは、6月に開かれるクリスタル賞の授賞式でしょう。女性の地位向上に貢献した映画人を表彰する賞を獲得でき、これまた誇らしいことです。映画の方は『Under the Tuscan Sun』が9月に全米公開。イタリア版「ブリジット・ジョーンズの日記」と言われているそうで、「ブリ日記」が嫌いな僕はやや不安でもあるのですが、あそこまでドタバタ劇にはなっていないことを祈るばかりです。

 そうそう、先日『リトル・ロマンス』のDVDを買いましたよ。映像がとてもクリアーになっていますね。僕を映画好きにしてくれた一本だけに、ダイアンのデヴュー作と言うこと以上に、僕にとって大切な一本。これからも何度も観るんだろうなぁ。特典としてついていたダイアンのインタヴューを見ると、彼女にとっても大切な一本ということがよくわかります。


2003年2月18日
 皆様、明けましておめでとうございます。…って、2月ももう半ばですね。はい、すいません。

 もうご存知でしょうが、ダイアンが『運命の女』の演技でアカデミー賞にノミネートされました。実に喜ばしいことです。ノミネートされるということは、その年のトップ5に入ったということですから。アカデミー賞が「絶対」というわけではありませんが、ここは素直に喜びましょう。おめでとう、ダイアン!

 実はここ数か月、胃の痛い思いをしていたのです。昨年5月に『運命の女』が公開されたときからオスカー確実と言われていましたが、年末になるにしたがって目にするようになったオスカー関連の記事で必ずダイアンの名前が挙がっていて、こうなってくると何が何でも候補入りして欲しい、いや候補入りさせてあげたいと思うようになってしまって…。これまで大きな賞というと『ロンサム・ダブ』のエミー賞、『オーバー・ザ・ムーン』のインディペンデント・スピリット賞ぐらいでしたから、映画界最高の賞(と言われている)アカデミー賞で候補に挙がるかもしれない…と思うと、もう絶対にノミネートして〜と思わずにはいられなくて…。ですから、ノミネーション発表当日の夕方なんて、近所の神社に「候補入りしますように」とお願いしてきたくらいでした。

 それでもこれはイケるぞ…と思ったことは何度かありました。まずニューヨーク映画批評家協会賞を獲ったとき、それからブロードキャスト映画批評家協会賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたとき、そして全米映画批評家協会賞を獲ったとき。実は密かにゴールデン・グローブ賞も獲れる可能性があるかもしれないと思っていたのですが、それは実現しなくてややムードが盛り下がっていたところに、アメリカ映画俳優組合賞候補入りというニュースが来て、やっぱりノミネートされるぞ!…という風に。このサイトでは「期待してない」なんて書き方をしながらも、実は誰よりも気にしていたのかもしれません。ですから、オスカーにノミネートされたことを聞いたときは、本当に本当に嬉しかったです。余談ですが、ニューヨーク&全米映画批評家協会賞の受賞はある意味、オスカーより価値があるかもしれません。とても誇らしいことです。

 さて、今度はオスカー受賞はあるか…ということに皆様の興味は移っているかと思いますが、僕は実は受賞はしなくてもいいと思っています。まだまだ若いですから、50歳になるまでに獲ってくれれば、それでいいです。今回ノミネートを受けたことを励みに、ぜひとも頑張って欲しいです。

 話はガラリと変わって、皆様、『運命の女』はご覧になりましたか?僕は試写会で観ましたが、劇場にも駆けつけましたよ。やはり音響の良いところで観たかったものですから。久しぶりにパンフレットも購入してしまいました。もう公開が終わっているところも多いかと思いますが、まだの方は遠出をしてでも、ぜひ。

 あと、1月に「ダイアンとジョシュ・ブローリンが結婚間近」というゴシップが出ていましたね。そうかー、順調に続いていたのですね。幸せなのは良いことです。良いことですが、ダイアンは以前クリストファー・ランバートと結婚していたとき、完全に家庭優先のキャリアを選択しています。もしかして結婚ということになると、今回もそうなるのでしょうか。それはファンには寂しいような…。仕事もプライヴェートも…と、欲張りにいって欲しいものです。


2002年12月20日
 12月18日に愛知県中小企業センターで開催された『運命の女』の試写会に行ってきました。ついには芸術性を重んじるニューヨーク映画批評家協会賞で主演女優賞を獲得したということもあり、ダイアンに対する期待は最高潮。そして、それを裏切らない演技に興奮して帰ってきました。

 作品のプロット自体は非常に陳腐だと思うのです。若い男との不倫に溺れる妻の物語は、これまでに何度も観てきて、今更…という思いが拭えません。しかし、それでもエイドリアン・ライン監督の現代的な感覚と題材のズレが妙な味わいを醸しているんです。古めかしいのに、同時にスタイリッシュでもあるという、ミスマッチの妙が生まれているんです。

 そしてその中を泳ぐダイアンの、なんて魅力的なこと!罪悪感と良心の狭間で揺れる女心を、エモーショナルな演技で表現しています。夫を裏切ることになるわけですから、当然嫌われても仕方ありません。しかし、ダイアンはそれに共感してしまうまで引っ張っていきます。この作品のダイアンはどんなときでも「女」でした。夫の前でも恋人の前でも子どもの前でも、いつも「女」。それが前面に出ているがゆえの魅力で光り輝いていることに、ニンマリしてしまうこと間違いありません。

 さて、話題の電車の中の情事回想シーンですが、確かにこんな場面は観たことがなく驚きました。加速していく電車のスピードに比例するかのように、情事を思い出して、後悔しながらも喜びを抑えきれず、濡れていく様に、「女」という生き物独特の感覚を観た気がします。このシーンもそうなのですが、この作品は裸になることが多いです。しかし服を脱ぐこと以上に、ダイアン・レインという人間そのものを曝け出さなければならない役柄であるという点に注目したいです。それにはとてつもない勇気が必要だったはず。ダイアンの女優根性のようなものを観た気がします。

 アメリカでは賛否両論に分かれ、鑑賞後には議論になる人が続出したそうですが、それも納得。おそらく自分が今どういう状況に置かれているか、もしくはどんな人生を送ってきたかにより、感じることはまったく違ってくると思います。満たされるということがどういうことなのか知っている人と知らない人では、きっと作品の評価も違ってくるでしょう。したがって、日本でも賛否が割れることは必至。そしてそうなることこそ、この作品に対する最高の賛辞だと思います。

 それにしても…もしこの役柄でオスカーにノミネートされたら、それはすごく画期的なことだと思います。果たしてどうなるか。あまり期待せずに待ちましょう。


2002年11月28日
 このサイトはほとんど宣伝をしていないせいもあって、一日の平均アクセス数は20〜30程度です。それが火曜、水曜と100近くあって、一体何が起こったのだろう…と不思議に思っていたのですが、どうやら原因はこの 記事 のようです。web版だけじゃなく本紙の方にも載ったのでしょうかね。(おそらく数日後に記事は削除されるので、お早めにどうぞ)

 記事を読んでダイアンのことを思い出した方がたくさんいらっしゃった方は嬉しいのですが、うーむ、この記事はどうなんでしょうかね。日本のメディアがダイアンに関する記事を書くと、最近は必ず「復活」という言葉が出てくるんですが、僕はこれに違和感があって…。結婚後ダイアンが家庭を優先して目立たないような仕事を選んでいたというのは、海外では有名な話なのに、日本では見かけたことがないのです。そして代わりに、勝手に仕事に恵まれてなかったとか、精彩を欠いていたとか、調べることをせずに書いてばかり。したがってジェニファー・コネリーの名前を挙げるのも、ナンセンスとしか言いようがないでしょう。

 90年代もダイアンは良質作にたくさん出ています。特に『マイ・ニュー・ガン あぶない若妻』『インディアン・サマー タマクワの英雄たち』『南部の風/南軍兵士の妻が語る100年の物語』『欲望という名の電車』『オーバー・ザ・ムーン』は質が高いです。ですが、不幸なことに、このいずれもが日本では劇場公開を見送られたり、テレビ放映のみだったりという憂き目にあっているのです。だから、仕方がないのかもしれませんが、でもあぁ、なんてもどかしい。『オーバー・ザ・ムーン』なんて、オスカー級演技なのに…。

 でもまあ今回の記事自体は、『運命の女』のダイアンを称えたものなので、そう目くじらを立てることもないですが…。

 ※えーっと、今回は前回の日記から2週間も経っていませんが、このコーナーがこんなに短いインターバルで更新されるのは、稀だと思ってください。あくまでこのコーナーは気が向いたときに更新しますので。


2002年11月15日
 サイトをオープンさせてから4か月。急にレインに関する不定期日記のコーナーを作ろうと思い立ちました。ベタベタしたくはないということもあり、非常に淡白なサイトになっているのですが、やはりどこか温か味に欠ける気がしていました。別に管理人の声を書いたからといって温か味が出るというわけでもないでしょうが、それでも書かないよりは書いた方がアットホームな感じは出るかもしれないなぁ、と。なので、これから気が向いたときには、このコーナーに書き綴ろうと思っています。どうぞよろしくお願いします。

 さて、最近のダイアン・レインですが、やはり『運命の女』の賞レースの行方が気になっている方が多いかと思います。これまで性格女優として評価されてきましたが、これほどまでの激賞に包まれたことはなかったと言っていいでしょう。『運命の女』自体はアメリカ公開時、賛否両論真っ二つに割れたのですが、ダイアンに関する評だけは絶賛に包まれました。オスカーの本命女優としては『Far from Heaven』のジュリアン・ムーアがいるのですが、彼女だってこれほどまでの賛辞には包まれていません。ダイアンの場合は、凄まじいまでに熱狂的なレヴューで埋め尽くされたのです。

 でも、だからと言ってアカデミー賞にノミネートされるかというと、僕は疑問に思います。何と言っても、5月公開とリリースがあまりにも早いのが、最大のマイナスです。オスカーは年末に公開される映画の方が印象に残りやすく、どうしても有利なのです。果たしてオスカー会員がダイアンの演技を覚えているかどうか。これはもう配給の20世紀フォックスがどこまで大規模なキャンペーンをしてくれるかにかかっていると言っていいでしょう。今年のオスカー主演女優賞は激戦区で、強力な女優陣がひしめいています。その中で勝ち残るのは非常に難しいと思っています。

 ただ、悲観に暮れることはないでしょう。『運命の女』の演技で評価が上がったことは間違いですし、今後は難役も次々と舞い込むでしょう。『グラスハウス』『陽だまりのグラウンド』のような役では簡単過ぎます。僕はダイアンにはもっともっと難しい役に挑戦して欲しいと思っていますし、そういう役を演じられる女優だと確信しています。そしてそうすれば、いずれまたオスカーのチャンスは巡ってくるはずです。(あら?まるでもうすでにオスカーに落選したような書き方ですが、もちろんチャンスはゼロじゃありませんよ。多少期待して良いかも…)

 ※このサイトでは、ダイアン・レインのことを「レイン」と表記しています。「ダイアン」にすると、ファン特有のベタベタ感が出てしまうと思ったからです。でも、このコーナーでは親しみを込めて「ダイアン」と呼ぶことにします。


検索エンジンで当サイトにいらっしゃった方は、このボタンをクリックしてトップページへ移動してください。上部にメニューが表示されます。