■biography
 ダイアン・レイン バイオグラフィです。
last update:January 01, 2008
ダイアン・レイン Diane Lane
◆誕生日 1965年1月22日
◆誕生地 ニューヨーク州ニューヨーク・シティ
◆本名 ダイアン・レイン
◆家族 夫 ジョシュ・ブローリン(2004年8月15日結婚。前妻との間に一男一女あり)
娘 エレノア(元夫 クリストファー・ランバート<1988 - 1994>との間に生まれる)
◆髪 ブロンド

◆経歴
 父は演技コーチのバート・レイン。母は元「プレイボーイ」誌のモデルのコーリン。ふたりはレインが生まれて13日目に離婚。幼いレインは父と母のもとを行ったり来たりして暮らしたという。

 演技の世界に足を踏み入れたのは6歳のとき。母の友人の勧めで、劇団ラ・ママのオーディションを受け、見事合格。父とニューヨークのマンションに住みながら演技を続けることとなったレインは、プロ専門の芸術学校に入学した。初舞台はギリシア悲劇『王女メディア』。レインはメディアの子どもを演じた。この舞台は全てギリシア語だったのだが、レインは耳で言葉をすべて覚え周囲を感嘆させたという。この頃の舞台出演作には他に、『エレクトラ』『トロイアの女たち』がある。

 転機は12歳のとき。ニューヨーク演劇界の大物プロデューサー、ジョセフ・パップに認められ、ブロードウェイの大舞台に立つ。リンカーンセンターでの『アガメムノン』を皮切りに、『桜の園』『ランナウェーズ』で評価を高め、“天才少女出現”とマスコミに書き立てられる。

 映画デビューは79年の『リトル・ロマンス』。ジョージ・ロイ・ヒル監督による少年少女の恋物語である本作は極めて高い評価を受け、レインは映画女優としてもたちまち注目を集める。「TIME」誌は天才子役たちを特集した号で、レインを表紙にしたほどであった。

 この頃レインを悩ませたのは、両親の親権紛争。父のノイローゼ、母の浪費癖等、レインを悩ませる日々が続き、ついに母がレインを誘拐するという事件が起こる。結果、レインは法廷で母親が後見人としてふさわしくないと証言しなければならなかったという。

 アメリカ映画界の巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督と出会ったのは、82年。同世代スターたちとのアンサンブルが話題になった『アウトサイダー』『ランブルフィッシュ』、1920年代を舞台にしたジャズフィルム『コットンクラブ』に連続出演し、その実力を改めて世に知らしめた。レインの代表作の一本と名高いウォルター・ヒル監督の『ストリート・オブ・ファイヤー』もこの時期の作品である。

 しばらくの休養を経て、カレン・アーサー監督の『愛は危険な香り』で復帰し、再び女優業が活発になると思われた頃、チャールズ・フィチャー監督の『愛にふるえて』で共演したフランス人俳優、クリストファー・ランバートとの交際が発覚。88年10月にニューメキシコ州のサンタフェで入籍した。

 ランバートと結婚したレインは、家庭を優先させたキャリアを選択する。ランバートとの間には娘エレノアが誕生、一緒にプロダクションを設立するなどハリウッドでは珍しいおしどり夫婦と言われた。が、94年に突然の離婚。原因は擦れ違いと言われている。この時期、多くない出演作で高い評価を得た作品には、サイモン・ウィンザー監督のミニ・シリーズ『ロンサム・ダブ』(エミー賞助演女優賞ノミネート)、カール・シェンケル監督の『美しき獲物』(ランバート共演)、ステイシー・コクラン監督の『マイ・ニュー・ガン あぶない若妻』(カンヌ映画祭出品)、リチャード・アッテンボロー監督の『チャーリー』(ポーレット・ゴダード役)がある。

 離婚後は再び仕事のペースが上がり、コッポラ監督と4度目のタッグを組んだ『ジャック』、ドワイト・リトル監督の『ホワイトハウスの陰謀』を経て、トニー・ゴールドウィン監督の『オーバー・ザ・ムーン』に出会う。若くして母親となった主婦がブラウス売りの男と恋に落ちるドラマで、レインが見せる苦悩の演技は、インディペンデント・スピリット賞主演女優賞候補という形で評価された。この作品ではヴィゴ・モーテンセンとの激しいラヴ・シーンも話題になった。

 この頃はヴェテラン女優らしい余裕ある演技が評判で、ジェイ・ラッセル監督の『マイ・ドッグ・スキップ』がロングヒットになった他、ウォルフガング・ペーターゼン監督の『パーフェクト ストーム』が全米興行収入1億8000万ドルを超える大ヒットを記録。ブライアン・ロビンス監督の『陽だまりのグラウンド』とダニエル・サックハイム監督の『グラスハウス』が同じ週に公開され、Box Officeの1位2位を独占し、話題になった。

 2002年は女優ダイアン・レインにとって最も重要な年となった。エイドリアン・ライン監督の『運命の女』が公開されたのである。リチャード・ギアと『コットンクラブ』以来の共演を果たした本作の演技は、評論家から圧倒的な支持を集め、スマッシュヒットを記録、第75回アカデミー賞主演女優賞候補に挙がった。惜しくも受賞は逃したが、ゴールデン・サテライト賞、ニューヨーク映画批評家協会賞、全米映画批評家協会賞、ショーウェスト賞を受賞した他、ゴールデン・グローブ賞、アメリカ映画俳優組合賞など数えきれないほどの映画賞にノミネートされた。

 2003年は秋に主演作の『トスカーナの休日』が公開されスマッシュヒットを記録、再びゴールデン・グローブ賞、ゴールデン・サテライト賞にノミネートされた他、ハリウッド映画祭で主演女優賞を受賞した。さらに、エンターテイメント業界で働く女性の中でも目覚しい活躍が見られたことが評価され、Woman In Film主催のクリスタル賞を受賞、The Hollywood Reporter誌主催のWomen in Entertainment breakfastでは代表としてスピーチを行った。また、People誌が毎年発表する「世界で最も美しい50人」の一人にも選出されている。

 2004年はサンタバーバラ映画祭でこれまでのキャリアを称えたトリビュート・イヴェントが開催、アメリカン・リヴィエラ賞を受賞。その後も『理想の恋人.com』(05年)『ハリウッドランド』(06年)と順調に作品を重ね、2007年のWomen in Hollywoodではアイコン賞を受賞している。

 近年はPantene Beautiful Lengthsを始めとするチャリティ活動にも積極的、Neutrogenaのアンバサダーに就任するなど、活動の場は広くなっている。もちろん女優としての評価もますます高まっていて、オファーが殺到中、出演料は800万ドルにまで跳ね上がっているという。今後どのようなキャリアを築いていくか、最も注目される女優の一人である。


Beauty has to be a certain way and if it is not that any longer than it is damaged or sad beauty, and I don't perceive that. That is not my reality. My reality is there is a fascinating woman and I want to be like her one day. I don't see her as clinging. I think clinging to one's youth is the pathetic aspect of beauty potentially. I think women who were character actresses will always work freely in their 60s, if they choose to, because they are not coming from the immaculate time when you were daisy perfect.
Diane Lane - 2003


Her talent and beauty have been apparent since she was a child. Now Diane Lane has emerged as one of our great world actresses. Diane Lane gives a glowing performance. She keeps you riveted to the screen and reminds us what great acting is about.
Francis Ford Coppola - 2003 Robert Wise - 2003


検索エンジンで当サイトにいらっしゃった方は、このボタンをクリックしてトップページへ移動してください。上部にメニューが表示されます。