Filmography
リトル・ロマンス “A Little Romance” (79年)
監督 ジョージ・ロイ・ヒル リトル・ロマンス
Clickすると
拡大画像
原作 パトリック・コーヴァン
脚本 アラン・バーンズ
出演 ローレンス・オリヴィエ、ダイアン・レイン、テロニウス・ベルナール
上映時間 109分
製作国 アメリカ
ジャンル ロマンス、コメディ
●アカデミー賞
受賞: 作曲賞 ジョルジュ・ドルリュー
候補: 脚色賞 アラン・バーンズ

●ゴールデン・グローブ賞
候補: 助演男優賞 ローレンス・オリヴィエ
作曲賞 ジョルジュ・ドルリュー

●アメリカ脚本家組合賞
候補: 脚色賞 アラン・バーンズ

●ヤング・アーティスト賞
受賞: 子役映画賞
若手女優賞 ダイアン・レイン
ジャッキー・クーガン賞 テロニウス・ベルナール
シビル・ジェイソン賞 ダイアン・レイン
候補: 若手男優賞 テロニウス・ベルナール


ストーリー
 パリ。映画好きのフランス人少年ダニエル(ベルナール)は、遊びに行った撮影現場で同じ13歳のアメリカ人少女ローレン(レイン)に出会う。何不自由なく育ったローレンだが、女優の母親は夫がいながら映画監督に夢中で、どことなく寂しそうだった。ダニエルとローレンは急速に親しくなる。ふたりはデート先でジュリアスと名乗る老紳士(オリヴィエ)と知り合い、<サンセット・キス>の伝説を知る。それは日没の瞬間、ヴェネチアの「ため息の橋」でキスをした恋人同士は永遠に結ばれるというものだった。ローレンは帰国前に伝説を叶えたいと願い、ダニエルはそれに同意する。ふたりはジュリアスを巻き込み旅に出るが、両親や警察は彼らの行方を追い…。


コメント
 言わずと知れたレインの映画デビュー作。おりこうさん風の美貌、気品のある雰囲気、13歳らしい伸び伸びとした演技…、「TIME」誌がレインを表紙にしたのも頷ける愛らしい作品である。レインはどこか暗い影を漂わせるときがある女優だが、それはこの頃から健在。両親の愛情に飢えた少女の孤独を、さりげなく表現している。ただし、この作品は基本的にはコメディ。その影を引きずることなくキュートさを思う存分に発揮、クライマックスのサンセット・キスの伝説まで軽快に走り抜ける。舞台出身にありがちな臭みがないのもいい。見所はやはりキスの瞬間か。ロマンティック!監督のジョージ・ロイ・ヒルは「明日に向って撃て!」「スティング」等の傑作で知られる名匠で、この作品も代表作の一本と言っていい。デビュー作がいきなりロイ作品の主演とは、レインがいかに舞台で認められていたかを証明している。


オススメ度(5段階評価)
作品=★★★★★  レイン鑑賞度=★★★★★


DVD
メーカー 発売元・販売元 ワーナーホームビデオ
特典 【映像特典】ダイアン・レイン インタヴュー(7分)、オリジナル劇場予告編


ユーザーコメント
あなたの感想を送ってください


検索エンジンで当サイトにいらっしゃった方は、このボタンをクリックしてトップページへ移動してください。上部にメニューが表示されます。