Filmography
ラスト・レター “Touched by Love” (80年)
監督 ガス・トリコニス
原作 リナ・カナダ
脚本 ヘスパー・アンダーソン
出演 デボラ・ラフィン、ダイアン・レイン、マイケル・ラーンド、ジョン・エーモス、クリスティナ・レインズ
上映時間 97分
製作国 アメリカ
ジャンル ドラマ

●ゴールデン・グローブ賞
候補: 主演女優賞(ドラマ部門) デボラ・ラフィン

●ヤング・アーティスト賞
受賞: ファミリー映画賞
若手女優賞 ダイアン・レイン

●ゴールデン・ラズベリー賞
候補: 主演女優賞 デボラ・ラフィン
脚本賞 ヘスパー・アンダーソン


ストーリー
 1960年代の初め、山々に囲まれたブラウン・ハウス学校に新任の看護婦リナ・カナダ(ラフィン)がやってくる。リナは熱烈な歓迎を受けるが、車椅子の少女カレン(レイン)の顔だけは暗く沈んだままだった。カレンは心臓が弱く、もう長くは生きられないという。リナはカレンの世話を買って出るが、カレンは心を開かない。しかしついに口の不自由なカレンがある言葉を口にし、リナとカレンは一緒にドライブに行くまでになる。どうやらカレンはエルヴィス・プレスリーの曲を気に入ったようだ。カレンはプレスリーにファンレターを書き続けるが…。


コメント
 ストーリーから察するにお涙頂戴ものか。この手の作品は好き嫌いがはっきり分かれるもの。実際評価も真っ二つだったようで、主演のデボラ・ラフィンはゴールデン・グローブ賞とラジー賞に同時ノミネートという珍しいことになっている。ただし、レインに対する評価は好意的なものばかりだった模様。「ニューヨーク・ポスト」「ニューヨーク・デイリー・ニュース」「ハリウッド・レポーター」誌等が絶賛、「ペアレンツ・マガジン」誌はレインの演技をアカデミー賞ものと称えている。


オススメ度(5段階評価)
作品=−  レイン鑑賞度=−


ユーザーコメント
あなたの感想を送ってください


検索エンジンで当サイトにいらっしゃった方は、このボタンをクリックしてトップページへ移動してください。上部にメニューが表示されます。