Filmography
ジャッジ・ドレッド “Judge Dredd” (95年)
監督 ダニー・キャノン ジャッジ・ドレッド
Clickすると
拡大画像
原作 マイケル・デ・ルカ、ウィリアム・フィッシャー・ジュニア
脚本 ウィリアム・フィッシャー・ジュニア、スティーヴン・E・デ・ソウザ
出演 シルヴェスター・スタローン、ダイアン・レイン、アーマンド・アサンテ、ロブ・シュナイダー、ジョアン・チェン、マックス・フォン・シドー、ユルゲン・プロフノフ、バルサザール・ゲティ
上映時間 96分
製作国 アメリカ
ジャンル アクション、クライム、アドベンチャー、SF、スリラー
●SFユニヴァース・マガジン賞
受賞: 監督賞 ダニー・キャノン

●ゴールデン・ラズベリー賞
候補: 主演男優賞 シルヴェスター・スタローン


ストーリー
 核戦争後の近未来。メガシティと呼ばれる3つの人口過密都市は、過度な人口過剰により社会秩序が崩壊し、荒廃しきっていた。それを世界を守るのが、特殊訓練を受けた、「ジャッジ」と呼ばれるエリートによる治安維持部隊だった。彼らは、罪を犯した者を逮捕、その場で判決を下し、刑罰を与える権限を与えられていた。中でも市民に恐れられていたのはジャッジ・ドレッド(スタローン)だ。だが、彼は昔処罰したリコ(アサンテ)という名の犯罪者の罠にはめられ、殺人事件の容疑者とされてしまう。ドレッドを心配するジャッジ・ハーシー(レイン)は彼を懸命に弁護するが…。


スタローンの言葉
レインについて
 ダイアンはとてもドラマティックな役作りをしてくれた。民主主義が崩壊したらファシズムになるということを語っているこの作品で、彼女は重みのあるストーリーにふさわしい演技をしてくれた。(スクリーン95年9月号より)


コメント
 『愛にふるえて』『落陽』と並ぶ失敗作として呼んでいいかもしれないSFスリラー。もとはイギリスのコミックが原作というが、なるほど出来上がった映画も漫画の世界。まったくリアリティがなく、まるで子どもの頃熱心に観ていた戦隊シリーズ(「ゴレンジャー」「ダイナマン」とか)を思い出させる。ただ、観所がないかと言えばそうではなく、なんと言っても超豪華俳優陣の出演が嬉しい。なぜこの作品にこれだけのメンバー集まったのか。アーマンド・アサンテ、マックス・フォン・シドー、ユルゲン・プロフノフら実力派を眺めている分には飽きないか(なぜスタローンは演技派ばかりと共演するのだろう。謎だ)。レインはジャッジ・スーツに身を包んで颯爽と登場するも、演技的な観所はない。裁判シーンぐらいか。この作品ではジョアン・チェンとのバトル・シーンもあり、レインの頭突きが観られる。これは貴重かもしれない…。


オススメ度(5段階評価)
作品=★  レイン鑑賞度=★★


DVD
メーカー 発売元 東芝デジタルフロンティア 販売元 パイオニアLDC
特典 【映像特典】オリジナル劇場予告編


ユーザーコメント
あなたの感想を送ってください


検索エンジンで当サイトにいらっしゃった方は、このボタンをクリックしてトップページへ移動してください。上部にメニューが表示されます。