Filmography
マッド・ドッグス “Mad Dog Time” (96年)
監督 ラリー・ビショップ マッド・ドッグス
脚本 ラリー・ビショップ
出演 リチャード・ドレイファス、ジェフ・ゴールドブラム、ガブリエル・バーン、エレン・バーキン、ダイアン・レイン、カイル・マクラクラン、グレゴリー・ハインズ、バート・レイノルズ、ラリー・ビショップ、ポール・アンカ、ヘンリー・シルヴァ、リチャード・プライアー、マイケル・J・ポラード、ビリー・ドラゴ、クリストファー・ジョーンズ、アンジー・エヴァーハート、ビリー・アイドル、ジョーイ・ビショップ
上映時間 93分
製作国 アメリカ
ジャンル コメディ、クライム、ドラマ


ストーリー
 暗黒街はいつになくざわついていた。精神病院に入院していたマフィアのボス、ヴィック(ドレイファス)が退院することになったのだ。ヴィックはかつて“マッド・ドッグ”(狂犬)と呼ばれていたほどの大物。彼は入院中に自分のシマが荒れ放題になっていたことに激怒する。ヴィックの入院中に彼の愛人グレース(レイン)と関係を持っていたミッキー(ゴールドブラム)は彼に始末される前に、なんとか出し抜く計画を立てる。グレースの姉のリタ(バーキン)、有力ギャングのベン(バーン)らを巻き込み、事態は複雑になっていく…。


コメント
 ラリー・ビショップが、父ジョーイが一員だったラット・パックの「オーシャンと11人の仲間」「7人の愚連隊」を意識して作った作品だと言われている。ラット・パックとはフランク・シナトラを中心にディーン・マーティン、サミー・デイヴィス・ジュニアらが所属した集団を言う。ビショップは子どもの頃からラット・パックの仕事現場を見て育ったそうで、その世界を再現することにこだわったようだ。そうして出来上がった映画は…見事に楽屋オチ的な作品になってしまった。ラット・パックに何の思い入れもない者にとってはいまいち魅力がわかりにくいと思われる。ただし、そこに集まったスターたちは恐ろしく豪華。それも実力派ばかりというのが嬉しい。レインはドレイファスの愛人役で妖艶な魅力を振り撒いている。実はたった3シーンしか出ていないのだが(登場は話が半分以上進んでから)、マーメイドラインくっきりのドレスで観る者をも惑わせる。しかし、この作品でいちばん美味しかったのは、ジェフ・ゴールドブラムである。ハエ男ゴールドブラムのダンディな身のこなしは必見だ。


オススメ度(5段階評価)
作品=★★  レイン鑑賞度=★★★★


ユーザーコメント
あなたの感想を送ってください


検索エンジンで当サイトにいらっしゃった方は、このボタンをクリックしてトップページへ移動してください。上部にメニューが表示されます。