Filmography
グラスハウス “The Glass House” (01年)
監督 ダニエル・サックハイム グラスハウス
Clickすると
拡大画像
脚本 ウェズリー・ストリック
出演 リリー・ソビエスキー、ダイアン・レイン、ステラン・スカルスガルド、トレヴァー・モーガン、ブルース・ダーン、キャシー・ベイカー、クリス・ノス、リタ・ウィルソン、マイケル・オキーフ
上映時間 106分
製作国 アメリカ
ジャンル アクション、スリラー、ミステリー
●ヤング・アーティスト賞
候補: 主演男優賞 トレヴァー・モーガン

●ワールド・スタント賞
候補: ドライヴィング賞 ティム・A・デイヴィソン、ノーマル・ハウエル
ハーデスト・ヒット賞 ランディ・ホール


ストーリー
 その夜、友人たちと遅くまで遊んでから帰宅したルビー(ソビエスキー)は、両親が交通事故死したことを知らされる。ルビーと弟のレット(モーガン)は両親の友人であるグラス夫妻の豪邸で世話になることになった。テリー(スカルスガルド)とエリン(レイン)は両親の死の哀しみから立ち直れないふたりを優しく気遣う。しかし、ルビーは次第に夫妻の優しさに違和感を抱くようになる。広い家なのに部屋はレットと同室、電話は盗聴されているようだ。不信感が募ったルビーは弁護士(ダーン)に相談しに行くが、あまり効果はない。果たしてこれは少女特有の妄想でしかないのか、それとも…。


コメント
 スリラー…と思って観てはいけない。これは紛れもなくコメディである。なんと言ってもヒロインを演じるリリー・ソビエスキーが強烈なのだ。「ディープインパクト」のあの女の子が、まさかこんなにもたくましく成長するなんて。どんなにいたぶられても決して同情心が沸かないのである。女ターミネーターの座を狙っているとしか思えない。もちろん彼女のファンにはたまらないのだろうが…。というわけで、コメディとしてはかなり高得点の作品と言えよう。さて、レインはドラッグ中毒のエリート女医を演じている。観所はズバリ、ドラッグを打ってラリラリ状態にあるときの演技だ。焦点の定まらない視線、おぼつかない足取り、死んだような目。レインは悪役を楽しそうに演じている。…が、どうしてこの役を引き受けたのか、さっぱりわからない。中毒者の演技をやってみたかったのだろうか。それにしては出番は少ないし、退場シーンもあっさりとし過ぎている。この仕上がりだと脚本の出来が良かったとも思えない。夫を演じるステラン・スカルスガルドとともに才能の無駄遣いとしか思えないのが辛い。


オススメ度(5段階評価)
作品=★★  レイン鑑賞度=★★


DVD
メーカー 発売元・販売元 ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント
特典 ピクチャー・ディスク
【映像特典】スタッフ&キャスト インタビュー、未公開シーン、フィルモグラフィー、
       オリジナル劇場予告編、監督・脚本家による音声解説


ユーザーコメント
あなたの感想を送ってください


検索エンジンで当サイトにいらっしゃった方は、このボタンをクリックしてトップページへ移動してください。上部にメニューが表示されます。