Filmography
陽だまりのグラウンド “Hardball” (01年)
監督 ブライアン・ロビンス 陽だまりのグラウンド
Clickすると
拡大画像
原作 ダニエル・コイル
脚本 ジョン・ゲイティンス
出演 キアヌ・リーヴス、ダイアン・レイン、ジョン・ホークス、マイク・マッグローン、D・B・スウィニー、ドウェイン・ウォレン、ジュリアン・グリフィス、A・デロン・デリス・ジュニア、ブライアン・ハーン
上映時間 106分
製作国 アメリカ
ジャンル ドラマ
●ゴールデン・ラズベリー賞
候補: 主演男優賞 キアヌ・リーヴス


ストーリー
 借金をどうすることもできないダフ屋のコナー(リーヴス)は、ある日エリートの友人ジミー(マッグローン)に泣きつく。するとジミーは黒人少年野球チーム、キカンバスのコーチをするなら毎週500ドルの小切手をくれるという。渋々それを引き受けたコナーと子どもたちの仲は最初はギクシャクしたものだったが、次第に打ち解けていく。試合も勝つことが多くなった。コナーと女性教師エリザベス(レイン)との恋愛も静かに進んでいく。コナーの失言からチームの結束にヒビが入りそうになったこともあったが、それも何とか乗り越えた。しかし、彼らには予想もつかない本当の悲劇が待ち受けていた…。


コメント
 決して悪い作品じゃないと思う。泣かせを狙ったわけじゃないと思う。ただ、すべての描写がストレートすぎて観ている方が、恥ずかしくなってしまう作品。野球と少年とダメコーチ。これはそのまんま「がんばれベアーズ」である。あるいは「飛べないアヒル」の野球版である。そこにノレたなれば、きっと心地良い時間を過ごせるだろう。また、終盤にある「事件」が起こるのだが、これを受け入れられるかどうかで作品の好き嫌いが決まりそうだ。レインは少年たちの教師の役で、キアヌ・リーヴスと恋に落ちる。実は彼女の役はあってもなくてもいいもので、もうちょっと突っ込んだ描写がないと困る。ただレインとリーヴスのコンビネーションは案外悪くない。ふたりが並ぶとどうしてもレインが年上に見えるのだが、これがしっかり者の女性とヌケてる男という映画の王道構図にぴたりとハマッているのである。レインの肩の力を抜いた演技も心地いい。ちなみにこの作品は、アメリカの同時多発テロが発生した週末に封切られ、全米第1位を獲得(2位は同じに公開された『グラスハウス』だった)。多くのアメリカ人の心を癒したという。


オススメ度(5段階評価)
作品=★★★  レイン鑑賞度=★★★


DVD
メーカー 発売元 ギャガ・コミュニケーションズ/松竹 販売元 松竹株式会社ビデオ事業室
特典 ピクチャーディスク
【映像特典】メイキング、未公開シーン、Interstitials、オリジナル劇場予告編、特報、
       予告編、ミュージック・クリップ、監督・脚本家コメント


ユーザーコメント
あなたの感想を送ってください


検索エンジンで当サイトにいらっしゃった方は、このボタンをクリックしてトップページへ移動してください。上部にメニューが表示されます。