Filmography
運命の女 “Unfaithful” (02年)
監督 エイドリアン・ライン 運命の女
Clickすると
拡大画像
原作 クロード・シャブロル
脚本 アルヴィン・サージェント、ウィリアム・ブロイレス・ジュニア
出演 ダイアン・レイン、リチャード・ギア、オリヴィエ・マルティネス、エリック・ペア・サリヴァン、チャド・ロウ
上映時間 124分
製作国 アメリカ
ジャンル ドラマ、ロマンス、スリラー
●アカデミー賞
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●アメリカ映画俳優組合賞
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●ゴールデン・グローブ賞
候補: 主演女優賞<ドラマ部門> ダイアン・レイン

●ゴールデン・サテライト賞
受賞: 主演女優賞<ドラマ部門> ダイアン・レイン

●ブロードキャスト映画批評家協会賞
次点: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●全米映画批評家協会賞
受賞: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●ニューヨーク映画批評家協会賞
受賞: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●サンフランシスコ映画批評家協会賞
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●シカゴ映画批評家協会賞
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●フェニックス映画批評家協会賞
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●ヴァンクーヴァー映画批評家協会賞
次点: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●オンライン映画批評家協会賞
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●ニューヨーク・オンライン映画批評家協会賞
次点: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●オンライン映画&テレヴィジョン協会賞
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●国際オンライン映画批評家協会賞
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●シネマラティ映画批評家協会賞
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●プロモンタリー映画批評家協会賞
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●スカンダー・ハリム・メモリアル映画サーヴェイ
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●ハリウッド映画祭
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●インターネット・ムービー賞(上半期)
候補: 主演女優賞 ダイアン・レイン
ブレイクスルー演技賞 ダイアン・レイン

●AOLムーヴィーゴア賞
候補: ホッテストキス賞 ダイアン・レイン&オリヴィエ・マルティネス

●The Hollywood Reporter誌
受賞: 主演女優賞 ダイアン・レイン

●People誌
受賞: パフォーマンス・オブ・2002 ダイアン・レイン

●アメリカ衣装デザイナー組合賞
候補: 衣装デザイン賞<コンテンポラリー部門> エレン・ミロジニック

●ゴールデン・リール賞
候補: 音響効果賞(音楽) ジョニー・カルーソ、ジョー・リサンティ、クリストファー・ケネディ、ステファン・R・ゴールドマン


ストーリー
 ニューヨーク郊外で優雅な生活を送るコニー(レイン)とエドワード(ギア)。9歳になる息子チャーリーにも恵まれ、その幸せな生活は永遠に続くかに思われた。ある強風が吹き荒れる日、マンハッタンに出かけたコニーは偶然ブックディーラーのポール(マルティネス)と出会う。転んで怪我をしたコニーの手当てをしてくれた年下の男、ポールに惹かれるコニー。3度目に会ったとき、もはやコニーは理性を抑えることができなかった。罪悪感に苛まれながらも、ポールとの情事に溺れるコニー。エドワードはコニーの変化に気づき探偵を雇う。そうして突きつけられた写真には、年下の男と楽しそうにデートをする残酷なまでに美しいコニーが映っていた。エドワードはポールの住むアパートに向かうが、そこで3人の運命を狂わせる衝撃的な事件が起こる…。


レインの言葉
 この映画に描かれている問題は、誰にでも理解できることだと思う。多かれ少なかれ、私たちは、不満足の火種を抱えているから。問題は、その火種に火がついたらどうなるかということ。物語の最初で、コニーは自分の結婚に何の疑問も抱いていなかった。彼女の世界はすべて、誰と結婚したかによって決まっていて、エドワードとの関係も、ある種当然のこととして捉えていた。ところが突然、そうした日常的な枠の中に収まらない出来事が起きて、彼女は変わっていく。と言っても、そんな自分を別の視点から見ることができない限り、人はなかなか変化を認識できないもの。それが、コニーの心を不安定にしている。(劇場用パンフレットより)

 裸になることにあまり躊躇はなかった。自分に何が求められているかを最初から教えられていたので、ヌードのシーンにも落ち着いた気持ちで対処できたと思う。裸の場面は、カメラにすべてをさらけ出すこと。私にとっては、これらのシーンで、コニーの精神的な脆さと、性的な関係の中で感じる辛さを演じることが、大きな挑戦になった。そこが、女優としていちばん求められていたポイントだったから。エイドリアンのユーモアのセンスは、大いに役に立った。彼は自分が求めるものを俳優から引き出す技術に、とても長けている。それからオリヴィエが非常に才能のある俳優で、セックスシーンでもいつも心を砕いてくれたのが、大きな助けになった。(劇場用パンフレットより)

 「オーバー・ザ・ムーン」でも私の役は不倫をしでかしたけれど、今回の役はそれとは全く違って、何の不満もない妻が突然夫ではない男と結ばれてしまう。そして謝りもせず、弁解もせず、正当性を言ったりもしないという新鮮なアプローチを見せているのが、とても良いと思った。不倫が起こるのは、夫婦間のコミュニケーションがおざなりになったときが多いと思うけれど、もし私が強い意志と勇気を持っていたら、こう言ってみたい。「今日私は理想の恋人に巡り会えた。ぜひ彼と交際してみたい。それがあなたの意にそわなければどうぞ私と別れて下さい。そのくらい私はこの運命の出会いに挑戦してみたいから」と。そういう状況は、強くて素晴らしい生き方を見せていると思わない?(SCREEN 03年2月号より)

 ここまでの役に当たることは、女優にとって一生に一度しかないことかもしれない。その分、この後は一生、楽な役ばかりでいいと思うくらい、これは大変な役だった。すべてが不快なシーンばかりだったから。セックスシーンは言うまでもないけれど、感情的な場面、泣く場面も多くて、毎日がチャレンジだった。(電車の中で情事を思い出し、その複雑な心境を表情だけで表現したシーンは)どちらかというとそんなに難しくなかった。なぜかというと、あれは(たくさんのセックスシーンを演じさせられた後)女優としての私が感じていた気持ちそのままだったから。長いシーンだけど、すべてワンテイク。脚本では「彼女は電車の中にいて、そのうちトイレに入る」としか書かれていなかった。それで、カメラが回っている中、私はああやって演技を続けたのだけれど、監督は後で編集して、どこか使えるところだけ使うんだろうと思っていた。(キネマ旬報 03年1月上旬号より)

 1000ポンド持ち上げられるのに、5ポンドのウエイトしかもらえなかったら、実力はわかってもらえない。ウエイトを足してもらえるのは嬉しい。(PREMIERE 02年8月号より)

ラインについて
 監督と脚本の相性が抜群だと思った。エイドリアンは、人間の急所をつくのがうまい。自分でも意外なことをやってしまって、自己嫌悪に陥ってしまう人間の弱さを描くのが。(PREMIERE 02年8月号より)

ギアについて
 リチャードが撮影に入る前に、私は一人のシーンとオリヴィエとのシーンはほとんど撮り終えていた。監督はとても良い映画を作る方だけに、俳優に対して激しく要求してくる。持っている能力以上のものを引き出してくれるのだけど、それが辛いときもあって、リチャードが現れたときは本当に信頼している夫が助けに来てくれた感じで、長いこと抱き合ってしまった。仏教の信者ということと、もともと知的なバックグラウンドがあるリチャードは、独特の静けさをたたえていて、それが私の苛立ちとか焦りをなだめてくれた。彼が共演してくれなかったら、私のコンディションが乱れて、役作りに影響が出たかもしれない。(SCREEN 03年2月号より)


ラインの言葉
レインについて
 あの映画(「オーバー・ザ・ムーン」)で、彼女一人が目に飛び込んできたんだ。しかも、超がつくほど頭脳明晰で分析力も鋭いのに、あんな本能的な演技もできるのだから驚異的だ。映画で本当に頬を染める人なんて、見るのはいつ以来だろうって思った。(PREMIERE 02年8月号より)

 子どももいて、幸せな結婚をしていると周囲から見られている女性が不倫する役を演じるのだから、コニー役の女優も、よほど観客から共感を得られる女優でなければならない。考えてみれば、美しい女優のほとんどがタフな要素を持っている。セックスアピールとタフさは、いつも一緒になっているかのようだ。ところがダイアンはセクシーでありながら、とても感じがいい。これは、稀な資質だ。ある種の聡明さなのだと思うけれど。演じるのが彼女だと、たとえヒロインが間違いを犯しても、彼女は正しいことをしようとしたが失敗してしまったと、我々は納得できる。それが大切なことなのだ。(劇場用パンフレットより)


ギアの言葉
レインについて
 エイドリアンと一緒にシカゴまでダイアンに会いに行った。久しぶりに会った彼女は美しくて、同時に、普通の人らしさも兼ね備えていた。彼女こそ適役だとすぐに思った。彼女とは「コットンクラブ」以来だけど、その間に僕も彼女も、それぞれ結婚し、離婚し、子どもを持った。プライヴェートでそんな経験をした今だから、僕も彼女も、こんな役が演じられる、そう感じた。(キネマ旬報 03年1月上旬号より)

 撮影が始まる前にダイアンは僕に、「今の私は「コットンクラブ」に出ていたときのあなたと、ほとんど同じ年なの。お互いに同じ業界で無事に生きてきて本当に良かった」としみじみと語っていたのが印象に残っている。相変わらず目が覚めるように美しい上に、ヨーロッパの女性のような冷めたエレガンスを漂わせているが、いざ話をすると男同士といるような親近感を与えてくれる。セットでは長年連れ添った本物の夫婦のような安心感をお互いに感じていたのも、役作りに効果を発揮したと思っている。(SCREEN 03年2月号より)


コメント
 製作前には「コットンクラブ」コンビが18年ぶり共演するということが話題になったが、公開されるやレインのパワフルな演技に全米中が騒然となった問題作。不倫という古典的な題材を扱うのは、このジャンルにこの人ありのエイドリアン・ライン。レインは内容と監督の相性に惹かれるものがあったと発言しているが、なるほど古めかしい題材と現代的な感覚を持つラインのミスマッチが、なかなか面白い空間を作り出している。時に文学的な香りすら漂うのである。レインは文字通り輝いている。どのシーンでも「女」を感じさせるのが、素敵だ。罪悪感を感じながら若い男とのセックスに溺れるときも、夫に嘘を吐くときも、他の女と遊ぶ恋人に嫉妬するときも、いつだってレインは「女」の香りプンプンだ。特に注目を集めたのが、ついに一線を越えたレインが、帰りの電車でそのことを思い出して濡れるシーン。不安と期待。苦しみと喜び。レインは相反する感情を同時に宿す演技が巧いが、このシーンでそれを極めた感あり。今回のラインが面白いのは、男女の関係がひとつの結末を迎えたところから、さらにもう一歩踏み込んだところまで描写している点 だ。不倫がバレるバレない、情事の中にあるサスペンスはもちろんだが、それ以上に不倫の果てに残されたものを凝視する眼差しがスリリングなのである。リチャード・ギアはついにいい男路線を捨て去り、寝取られた男の情けなさをリアルに表現して新境地。ジゴロ役のオリヴィエ・マルティネスもフランス語訛りの英語で艶っぽい。レインの輝きを受け止めたふたりの好演は、もっと評価されていいだろう。題材が題材なだけあり、全米では賛否両論真っ二つに割れたというが、なるほどそれも納得。おそらく自分がどうやって生きているか、それによって感じるところが違ってくる作品だと思う。


オススメ度(5段階評価)
作品=★★★★★  レイン鑑賞度=★★★★★


DVD
メーカー 発売元・販売元 フォックスホームエンターテイメント
特典 アウターケース(初回限定)
【映像特典】音声解説(エイドリアン・ライン監督)
        シーン解説(ダイアン・レイン、オリヴィエ・マルティネス)
        もうひとつのエンディング(エイドリアン・ライン監督による解説付、選択可能)
        未公開シーン集(エイドリアン・ライン監督による解説付、選択可能)
        メイキング、出演者の横顔、チャーリー・ローズによるインタビュー、
        ギャラリー、オリジナル劇場予告編、
        エイドリアン・ライン監督のメモが書かれた台本の一部、隠しコマンド


ユーザーコメント
あなたの感想を送ってください


検索エンジンで当サイトにいらっしゃった方は、このボタンをクリックしてトップページへ移動してください。上部にメニューが表示されます。