Column コラム


 アカデミー賞に関する管理人の雑文です。
last update: December 10, 2017




■第75回ゴールデン・グローブ賞 ノミネーション予想 (2017.12.10)
 全く、本当に、これ以上ないほどにつまらないことになりました。映画界の彼方此方から聞こえてくるセクハラ騒動のことです。ハーヴェイ・ワインスタインが糾弾されたのは…遂にこのときが来たか、とさほど衝撃的には思いませんでした(それまでにも悪評は散々噂レヴェルで流れていましたし、あの賞獲りに命を賭けるようなやり口を見ると、やっぱりかという思い)。ですがその後、あの監督もこの俳優も、何とも生々しい証言と共に次々糾弾されていくのにはゲンナリします。あぁ、まさかここまでとは…。

 とりわけショックなのは、おそらく皆さんもそうだと思いますが、ケヴィン・スペイシーでしょう。最初の報道が出たときは、悪意はなく、趣味が悪いと流せる程度のことを大袈裟に喚いているだけなのではないか、などと楽観視していましたが(所謂日本でも大流行のハラスメントハラスメントというヤツ)、それからも糾弾者は後を絶たず、実に悪質なセクハラが日常的に繰り広げられていたことが明らかになり、俳優スペイシーを好んでいる者には実に哀しい現実を認めざるを得なくなりました。これから「ユージュアル・サスペクツ」(95年)や「アメリカン・ビューティー」(99年)をどう観れば良いのでしょう。

 個人的に、権力を振りかざして他人を抑え込む人間を心の底から軽蔑しています。だから思うのです。この際、膿は今回一斉に捻り出して欲しい(この言い回しは角界を始め世間一般で使われ過ぎてゲンナリしますが…)。その結果、新たにショックな現実が待っているかもしれない。けれど、それにより苦しむ人が今後も出続けるよりはよっぽど良い。

 今回スペイシー級にショックだったのは、クエンティン・タランティーノがワインスタインのセクハラを知っていて見て見ぬふりをしていたという報道でした。おそらくタランティーノ以外にも知っていた人は大勢いるでしょう。この事実はセクハラをする本人と同等とは言わないまでも、かなり罪深いこと。被害者たちが揃ってだんまりを決め込まざる得ないくらいにハリウッドでは権力が物を言うということなのでしょう。一般社会でも横行していると思われるセクハラの象徴として、ハリウッドが注目されることが残念でなりません。

 当然賞レースにも影響は出てくるはず。そして各授賞式でも触れずにはいられないのではないでしょうか。もちろんいつも明るく進行するゴールデン・グローブ賞だって…。いや、触れるのは構わない。ただ、それを引きずった進行にはして欲しくないですし、受賞者がそれを前面に出したスピーチを続けるのもやめて欲しいと思うのです。もしゴールデン・グローブがそんなじめじめした内容になってしまったら…もしかしたらその後に続く授賞式も同じ雰囲気に!?あぁ、本当にそれだけは勘弁して…。

 さて、そんなこんなで今年も全く深く考えず、主要9部門のノミネート予想をしてみました。


◆作品賞<ドラマ部門>
君の名前で僕を呼んで
ダンケルク Lock
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
シェイプ・オブ・ウォーター
スリー・ビルボード

if six...
フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
ファントム・スレッド
◆作品賞<コメディ/ミュージカル部門>
Battle of the Sexes
ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ
ゲット・アウト Lock
アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
レディ・バード Lock

if six...
美女と野獣
The Disaster Artist
グレイテスト・ショーマン
◆監督賞
ギレルモ・デル・トロ(シェイプ・オブ・ウォーター)
グレタ・ガーウィグ(レディ・バード)
ルカ・グァダニーノ(君の名前で僕を呼んで)
クリストファー・ノーラン(ダンケルク)
スティーヴン・スピルバーグ(ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書)

if six...
マーティン・マクドノー(スリー・ビルボード)
ジョーダン・ピール(ゲット・アウト)
ジョー・ライト(ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男)
◆主演男優賞<ドラマ部門>
ティモシー・シャラメ(君の名前で僕を呼んで)
ダニエル・デイ=ルイス(ファントム・スレッド)
ジェイク・ギレンホール(Stronger)
トム・ハンクス(ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書)
ゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男) Lock

if six...
アンドリュー・ガーフィールド(Breathe)
ロバート・パティンソン(グッド・タイム)
デンゼル・ワシントン(Roman J. Israel, Esq)
◆主演男優賞<コメディ/ミュージカル部門>
スティーヴ・カレル(Battle of the Sexes)
ジェームズ・フランコ(The Disaster Artist) Lock
ヒュー・ジャックマン(グレイテスト・ショーマン)
ダニエル・カルーヤ(ゲット・アウト)
クメイル・ナンジアニ(ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ)

if six...
マット・デイモン(ダウンサイズ)
アンセル・エルゴート(ベイビー・ドライバー)
アダム・サンドラー(マイヤーウィッツ家の人々(改訂版))
◆主演女優賞<ドラマ部門>
ジェシカ・チャステイン(モリーズ・ゲーム)
サリー・ホーキンス(シェイプ・オブ・ウォーター)
フランシス・マクドーマンド(スリー・ビルボード) Lock
メリル・ストリープ(ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書) Lock
ケイト・ウィンスレット(Wonder Wheel)

if six...
アネット・ベニング(Film Stars Don't Die in Liverpool)
ガル・ギャドット(ワンダーウーマン)
ジェニファー・ローレンス(マザー!)
◆主演女優賞<コメディ/ミュージカル部門>
ジュディ・デンチ(Victoria and Abdul)
マーゴット・ロビー(アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル) Lock
シアーシャ・ローナン(レディ・バード) Lock
エマ・ストーン(Battle of the Sexes) Lock
エマ・ワトソン(美女と野獣)

if six...
ゾーイ・カザン(ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ)
ダイアン・レイン(ボンジュール、アン)
ミシェル・ウィリアムス(グレイテスト・ショーマン)
◆助演男優賞
ウィレム・デフォー(フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法)
アーミー・ハマー(君の名前で僕を呼んで)
サム・ロックウェル(スリー・ビルボード) Lock
マーク・ライランス(ダンケルク)
マイケル・スタルバーグ(君の名前で僕を呼んで)

if six...
ハリソン・フォード(ブレードランナー 2049)
ベン・メンデルソーン(ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男)
マイケル・シャノン(シェイプ・オブ・ウォーター)
◆助演女優賞
ティファニー・ハディッシュ(Girls Trip)
アリソン・ジャニー(I,Tonya) Lock
ローリー・メトカーフ(レディ・バード) Lock
ホリー・ハンター(ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ)
オクタヴィア・スペンサー(シェイプ・オブ・ウォーター)

if six...
メアリー・J・ブライジ(マッドバウンド 哀しき友情)
ホン・チャウ(ダウンサイズ)
メリッサ・レオ(Novitiate)


 セクハラ騒動の影響…というわけではないでしょうが、今年は女性が主人公の映画が元気です。作品賞と主演女優賞でWで候補を狙えそうな作品が多いのです。ひょっとすると今年の賞レースのキーワードは「女性」になるのかもしれません。

 さて、ゴールデン・グローブ賞予想の醍醐味は、オスカーは無理でもこちらではイケそう…という候補者を当てるところにあるでしょう。今年なら『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』のクメイル・ナンジアニ、『ゲット・アウト』のダニエル・カルーヤ、『グレイテスト・ショーマン』のヒュー・ジャックマン、『美女と野獣』のエマ・ワトソン、『Girls Trip』のティファニー・ハディッシュといったあたり(ハディッシュはオスカーの可能性もあるかな?)。予想はしませんでしたが、ゴールデン・グローブ賞を主宰する外国人記者協会受けが抜群であることを考えると、『ダウンサイズ』のマット・デイモンや『マザー!』のジェニファー・ローレンスが浮上することも考えられます。

 個人的にはアッと驚く候補者がいて欲しい。昨年で言うなら、『ウォー・ドッグス』のジョナ・ヒルを予想できた人がどれだけいたでしょう。ドラマ部門と違い、コメディ/ミュージカル部門の演技賞は不作気味です。サプライズがあってもおかしくないと思うのですが…。

 皆さんも気楽に、遊び気分で予想してみてはいかがでしょう?




■幸せなエマ・ストーン (2017.11.28)
 前シーズン、エマ・ストーンが主演女優賞を受賞したとき、「あぁ、なんて幸せな女優なのだろう」と思いました。オスカーを手にしたのですから、幸せであることは誰の目からも明らかですが、受賞作が「ラ・ラ・ランド」(16年)だったことが、彼女の幸せを何十倍にも押し上げていると思うのです。「ラ・ラ・ランド」が良くできた映画だから?もちろんそれもあります。でもそれ以上に、「ラ・ラ・ランド」がストーンにとっての正真正銘の代表作であることが大きいと思うのです。

 代表作によりオスカーを獲得する。これは案外難しいことです。タイミングの問題が大きいのでしょうが、その俳優の決定打によりオスカーを逃し、数年後、その俳優の名詞とは言えない作品により受賞に漕ぎ着けるというのはよくあるパターンです。長年オスカー逃し続け、遂に功労票的意味合いの支持を得て受賞するパターンもあります。

 例を挙げましょう。例えばニコール・キッドマンは「めぐりあう時間たち」(02年)で主演女優賞を受賞していますが、キッドマンと聞いてこのタイトルを思い浮かべる人がどれだけいるでしょうか。キッドマンなら「誘う女」(95年)「ムーラン・ルージュ」(01年)「アザーズ」(01年)あたりが上位に食い込むはずで、「めぐりあう時間たち」はもしかしたらトップ10にも入らないかもしれません。別に「めぐりあう時間たち」のキッドマンが優れていないというわけではありません。ただ、キッドマンの代表作として人々の記憶には残っていないということです。

 他にも挙げましょう。シャーリズ・セロンなら「モンスター」(03年)よりも「マッドマックス 地獄のデス・ロード」(15年)で愛されていくことでしょう。サンドラ・ブロックなら「しあわせの隠れ場所」(09年)ではなく「スピード」(94年)や「デンジャラス・ビューティー」(00年)「ゼロ・グラビティ」(13年)が人気のはずです。メリル・ストリープは「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」(11年)で二度目の主演女優賞を手にしましたが、ストリープからこのタイトルを思い浮かべる人は数少ないはずです。

 ジュリア・ロバーツは「エリン・ブロコビッチ」(01年)でオスカー女優になりました。そして「エリン・ブロコビッチ」は確かにロバーツの代表作と言って良いでしょう。でもそれ以上に人々が愛するのは「プリティ・ウーマン」(90年)のロバーツです。ハル・ベリーが「チョコレート」(01年)でアフリカ系(厳密にはハーフ)として初の主演女優賞に輝いた意義はとてつもなく大きなものですが、それでも映画ファンは「X-MEN」(00年)シリーズのストーム役の彼女を愛するでしょう。リース・ウィザースプーンは「ウォーク・ザ・ライン君につづく道」(05年)で頂点に輝きましたが、それも当然の演技でした。けれど、ウィザースプーンと言ったら、世間では「キューティ・ブロンド」(01年)のはずです。ジェニファー・ローレンスは「世界でひとつのプレイブック」(13年)でオスカー女優になりましたし、確かにこれが現時点での彼女のベストパフォーマンスかもしれません。とは言え世間が見たいローレンスは「ハンガー・ゲーム」(12年)シリーズの彼女に違いないのです。

 オスカー候補に挙がるくらいですから、どの俳優たちも優れている演技を見せていることは間違いない。けれど、その演技でオスカーに輝いたとしても、それがそのまま世間で愛されていく補償にはならないということです。このことを考えるとき、いつも思うのはグレース・ケリーとオードリー・ヘップバーンです。ケリーは言わずと知れた往年の大女優。彼女は「喝采」(54年)のシリアス演技でハリウッドのプリンセスになりました。でもケリーが活躍した1950年代から半世紀以上経ち、依然愛され続けるのは「ダイヤルMを廻せ!」(54年)「裏窓」(54年)「泥棒成金」(54年)といったアフルレッド・ヒッチコック映画のケリーです。ヒッチコックはケリーを「雪を被った活火山」に例えたことで有名ですが、その通り、ケリーがケリーのまま輝いたのはヒッチコック映画だということです。逆に同時代に生きたヘップバーンは、誰も目から見ても代表作である「ローマの休日」(53年)でオスカーを手にしています。ヘップバーンを思い出すとき、人々の目に浮かぶのはアン王女の姿でしょう。スペイン広場でジェラートを食べ、真実の口で絶叫するアン王女。ヘップバーンはこの作品でオスカー史に名を刻み、かつ人々にこれからも愛されていくのです。

 その俳優がその俳優本来の魅力で輝く。それは所謂スター映画、スター演技である可能性が高いでしょう。けれどこれは、評価に結びつき難いのが現状です。それゆえ代表作以外でオスカーを手にする俳優が多くなるのです。別に人々はオスカーを受賞したからと、それを理由にそのスターを愛するわけではありませんから、多くの人にとってこれはたいした事実ではない。けれど賞レースウォッチャーの目から見ると、正真正銘の代表作でオスカーを受賞するというのはこの上ない幸運であり、そういう意味で、ストーンは本当に幸せな女優だと思うのです。




■8月までに公開された作品の中でオスカーの可能性があるのは…? (2017.09.08)
 第89回アカデミー賞最大のトピックは…何と言っても作品賞の誤発表に尽きるでしょう。ウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイが読み上げた「ラ・ラ・ランド」(16年)ではなく、「ムーンライト」(16年)こそが真の受賞映画だったという前代未聞の出来事。事前予測も、当日の式の流れも、完全に「ラ・ラ・ランド」で決まりという空気が出来上がっていたので、余計にその衝撃は大きなものでした。

 あれから半年が経ちました。その後、このあってはならない誤発表を多くの人はどう受け止めているでしょうか。おそらく早々と笑い話として捉えているのではないかと思います。「ラ・ラ・ランド」組の心を思うと本当に心苦しいミスでしたが、このミスのおかげで「ラ・ラ・ランド」は束の間の作品賞受賞映画として伝説になった…と言うのは、案外言い過ぎではないでしょう。勝利し、しかしそれを奪われ、けれどだからこそますます人々の心に深く刻まれた映画。それが「ラ・ラ・ランド」です。「ショーシャンクの空に」(94年)や「L.A.コンフィデンシャル」(97年)も作品賞には届きませんでしたが、それでも今や映画ファンの誰もが認める大傑作です。それに「ムーンライト」が「ラ・ラ・ランド」に負けない本当に優れた映画だったことも幸運なことでした。

 誤発表の原因は、投票の集計と管理を担当するプライス・ウォーターハウス・クーパースの担当男女二名の内、男性の方が作品賞発表時、主演女優賞の予備封筒をベイティに渡してしまったことにありました。直前に主演女優賞受賞者エマ・ストーンの写真をSNSに挙げるなど、集中力を欠く行動をしていたこともあり、男性は強く非難されました。

 事務所やアカデミーは事態を重く見て、担当ふたりが今後式に出入りすることはないと発表しています。個人的にこれを少々寂しく思います。もちろんミスは許されるものではありませんが、次回の式で名誉挽回の機会を与えて(もちろん謝罪込みで)、その後去らせる度量の広さを見せても良いのではないかと、つい甘く思ってしまうのです。と言うのも、ミスをした男性は数年前の式でマット・デイモンに似ているとして壇上で揶揄われた人であり、それを利用してジョークにできそうな気がするので…。笑ってアカデミーから送り出す…ダメですか?

 ところで、今年はここまでどんな作品が支持されたのでしょうか。今回は第90回アカデミー賞(主要6部門)が9月上旬に開かれたとしたらどうなるか考えてみました。対象は今年の1月から8月までに公開された作品となります。対象期間が短いので、作品賞は5作品を選びました。もちろん違う意見の方も多いでしょうが、それほど大差ないはずです。おぉ、今年はいつになくヴァラエティに富んでいます。これなら多様性大好きの方々にも気に入ってもらえるのではないでしょうか。



◆作品賞
ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(マイケル・ショウォルター監督)*
デトロイト(キャスリン・ビグロー監督)
ダンケルク(クリストファー・ノーラン監督)*
ゲット・アウト(ジョーダン・ピール監督)*
ワンダーウーマン(パティ・ジェンキンス監督)
◆監督賞
キャスリン・ビグロー(デトロイト)
パティ・ジェンキンス(ワンダーウーマン)
クリストファー・ノーラン(ダンケルク)*
ジョーダン・ピール(ゲット・アウト)
エドガー・ライト(ベイビー・ドライバー)
◆主演男優賞
ブライアン・クランストン(Wakefield)
サム・エリオット(The Hero)
リチャード・ギア(Norman: The Moderate Rise and Tragic Fall of a New York Fixer)
ダニエル・カルーヤ(ゲット・アウト)
ヒュー・ジャックマン(LOGAN ローガン)
◆主演女優賞
ガル・ギャドット(ワンダーウーマン)
アン・ハサウェイ(シンクロナイズドモンスター)
サルマ・ハエック(Beatriz at Dinner)
ニコール・キッドマン(ビガイルド 欲望のめざめ)
デブラ・ウィンガー(The Lovers)
◆助演男優賞
ジョン・ボイエガ(デトロイト)
ジョン・リスゴー(Beatriz at Dinner)
ウィル・ポールター(デトロイト)
マーク・ライランス(ダンケルク)
パトリック・スチュワート(LOGAN ローガン)
◆助演女優賞
キルスティン・ダンスト(ビガイルド 欲望のめざめ)
エル・ファニング(ビガイルド 欲望のめざめ)
ホリー・ハンター(ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ)*
キャサリン・キーナー(ゲット・アウト)
ティルダ・スウィントン(オクジャ okja)



 今年は既に賞レース参戦確実と言われる作品が大ヒット&高評価になっています。その作品とはもちろん、クリストファー・ノーランの『ダンケルク』。戦争映画の節々にノーランならではの映画術が炸裂する傑作との賛辞が飛び交っているのです。ノーランはこれまで決してオスカーに愛されてきたわけではありませんが、今度こそ主役になるかもしれません。また、娯楽映画からは『ワンダーウーマン』の健闘も期待したいところです。女性を主人公にしたヒーロー映画としてワールドワイドな成功を収めた記念碑的作品。果たしてワンダーウーマンは前例を破るオスカーでの成功を収めることができるでしょうか。

 さて、この中から誰が勝ち抜けるでしょうか(* はその可能性が低くないコンテンダーです)。






Top