Column コラム


 アカデミー賞に関する管理人の雑文です。
last update: September 27, 2019




■8月までに公開された作品の中でオスカーの可能性があるのは…? (2019.09.27)
 インターネットの登場以来、社会はハイスピードで変化していますが、映画界も例外ではありません。例えば、ストリーミングサーヴィスの充実により、配信をメインにした公開形態が増えてきています。その中心にいるのが日本では黒船と謳われたNetflixであることは疑いようがありません。

 Netflixはオリジナル映画も製作しています。それらは配信公開が基本で、劇場では上映されません。この姿勢が映画ファンの心を分断してきました。映画は基本劇場で観るものであるという意見と家に居ながらにして映画を楽しむ自由を歓迎する意見が衝突しているのです。

 これまでもDVDスルー、ブルーレイスルー映画は家で観るしかないため、個人的にはさほどNetflixアレルギーというものはなかったのですが、アルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA ローマ』(18年)を観るにあたり、Netflixの姿勢を支持したくない気持ちが大きくなっています。『ROMA ローマ』はアカデミー賞で監督賞、撮影賞、外国語映画賞の3本に輝いた傑作です。日本ではオスカー受賞を受けて期間限定で劇場公開され、それを利用して鑑賞しました。なるほど評判通り、いや評判以上の出来映えで大いに感激したのですが、でもこの感激は家で鑑賞した場合に得られただろうか、なんてつい思ってしまうのです。おそらくキュアロンは配信を念頭に置いた作品作りはしていないはずです。あくまで劇場公開された際に最も魅力的に見えるよう作品を撮ったに違いないのです。でもNetflixは作品が最も輝く場所を映画館とはせず、配信を粛々と進めました。そこに映画愛はあるのか、と考えてしまうのです。

 オスカーの規定を満たすため、実は『ROMA ローマ』、アメリカでも一定期間映画館でもかかりました。ただし、それでも映画館で観ることのできた映画ファンは極僅かでしょう。そしてそれはおそらくオスカー会員も例外ではないのです。会員は映画の優れた部分を本当に享受できたのだろうか。モノクロの画面が捉えるあの人間ドラマはおそらく、映画館でなければ味わうことが不可能なそれだと思うのです。そこで大いなる疑問が沸き上がります。『ROMA ローマ』は3部門受賞の快挙を成し遂げていますが、作品賞は逃しています。理由は色々考えられますが、作品を愛する者としては、劇場で大々的にかけられていたならば結果は違ったかもしれないなんて思うのです。もしかしたら会員の多くは『ROMA ローマ』の全てを感じ取れなかったのではないか、と。

 まあ、これは負け惜しみでもあるのでしょう。そもそも大多数の会員が作品の多くを劇場で観ていないのは、『ROMA ローマ』に限ったことではないのです。会員向けスクリーニングで観るのであれば良い方で、自宅に送られてくる会員向けスクリーナーやそれこそ会員向け配信を使って作品を観る会員の方が多いはずです。作品の評価って何だろう。何だかそんな禅問答のようなところにまで到達してしまいそうです。

 最近は大物映画人を巻き込んでNetflix論争はますます活発です。その中にはNetflixが配信公開する映画は劇場公開映画とは区別するべきだという意見があります。そしてアカデミー賞で考慮資格は与えられるべきではない、代わりにテレビ作品を讃えるエミー賞を目指すべきだというのです。この指摘を度量が狭い、インディーズ映画界の実情を知らないと斬って捨てる感情的意見があまりにも多いのには驚かされます。実際、Netflixが配信する連続シリーズはエミー賞で考慮されています。それならばオリジナル配信映画もエミー賞を目指すべきだという考えは理に適っているように見えます。それなのにNetflixは何故アカデミー賞に拘るのか。

 それはもう、アカデミー賞が腐ってもアカデミー賞だからでしょう。あれこれ言われても、アカデミー賞の頂点が映画界の頂点だと分かっているのです。…論争はまだまだ続きそうです。

 ところで、今年はここまでどんな作品が支持されたのでしょうか。今回は第92回アカデミー賞(主要6部門)が9月上旬に開かれたとしたらどうなるか考えてみました。対象は今年の1月から8月までに公開された作品となります。対象期間が短いので、作品賞は5作品を選びました。もちろん違う意見の方も多いでしょうが、それほど大差ないはずです。



◆作品賞
Booksmart
The Farewell*
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド*
ロケットマン
アス
◆監督賞
アリ・アスター(ミッドサマー)
ジョーダン・ピール(アス)
クエンティン・タランティーノ(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)*
ルル・ワン(The Farewell)*
オリヴィア・ワイルド(Booksmart)
◆主演男優賞
ジェイミー・ベル(Skin)
レオナルド・ディカプリオ(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)*
ウィンストン・デューク(アス)
ジミー・フェイルズ(The Last Black Man in San Francisco)
タロン・エガートン(ロケットマン)*
◆主演女優賞
アウクワフィナ(The Farewell)*
ジリアン・ベル(Brittany Runs a Marathon)
ルピタ・ニョンゴ(アス)
メアリー・ケイ・プレイス(Diane)
ジュリアン・ムーア(Gloria Bell)
◆助演男優賞
ジェイミー・ベル(ロケットマン)
ロバート・ダウニー・ジュニア(アベンジャーズ エンドゲーム)
リチャード・マッデン(ロケットマン)
ジョナサン・メジャース(The Last Black Man in San Francisco)
ブラッド・ピット(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)*
◆助演女優賞
ブライス・ダラス・ハワード(ロケットマン)
ミンディ・カリング(Late Night)
マーゴット・ロビー(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)*
Zhao Shuzhen(The Farewell)*
オクタヴィア・スペンサー(Luce)



上に挙げた映画の内、『The Farewell』と『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は賞レース参戦は間違いないのではないかと思われます。特に注目したいのは、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のブラッド・ピットです。3度のオスカー経験を誇るピットですが、演技派のイメージはほとんどないと言って良いでしょう。これまでの候補は作品選びの成功が物を言った部分が多いと言われても否定できません。そのピットが、タランティーノ映画で光り輝いていると評判です。落ちぶれたスター俳優役のレオナルド・ディカプリオのスタント兼相談役として、これ以上ない魅力を炸裂されていると言われています。助演部門はスター俳優が圧倒的に有利という法則を考えると、ピットはもしかしたら受賞射程圏内にいるのかもしれません。さて、ピットの運命は!?

 さて、この中から誰が勝ち抜けるでしょうか(* はその可能性が低くないコンテンダーです)。






Top