Column コラム


 アカデミー賞に関する管理人の雑文です。
last update: December 08, 2016




■第74回ゴールデン・グローブ賞 ノミネーション予想 (2016.12.08)
 スター至上主義だとか、低評価作品から無理矢理選んでいるだとか、色々言われはしますが、スターたちが一堂に会するゴールデン・グローブ賞授賞式は結局楽しいものです。単純にアカデミー賞では見られないスターが顔を見せるのは嬉しいですし、賞レース好きなら候補者の中から誰がオスカーに向かって勝ち抜けるのか予想するのも醍醐味でしょう。会食形式であることもあり、アカデミー賞よりカジュアルな雰囲気がある分、スターたちもリラックスしているように見えます。

 ただ個人的に、どうしても一点、改善して欲しいことがあります。それは受賞者の発表場面です。オスカーやアメリカ映画俳優組合賞だと候補者が全員紹介された後、小さな枠が五つ並べられ、そこに一人ずつ入った候補者が今どんな表情をしているのかを映し出すのですが、ゴールデン・グローブ賞にはそれがないのです。発表時に映し出されるのはプレゼンターの顔だけなのです。

 受賞発表は式のクライマックスです。そこでどんな表情を見せるのか、素が見えたり、演技が透けたり、喜びに溢れたり、悔しさで凍りついたり…僅か数秒の間にドラマがたっぷり詰まっているのです。それを映し出さないのは、本当に勿体ないと思うのです。また個人的な話になりますが、オスカーだと受賞発表時の候補者たちの表情は、後々録画したものを何度もリピートして確認します。そうするだけの価値のある面白いものだからです。ゴールデン・グローブ賞、何とか受賞発表時のカメラワークを変えてくれないものでしょうか。ずっと思い続けています。

 今回はジミー・ファロンがホストに挑戦します。最近は主演映画から遠ざかっていますが、「2番目のキス」(05年)で見せたようなチャームを弾けさせられるでしょうか。楽しみです。そんなこんなで今年も全く深く考えず、主要9部門のノミネート予想をしてみました。


◆作品賞<ドラマ部門>
フェンス Lock
LION/ライオン 25年目のただいま
マンチェスター・バイ・ザ・シー Lock
ムーンライト
沈黙 -サイレンス-

if six...
メッセージ
ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命
ハドソン川の奇跡
◆作品賞<コメディ/ミュージカル部門>
20センチュリー・ウーマン
エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
マダム・フローレンス! 夢見るふたり
ラ・ラ・ランド Lock
ロブスター

if six...
Rules Don't Apply
Love & Friendship
シング・ストリート 未来へのうた
◆監督賞
デイミアン・チャゼル(ラ・ラ・ランド) Lock
バリー・ジェンキンス(ムーンライト)
ケネス・ロナーガン(マンチェスター・バイ・ザ・シー)
マーティン・スコセッシ(沈黙 -サイレンス-)
デンゼル・ワシントン(フェンス)

if six...
クリント・イーストウッド(ハドソン川の奇跡)
メル・ギブソン(ハクソー・リッジ)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ(メッセージ)
◆主演男優賞<ドラマ部門>
ケイシー・アフレック(マンチェスター・バイ・ザ・シー) Lock
ジョエル・エドガートン(ラビング 愛という名前のふたり)
アンドリュー・ガーフィールド(沈黙 -サイレンス-)
トム・ハンクス(ハドソン川の奇跡)
デンゼル・ワシントン(フェンス) Lock

if six...
アンドリュー・ガーフィールド(ハクソー・リッジ)
マイケル・キートン(ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ)
マーク・ウォルバーグ(パトリオット・デイ)
◆主演男優賞<コメディ/ミュージカル部門>
コリン・ファレル(ロブスター)
ライアン・ゴズリング(ラ・ラ・ランド) Lock
ヒュー・グラント(マダム・フローレンス! 夢見るふたり)
ヴィゴ・モーテンセン(はじまりへの旅)
ライアン・レイノルズ(デッドプール)

if six...
ウォーレン・ベイティ(Rules Don't Apply)
ロバート・デ・ニーロ(The Comedian)
ドン・チードル(MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間)
◆主演女優賞<ドラマ部門>
エイミー・アダムス(メッセージ)
タラジ・P・ヘンソン(Hidden Figures)
イザベル・ユペール(エル ELLE)
ルース・ネッガ(ラビング 愛という名前のふたり)
ナタリー・ポートマン(ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命) Lock

if six...
エミリー・ブラント(ガール・オン・ザ・トレイン)
ジェシカ・チャステイン(Miss Sloane)
マリオン・コティヤール(マリアンヌ)
◆主演女優賞<コメディ/ミュージカル部門>
ケイト・ベッキンセール(Love & Friendship)
アネット・ベニング(20センチュリー・ウーマン) Lock
エマ・ストーン(ラ・ラ・ランド) Lock
ヘイリー・スタインフェルド(スウィート17モンスター)
メリル・ストリープ(マダム・フローレンス! 夢見るふたり) Lock

if six...
サリー・フィールド(ドリスの恋愛妄想適齢期)
スーザン・サランドン(マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まり)
レニー・ゼルウィガー(ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期)
◆助演男優賞
マハーシャラ・アリ(ムーンライト)
ジェフ・ブリッジス(最後の追跡)
ルーカス・ヘッジズ(マンチェスター・バイ・ザ・シー)
デヴ・パテル(LION/ライオン 25年目のただいま)
マイケル・シャノン(ノクターナル・アニマルズ)

if six...
リーアム・ニーソン(沈黙 -サイレンス-)
アーロン・エッカート(ハドソン川の奇跡)
レイフ・ファインズ(胸騒ぎのシチリア)
◆助演女優賞
ヴィオラ・デイヴィス(フェンス) Lock
ナオミ・ハリス(ムーンライト)
フェリシティ・ジョーンズ(怪物はささやく)
ニコール・キッドマン(LION/ライオン 25年目のただいま)
ミシェル・ウィリアムス(マンチェスター・バイ・ザ・シー)

if six...
ジャネール・モネイ(Hidden Figures)
オクタヴィア・スペンサー(Hidden Figures)
グレタ・ガーウィグ(20センチュリー・ウーマン)


 ドラマ部門とコメディ/ミュージカル部門に分かれているので候補者が増える分、予想が自由にできるのが楽しいところ。希望を込めて、C/M部門の作品賞に『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』を押し込んでみました。『シング・ストリート 未来へのうた』でも良いのですが…。ヒュー・グラントを助演男優賞ではなく主演男優賞に置いたのも勝負。主演女優賞に『スウィート17モンスター』のヘイリー・スタインフェルドを入れたのも好み優先です。助演女優賞ではスターが強いということで『怪物はささやく』からフェリシティ・ジョーンズを挙げてみました。何となく評価が伸びなかった『ビリー・リンの永遠の一日』や『Rules Don't Apply』が愛されそうな気がしないでもないですが…。あ、あと『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』のレニー・ゼルウィガーが来る線もありそうな気がするのですが、どうでしょう。忘れられていますが、彼女、外国人記者協会のお気に入りです。

 皆さんも気楽に、遊び気分で予想してみてはいかがでしょう?




■8月までに公開された作品の中でオスカーの可能性があるのは…? (2016.09.12)
 前回のオスカーはそう、ノミネーション発表時から「ホワイトオスカー」という言葉で揶揄され続けました。演技賞候補に挙がった全員が白人だったからです。確かに「ビースト・オブ・ノー・ネイション」(15年)のイドリス・エルバは助演男優賞候補に挙がっておかしくない賞レース展開でした。「コンカッション」(15年)のウィル・スミスも可能性は低かったとは言え、候補入りしても文句は出なかったでしょう。個人的には「ストレイト・アウタ・コンプトン」(15年)が作品賞候補を逃したのが、大いに残念でした。

 ただ、この問題が叫ばれたことで、実り豊かな議論ができたかと言うと疑わしいでしょう。アカデミーは早速黒人会員(&女性会員、ラテン系会員、アジア系会員)を増やすことを発表し、事実先頃新たに協会へ招待された映画人はそれを大いに意識したメンバーになっていました。個人的に黒人会員が増えると何故候補の顔ぶれに多様性が出てくるのか良く分かりません(黒人会員は黒人に投票するということでしょうか)。問題を大声で叫ぶ人々が、ホワイトオスカーとなったその結果について文句を言っても、その問題点がどこにあるのかを突かないのも解せないところでした。大凡意味をなさない授賞式ボイコットを訴える者までいました。トニー賞やエミー賞の候補に黒人がいたことで、ホワイトなのはオスカーだけだと叫ぶ幼稚な声が聞かれたのも頭の痛い出来事でした。

 問題の根底に横たわるのは白人を中心にした映画作りが行われているという現実です。Box Officeを眺めれば分かるように、黒人俳優たちはそもそも活躍の場が限られている。ではなぜ黒人に大役を当てた映画が作られないのか。情けないほど単純化して言えば、儲からないからに他なりません。例えば、黒人で固めた映画が拡大公開に漕ぎ着けたとしても、観に出掛けるのは黒人ばかりです。しかも、内容が伴わなければ黒人も積極的に観に行こうとは思わないでしょう。タイラー・ペリー映画のように大ヒットの可能性が高ければ、同じ系統の作品は作られ続けますが、芸術的に広がりを見せる方向に向かうのは難しいはず。また、スミスやデンゼル・ワシントンが主演なら白人も喜んで映画館に駆けつけるようですが、そこまでのスターパワーを持った黒人スターは多くないのです。では、なぜ黒人の大スターは数が限られているのか。ホワイトオスカーの問題を辿っていくと、映画界だけの問題に留まらないことは明らかです。

 とは言え、オスカー会員がホワイトオスカーと叩かれたことを忘れるわけがありません。今年は前回白人一色だった演技賞で、反動が起こると見られています。作品も黒人主導の映画が強いと予想されています。それを察知した各配給会社は、賞が狙えそうな黒人色強い映画の公開を賞レースシーズンに集中して封切る作戦のようです。

 ところで、今年はここまでどんな作品が支持されたのでしょうか。今回は第89回アカデミー賞(主要6部門)が9月上旬に開かれたとしたらどうなるか考えてみました。対象は今年の1月から8月までに公開された作品となります。対象期間が短いので、作品賞は5作品を選びました。もちろん違う意見の方も多いでしょうが、それほど大差ないはずです。大差はないはずですが、あぁ、演技賞は白人俳優ばかりになってしまいました。ホワイトオスカーだと叩かれるでしょうか。



◆作品賞
カフェ・ソサエティ(ウッディ・アレン監督)
最後の追跡(デヴィッド・マッケンジー監督)
Indignation(ジェームズ・シェイマス監督)
ジャングル・ブック(ジョン・ファヴロー監督)*
ズートピア(バイロン・ハワード、リッチ・ムーア監督)
◆監督賞
ウッディ・アレン(カフェ・ソサエティ)
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン(ヘイル、シーザー!)
ヨルゴス・ランティモス(ロブスター)
デヴィッド・マッケンジー(最後の追跡)
ジェームズ・シェイマス(Indignation)
◆主演男優賞
ジェフ・ブリッジス(最後の追跡)*
イーサン・ホーク(ブルーに生まれついて)
ローガン・ラーマン(Indignation)
ヴィゴ・モーテンセン(はじまりへの旅)
マイケル・シャノン(ミッドナイト・スペシャル)
◆主演女優賞
ケイト・ベッキンセール(Love & Friendship)*
クリシャ・フェアチャイルド(Krisha)
サリー・フィールド(ドリスの恋愛妄想適齢期)
メリル・ストリープ(マダム・フローレンス! 夢見るふたり)*
アニヤ・テイラー=ジョイ(The Witch)
◆助演男優賞
オールデン・エアエンライク(ヘイル、シーザー!)
レイフ・ファインズ(胸騒ぎのシチリア)*
ジョン・グッドマン(10 クローバーフィールド・レーン)
ヒュー・グラント(マダム・フローレンス! 夢見るふたり)*
パトリック・スチュワート(グリーンルーム)
◆助演女優賞
エレン・デジェネレス(ファインディング・ドリー)
キルスティン・ダンスト(ミッドナイト・スペシャル)
サラ・ガドン(Indignation)
ケイト・マッキノン(ゴーストバスターズ)
クロエ・セヴィニー(Love & Friendship)



 この中で最も候補の現実味があるのは『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』のメリル・ストリープでしょうか。ストリープに勢いがつけば、ヒュー・グラントの初候補もあるかもしれません。『Love & Friendship』のケイト・ベッキンセールももしかして…?『ジャングル・ブック』が作品賞候補入りしたら面白いと思うのですが(その資格のある作品です)、現実は厳しいでしょう。『最後の追跡』は高評価ですが、“2016年の「ボーダーライン」”のような匂いを感じます。ジェフ・ブリッジスは助演プッシュになれば、候補に現実味が出てきそうですが、果たして…。

 さて、この中から誰が勝ち抜けるでしょうか(* はその可能性が低くないコンテンダーです)。






Top