OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: July 17, 2018


Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




Oscar Buzz
『アリー スター誕生』ブラッドリー・クーパー監督)のレディー・ガガの前評判がすこぶる良い。ゴールデン・グローブ賞のみならず、オスカーでも候補が狙えるのではないかとの声(7/17)
STXエンターテイメントがロビン・ビセル監督、タラジ・P・ヘンソンサム・ロックウェル出演のドラマ『The Best of Enemies』の配給権を獲得(7/17)
『Ben is Back』ピーター・ヘッジズ監督)のBUZZが上昇中。ジュリア・ロバーツルーカス・ヘッジズは共に演技賞候補射程圏内との噂(7/16)
『Life Itself』ダン・フォーゲルマン監督)はクセモノスターたちが集まった群像劇。胸を揺さぶり、涙腺を崩壊させるドラマが展開されるとの噂(7/16)
『Eighth Grade』ボー・バーナム監督)は21世紀を代表するカミング・オブ・エイジ ストーリー。小品ではあるが、予想以上に賞レースで強いのではないかとの見方あり(7/15)
新作 Box Office 金曜日速報(7/15)

1. モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?! $16,650,000(4267) Great!
2. スカイスクレイパー $9,268,000(3782) Good!

※予測。
 「モンスター・ホテル」シリーズ最新作『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』が初日首位。木曜の先行公開分を含む初日売り上げは1665万ドル。これは一作目(12年)の1,097万ドル、二作目(15年)の1,332万ドルを上回るもので、3日間成績は、まずは4,000万ドル以上が確実、場合によっては5,000万ドルに近付くかもしれない。批評はこれまで同様、賞レースに絡むほどには伸びていないが(CinemaScoreはA-と悪くない)、シリーズ続行はもちろん問題ない。

 いつの間にか強大なるスターパワーを手にしているドウェイン・ジョンソンが主演した『スカイスクレイパー』はやや肩透かしの出足。当初はこちらが首位に立つとの見方が多かった。週末成績は2,500万ドル前後だろう。決して悪い数字ではないものの、1億2,500万ドルの製作費がかけられたジョンソン主演作ということを考慮すると、失望の声が上がってもおかしくない。CinemaScoreはB+。
『The Beach Bum』ハーモニー・コリン監督)のテスト試写がスタート。コリン映画の中でもかなり思慮に富んだ内容と、好反応が返ってきている模様(7/14)
邦題決定。『Hotel Transylvania 3: Summer Vacation』『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』ゲンディ・タルタコフスキー監督、アダム・サンドラーアンディ・サムバーグセレーナ・ゴメススティーヴ・ブシェーミケヴィン・ジェームズ声の出演(7/14)
スティーヴ・マックイーン監督、ヴィオラ・デイヴィスミシェル・ロドリゲスエリザベス・デビッキシンシア・エリヴォ出演のスリラー『Widows』がロンドン映画祭にてオープニングプレミア上映されることが決定(7/13)
『The Miseducation of Cameron Post』デジレー・アカヴァン監督)はクロエ・グレース・モレッツのキャリアベストパフォーマンスが観られる作品。賞レースに絡むには規模が小さいが、一見の価値ありとの声(7/13)
7月第1週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(7/12)
邦題決定。『The Nutcracker and the Four Realms』『くるみ割り人形と秘密の王国』ラッセ・ハルストレム監督、マッケンジー・フォイキーラ・ナイトレイモーガン・フリーマンヘレン・ミレン出演(7/12)
『The Favourite』ヨルゴス・ランティモス監督)はオリヴィア・コールマンエマ・ストーンレイチェル・ワイズという三大女優が大激突。誰がどのカテゴリーに入るか(或いは全員助演プッシュか)、大いに注目されている。とりわけコールマンに対する期待が高い(7/11)
邦題決定。『Sicario: Day of the Soldado』『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』ステファノ・ソッリマ監督、ベニチオ・デル・トロジョシュ・ブローリン出演(7/11)




My Movie Rating July 17, 2018
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
ビューティフル・デイ
★★★★ 虚無なるものが姿形を得たような主人公の佇まいにグッと見入る。がらんどうの心が絶望と哀切を携えて街を彷徨うかのよう。主演男優は当然の好演。
犬ヶ島
★★★★ 近未来の日本にウェス・アンダーソンの美意識が炸裂。とりわけ黒澤明愛が濃い。お馴染みの美しく奇抜な画面設計や家族というテーマも胸に残る。
マクファーランド 栄光への疾走 [DVD]
★★★ ベタを極めたようなスポーツ映画だが、ヒスパニック系が真ん中に置かれることで素直に見られる。コーチのエピソードはもっと大胆にカットしても…。
アメリカン・ソルジャー [DVD]
★★★ 派手なエピソードを拒否して帰還兵が抱える問題を現実感たっぷりに描き出す。役者の演技がそれに貢献。裏社会の絡んだエピソードは物語から浮いている。
ファントム・スレッド
★★★★ ポール・トーマス・アンダーソンの色に染まった様々な官能を堪能。ドレスから、人間の皮膚から、掛け合いから、壊れることを恐れることなく匂い立つ。








OSCAR PLANET

TADA-Counter
since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 8.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2018. Yoshi All Right Reserved.