OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: May 23, 2019


 Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
ニュース
Schedule
new スケジュール
Pre-Oscar Awards
前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




Oscar Buzz
5月第3週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(5/23)
カンヌ国際映画祭にて『Frankie』アイラ・サックス監督)がプレミア上映され、まずまずの評価。ポルトガル、リスボン近郊の街シントラを舞台に、休暇で集まった三世代の家族がわだかまりをぶつけ合う物語。サックスらしいドライなユーモアや魅力的なメランコリックを楽しめる一品。ただし、強烈な拒否反応も出ていて、好き嫌いがはっきり分かれるタイプの作品かもしれない。イザベル・ユペールマリサ・トメイらは好演とのこと(5/23)
カンヌ国際映画祭にて『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』クエンティン・タランティーノ監督)がプレミア上映され、熱狂的に迎えられている。舞台は1969年ハリウッド、映画界で生きる人々(多くは栄光から見放されている)へのタランティーノからのラヴレター。これぞタランティーノと言いたくなる魔法がたっぷり振りかけられながら、タランティーノ映画史上最も優しい映画に仕上がっている模様。役者は落ちぶれたスター役のレオナルド・ディカプリオ、彼のスタントを務めるブラッド・ピットが最高のケミストリーを見せている他、シャロン・テート役のマーゴット・ロビーもミューズとして輝いている。早くもオスカーレース参戦に期待を寄せる声も上がっていて、三大スターはいずれも候補確実との見方も…。Wow!(5/22)
カンヌ国際映画祭にて『A Hidden Life』テレンス・マリック監督)がプレミア上映され、好意的に受け止められている。ナチスの徴兵を拒否したオーストリア人司祭の物語で、精神的世界における戦いをマリックらしい映像美で紡ぎ出していく。主演のアウグスト・ディールの見事なパフォーマンスも素晴らしい。ただ、その一方でいつものマリックの調子が退屈とする意見も少なくはないか(5/22)
『A Beautiful Day in the Neighborhood』マリエル・ヘラー監督)の前評判が高い。フレッド・ロジャースを演じるトム・ハンクスに対する期待値は高く、今度こそ本当に久々のノミネーションを手にするのではないかとの声(5/21)
タイトル変更。『Radegund』『A Hidden Life』テレンス・マリック監督、アウグスト・ディール出演(5/21)
カンヌ国際映画祭にて『The Lighthouse』ロバート・エガース監督)がプレミア上映され、大絶賛の嵐を巻き起こしている。ニューイングランドを舞台にモノクロの映像で描かれるゴシック心理ホラーで、恐怖と美とユーモアが混然一体となった世界観が炸裂。ウィレム・デフォーロバート・パティンソンのパフォーマンスは彼らのキャリアベストのそれとのこと(デフォーが上手いのは当たり前だが、パティンソンの好パフォーマンスに驚きの声が上がっている)。賞受けし難いジャンルだが、もしかするとまさかの参戦、あるかも!?(5/20)
『Little Women』グレタ・ガーウィグ監督)は有名過ぎる原作に縛られない自由な解釈のコスチュームプレイになっている模様。出演女優の中ではやはりシアーシャ・ローナンが輝いているとの噂(5/20)
カンヌ映画祭にて『Pain & Glory』ペドロ・アルモドヴァル監督)が上映され、好意的に受け止められている。3月に本国スペインで封切られた際よりも反応が良いと言って良く、もしかするとアメリカ映画賞レース参戦があるかもしれない(ただし、現時点で現実味があるのは脚本賞ぐらいか)(5/19)
新作 Box Office 金曜日速報(5/19)

1. ジョン・ウィック パラベラム $22,670,000(3850) Great!
4. 僕のワンダフル・ジャーニー $2,520,000(3267) zzz...
7. The Sun is Also a Star $1,040,000(2073) zzz...

※予測。
 『アベンジャーズ エンドゲーム』をウィークエンドチャート首位の座から引きずり下ろすのはキアヌ・リーヴスだった。人気シリーズ最新作『ジョン・ウィック パラベラム』がシリーズ最高の初日成績で堂々デビュー(木曜の先行公開分が含まれているが、前作の倍以上になる)。週末成績は5,000万ドル超えが確実。もしかすると5,500万ドル付近まで伸びるかもしれない。シリーズを重ねる毎に興収がアップする続編物の理想形と言うべきBoxOffice成績と言える。なお、本作は批評も抜群に素晴らしく、今回も絶賛の嵐を巻き起こしている。CinemaScoreもA-と上々。今回が完結編と言われているが、どういう形にせよ、もし仮に続行になったとしても全く不思議ではない。リーヴスはこのシリーズによりスターパワーをキープしている。

 同じ続編物でも「僕のワンダフル・ライフ」(17年)に続いた『僕のワンダフル・ジャーニー』は大撃沈のオープニング。前作は初日に528万ドルを稼いだが、今回はその半分。3,000館以上もの上映館を用意しながら3日間で1,000万ドルにも届かないだろう(850万ドル前後か)。ただし、CinemaScoreはA、今後口コミ効果が出る可能性はなきにしもあらず。前作も腰の強い興行だった。

 ティーン映画『The Sun is Also a Star』も不発。週末売り上げは250万ドルほどだろう。こちらはCinemaScoreがB-と観客の反応も芳しくない。

カンヌ国際映画祭にて『ロケットマン』デクスター・フレッチャー監督)がプレミア上映され、好意的見解優勢。エルトン・ジョンへの熱烈なトリビュート魂が感じられる作りで、ジョンを演じるタロン・エガートンの献身的なパフォーマンスも最高。その一方で典型的な伝記映画の枠の範囲に収まっていると物足りなさを指摘する声も多々…。フレッチャーが代打監督を務め、公開前から比較する声が大きい「ボヘミアン・ラプソディ」(18年)より批評家受けしているのは間違いないが、果たして…(5/18)
ソニー・ピクチャーズ・クラシックスがバート・フレインドリッチ監督、ジュリアン・ムーアミシェル・ウィリアムスビリー・クラダップ出演のドラマ『After the Wedding』の配給権を獲得。8月公開へ(5/18)
『Midsommar』アリ・アスター監督)が2019年を代表するホラーになることを期待されている。フローレンス・ピュージャック・レイナーが主演する(5/17)
トム・ハーパー監督、フェリシティ・ジョーンズエディ・レッドメイン出演のアクション・ドラマ『The Aeronauts』の公開日が10月25日の決定(5/17)




My Movie Rating May 22, 2019
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
ヴィクトリア女王 最期の秘密
★★★ ジュディ・デンチ史上最高の可愛らしさが貴重な宮廷物。心の壁を取り払った主役ふたりの関係が嫌味なく気持ち良い。ただ、少しは青年の闇を見たい気も…。
天才作家の妻 40年目の真実
★★★ 妻が抱え込んだ秘密は案外ありきたりだが、とことんグレン・クローズの顔にこだわった撮り方のおかげで充実の気分に。クライマックスのクローズ ショーは圧巻。
サスペリア
★★★ 名作ホラーの大胆不敵な再構築。70年代ドイツを舞台にテロやナチスの影をちらつかせるのが上手い。過激思想の魔女たちという設定がユニーク。
ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
★★ ありがちな作家の伝記に収めてしまうくらいなら、代表作誕生前後に絞った話にするべき。特に恩師の関係をもっと突っ込んで欲しい。ニコラス・ホルトが美しい。
ミスター・ガラス
★★ 過去二作の世界観の融合が強引で、強烈な個性を持つジェームズ・マカヴォイにブルース・ウィリスとサミュエル・L・ジャクソンが太刀打ちできず。オチも、だから何?








OSCAR PLANET

TADA-Counter
since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 11.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2019. Yoshi All Right Reserved.