Headline ニュース


 アカデミー賞に関するニュースを紹介するコーナーです。
last update: October 17, 2019




■アニメーション映画賞エントリー32作品発表 (2019.10.17)
 映画芸術科学アカデミーは10月16日、第92回アカデミー賞アニメーション映画賞部門エントリー作品を発表しました。エントリーが認められたのは32作品で、16作品以上であることから、ノミネートを受けるのは5作品になります。エントリー32作品は次の通りです。

Abominable
The Addams Family
アングリーバード2
Another Day of Life
Away
Buñuel in the Labyrinth of the Turtles
海獣の子供
ディリリとパリの時間旅行
アナと雪の女王2
Funan
Genndy Tartakovsky's 'Primal' – Tales of Savagery
ヒックとドラゴン 聖地への冒険
失くした体
クロース
The Last Fiction
レゴ®ムービー2
Marona's Fantastic Tale
Missing Link
Ne Zha
若おかみは小学生!
Pachamama
プロメア
Rezo
ペット2
Spies in Disguise
The Swallows of Kabul
This Magnificent Cake!
The Tower
トイ・ストーリー4
Upin & Ipin: Keris Siamang Tunggal
天気の子
White Snake




■国際長編映画賞に93カ国がエントリー (2019.10.08)
 映画芸術科学アカデミーは10月7日、第92回アカデミー賞国際長編映画賞部門エントリー作品を発表しました。アカデミーは6月に世界各国に対し同部門への出品を依頼しましたが、そのうち93カ国の作品がエントリーしました。ガーナ、ナイジェリア、ウズベキスタンは初エントリーになります。国際長編映画賞は、国際長編映画賞専門委員会内でスクリーニングが行われ、そこでの投票により候補作品が5本決定されます。同部門はこれまで外国語映画賞と呼ばれてきました。出品作は以下の通りです。

アルバニア:The Delegation
アルジェリア:Papicha
アルゼンチン:Heroic Losers
アルメニア:Lengthy Night
オーストラリア:Buoyancy
オーストリア:Joy
バングラデシュ:Alpha
ベラルーシ:Debut
ベルギー:Our Mothers
ボリヴィア:I Miss You
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ:The Son
ブラジル:The Invisible Life
ブルガリア:Ága
カンボジア:音楽とともに生きて
カナダ:Antigone
チリ:Spider
中国:Ne Zha
コロンビア:Monos
コスタリカ:The Awakening of the Ants
クロアチア:Mali
キューバ:A Translator
チェコ:The Painted Bird
デンマーク:Queen of Hearts
ドミニカ:The Projectionist
エクアドル:The Longest Night
エジプト:Poisonous Roses
エストニア:Truth and Justice
エチオピア:Running Against the Wind
フィンランド:Stupid Young Heart
フランス:Les Misérables
ジョージア:Shindisi
ドイツ:System Crasher
ガーナ:Azali
ギリシャ:When Tomatoes Met Wagner
ホンジュラス:Blood, Passion, and Coffee
香港:The White Storm 2: Drug Lords
ハンガリー:Those Who Remained
アイスランド:A White, White Day
インド:Gully Boy
インドネシア:Memories of My Body
イラン:Finding Farideh
アイルランド:Gaza
イスラエル:Incitement
イタリア:The Traitor
日本:天気の子
カザフスタン:Kazakh Khanate - Golden Throne
ケニア:Subira
コソヴォ:Zana
キルギスタン:Aurora
ラトヴィア:The Mover
レバノン:1982
リトアニア:Bridges of Time
ルクセンブルク:テルアビブ・オン・ファイア
マレーシア:M for Malaysia
メキシコ:The Chambermaid
モンゴル:The Steed
モンテネグロ:Neverending Past
モロッコ:Adam
ネパール:Bulbul
オランダ:Instinct
ナイジェリア:LIONHEART ライオンハート
北マケドニア:Honeyland
ノルウェー:Out Stealing Horses
パキスタン:Laal Kabootar
パレスチナ:It Must Be Heaven
パナマ:Everybody Changes
ペルー:Retablo
フィリピン:Verdict
ポーランド:Corpus Christi
ポルトガル:The Domain
ルーマニア:The Whistlers
ロシア:Beanpole
サウジアラビア:The Perfect Candidate
セネガル:Atlantics
セルビア:King Peter of Serbia
シンガポール:幻土
スロヴァキア:Let There Be Light
スロヴェニア:History of Love
南アフリカ:Knuckle City
韓国:パラサイト 半地下の家族
スペイン:Pain and Glory
スウェーデン:And Then We Danced
スイス:Wolkenbruch's Wondrous Journey Into the Arms of a Shiksa
台湾:先に愛した人
タイ:Krasue: Inhuman Kiss
チュニジア:Dear Son
トルコ:Commitment Asli
ウクライナ:Homeward
イギリス:風をつかまえた少年
ウルグアイ:The Moneychanger
ウズベキスタン:Hot Bread
ヴェネズエラ:Being Impossible
ヴェトナム:ハイ・フォン:ママは元ギャング




■アカデミー新会員に842人を招待へ (2019.07.02)
 映画芸術科学アカデミーは7月1日、同団体の新たな会員として842人を招待することを発表しました。招待を受諾した映画人のみが新会員となります(複数部門で招待を受けた映画人は、どの部門か選ぶ必要があります)。アカデミーは近年、会員構成の変革のため過去にない規模の数の映画人を招待しています。新しくメンバーに招待された俳優は次の通りです。

アドウェール・アキノエ=アグバエ
ヤレリ・アリスメンディ
クレス・バング
ジェイミー・ベル
ボブ・バーゲン
ブルーノ・ビチル
クレア・ブルーム
エクトル・ボニージャ
フアン・ディエゴ・ボト
スターリング・K・ブラウン
ジェンマ・チャン
ロザリンド・チャオ
カミーユ・コッタン
ケネス・クラナム
マリナ・デ・タヴィラ
スティーヴン・ディレーン
ウィンストン・デューク
ジェニファー・イーリー
イレーネ・エスコラル
クレア・フォイ
ジーナ・ガレゴ
ジャンカルロ・ジャンニーニ
デヴィッド・ヘアウッド
スティーヴン・マッキンリー
ドロレス・ヘレディア
トム・ホランド
トム・ホランダー
ニーナ・ホス
ジェニー・ジェームズ
ジェマ・ジョーンズ
バリー・コーガン
アヌパム・カー
アンドレア・セバスチャン・コッホ
レディー・ガガ
トレイシー・レッツ
ダミアン・ルイス
ヘレン・マクローリー
ナターシャ・マケルホーン
オフェリア・メディーナ
エリザベス・モス
ピーター・ミュラン
ジャック・オコンネル
アーチー・パンジャビ
アマンダ・ピート
ケヴィン・ポラック
ウィル・ポールター
アンドレア・ライズボロー
トニー・セルヴィッロ
アレクサンダー・スカルスガルド
タムリン・トミタ
ジャン=ルイ・トランティニャン
カルロ・ヴェルドーネ
ハリエット・ウォルター
オリヴィア・ウィリアムス
レティーシャ・ライト
ヨスラ




■第92回アカデミー賞スケジュール発表 (2019.06.12)
 映画芸術科学アカデミーは6月11日、第92回アカデミー賞のスケジュールを発表しました。授賞式は2020年2月9日(日)、ハリウッド&ハイランドセンター内のドルビーシアターにて開催されます。

2019年
10/27 (Sun) 協会賞授賞式
2020年
1/2 (Thu) ノミネーション投票開始
1/7 (Tue) ノミネーション投票締切
1/13 (Mon) ノミネーション発表
1/27 (Mon) ノミニーズ・ランチョンパーティ
1/30 (Thu) 最終投票開始
2/4 (Tue) 最終投票締切
2/9 (Sun) 第92回アカデミー賞授賞式

 また、アカデミーは第93回アカデミー賞授賞式、第94回アカデミー賞授賞式の開催日も発表しました。第93回授賞式は2021年2月28日、第94回授賞式は2022年2月27日に開催されます。




■デヴィッド・リンチ、リナ・ウェルトミューラー、ウェス・ステューディ、ジーナ・デイヴィスが協会賞受賞 (2019.06.04)
 映画芸術科学アカデミーは6月3日、アカデミー賞名誉賞を監督デヴィッド・リンチ、監督リナ・ウェルトミューラー、俳優ウェス・ステューディへ、ジーン・ハーショルト友愛賞を俳優ジーナ・デイヴィスへ授与することを発表しました。名誉賞は映画業界への生涯を通じての並外れた貢献、優秀な業績を残した映画人に贈られます。ジーン・ハーショルト友愛賞は人道的な努力により映画産業に大きな影響を与えた人物に贈られます。これらの賞はアカデミー賞授賞式とは別の日に開かれる祝賀ディナーにて授与されます。今年の祝賀ディナーは10月27日、ハリウッド&ハイランドセンター、レイ・ドルビー・ボールルームにて開かれます。

 リンチは1970年代から映画ファンの間で熱狂的人気を誇る映画監督。『イレイザーヘッド』(76年)で頭角を現した後、『エレファント・マン』(80年)『デューン 砂の惑星』(84年)『ブルーベルベット』(86年)『ワイルド・アット・ハート』(90年)等、発表する作品が次々にカルト的人気を博し、押しも押されぬ人気監督へ。TVシリーズ『ツイン・ピークス』(90~91年)は世界的な大ブームを巻き起こしました。アカデミー賞では『エレファント・マン』『ブルーベルベット』『マルホランド・ドライブ』(00年)で監督賞候補に挙がっています。

 ウェルトミューラーはイタリア出身の映画監督。フェデリコ・フェリーニ監督作『8 1/2』(63年)でアシスタント・ディレクターを務めたことを足掛かりに監督となり、『ブラザー・サン シスター・ムーン』(72年)『流されて…』(74年)等を経た後、アカデミー賞では『セブン・ビューティーズ』(76年)により女性として初めて監督賞候補に挙がる快挙を成し遂げました。

 ステューディは1980年代から活動するネイティヴ・アメリカンの人気俳優。チェロキー族の両親の下に生まれ俳優を志し、『パウワウ・ハイウェイ』(89年)で注目を集めた後、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(90年)『ラスト・オブ・モヒカン』(91年)と話題作へ出演、一躍時の人となりました。出演作は数多く、ハリウッドに欠かせないバイプレーヤーです。

 デイヴィスは1980年代から活躍を続ける人気女優。『トッツィー』(82年)で映画デビュー後、『ザ・フライ』(86年)で注目を集め、Aリストスター入りを果たしました。演技力にも定評があり、アカデミー賞では『偶然の旅行者』(88年)で助演女優賞を受賞、『テルマ&ルイーズ』(90年)でも主演女優賞候補に挙がっています。また、男女平等を訴える活動でも有名で、エンターテイメント作品や子ども向けアニメーションにおける女性キャラクターを増やすことを目的にしたジーナ・デイヴィス インスティテュートを創設した他、社会における女性の地位向上を目指した機関でチェアマンを務めたり、エンターテイメント業界で活躍する女性のサポートを目的としたベントンヴィル映画祭を立ち上げるなど、幅広い活動を続けています。






Top