OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: December 07, 2019


12/7 サンディエゴ映画批評家協会賞ノミネーション発表。『アイリッシュマン』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』リード

12/7 デトロイト映画批評家協会賞ノミネーション発表。『アイリッシュマン』リード

12/5 アメリカ映画協会賞トップ10発表。『ジョーカー』『ナイブズ・アウト』イン、『フォードvsフェラーリ』アウト!

12/5 『アイリッシュマン』がニューヨークを撃破。サフディ兄弟、アントニオ・バンデラス、ルピタ・ニョンゴ、ジョー・ペシ初勝利

視覚効果賞エントリー20作品発表  ナショナル・ボード・オブ・レヴュー賞発表

サテライト賞候補発表  ゴッサム賞発表  アトランタ映画批評家協会賞発表  アニー賞候補発表

Oscar Score   Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
new ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
new 前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
new 予想
Column
new コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




Oscar Score December 01, 2019
Best Picture 作品賞 Best Director 監督賞
1 スキャンダル 10.5 1 ローリーン・スカファリア
(ハスラーズ)
5.0
1 ロケットマン 10.5 2 デクスター・フレッチャー
(ロケットマン)
4.5
3 ジョーカー 10.0 2 ジェイ・ローチ
(スキャンダル)
4.5
4 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 8.0 4 クエンティン・タランティーノ
(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
4.0
5 ルディ・レイ・ムーア 7.0 5 クレイグ・ブリュワー
(ルディ・レイ・ムーア)
3.0
5 ダウントン・アビー 7.0 5 マイケル・エングラー
(ダウントン・アビー)
3.0
5 ハスラーズ 7.0 5 トッド・フィリップス
(ジョーカー)
3.0
5 ジョン・ウィック パラベラム 7.0 5 チャド・スタエルスキ
(ジョン・ウィック パラベラム)
3.0
9 アイリッシュマン 4.5 9 マーティン・スコセッシ
(アイリッシュマン)
2.5
10 パラサイト 半地下の家族 4.0 10 -
Best Actor 主演男優賞 Best Actress 主演女優賞
1 タロン・エガートン
(ロケットマン)
6.5 1 シャーリズ・セロン
(スキャンダル)
5.5
2 アントニオ・バンデラス
(Pain and Glory)
2.0 2 レニー・ゼルウィガー
(ジュディ 虹の彼方に)
4.0
2 レオナルド・ディカプリオ
(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
2.0 3 コンスタンス・ウー
(ハスラーズ)
2.0
2 エディ・マーフィ
(ルディ・レイ・ムーア)
2.0 4 -
2 ホアキン・フェニックス
(ジョーカー)
2.0 5 -
6 ロバート・デ・ニーロ
(アイリッシュマン)
1.5 6 -
7 - 7 -
8 - 8 -
9 - 9 -
10 - 10 -
Best Supporting Actor 助演男優賞 Best Supporting Actress 助演女優賞
1 ジェイミー・ベル
(ロケットマン)
4.5 1 ジェニファー・ロペス
(ハスラーズ)
5.0
1 ジョン・リスゴー
(スキャンダル)
4.5 2 ニコール・キッドマン
(スキャンダル)
4.5
3 ブラッド・ピット
(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
4.0 2 マーゴット・ロビー
(スキャンダル)
4.5
4 アル・パチーノ
(アイリッシュマン)
3.5 4 マーゴット・ロビー
(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
4.0
5 ウェズリー・スナイプス
(ルディ・レイ・ムーア)
3.0 5 ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ
(ルディ・レイ・ムーア)
3.0
6 ジョー・ペシ
(アイリッシュマン)
2.5 5 マギー・スミス
(ダウントン・アビー)
3.0
7 シャイア・ラブーフ
(Honey Boy)
2.0 7 ローラ・ダーン
(マリッジ・ストーリー)
2.5
8 ロバート・ダウニー・ジュニア
(アベンジャーズ エンドゲーム)
1.5 7 テイラー・ラッセル
(Waves)
2.5
8 ウィンストン・デューク
(アス)
1.5 9 ジャオ・シュウジェン
(フェアウェル)
2.0
10 ノア・ジュープ
(Honey Boy)
1.5 10 メリル・ストリープ
(ザ・ランドロマット パナマ文書流出)
1.5
※Oscar Score…各賞の重要度を考慮して候補結果、受賞結果から得点を配分、それを集計してランキングにしたもの
※黄色は新しく加点されたもの
※毎日曜日更新予定




Oscar Buzz
アメリカ映画俳優組合賞授賞式にてロバート・デ・ニーロへ功労賞を授与するプレゼンターがレオナルド・ディカプリオに決定(12/7)
アメリカ映画俳優組合賞ノミネーション発表俳優がアメリカ・フェレーラダナイ・グリラに決定。12月11日発表(12/7)
ゴールデン・グローブ賞にて『Uncut Gems』ベニー・サフディジョシュ・サフディ監督)がドラマ部門に入っているとの噂あり。アダム・サンドラーのチャンスは…???[このサイトではミュージカル/コメディ部門で予想しています](12/6)
邦題決定。『The Farewell』『フェアウェル』ルル・ワン監督、アウクワフィナツィ・マーダイアナ・リンジャオ・シュウジェン出演(12/6)
11月第5週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(12/5)
邦題決定。『The Peanut Butter Falcon』『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』タイラー・ニルソン監督、ザック・ゴッサーゲンシャイア・ラブーフダコタ・ジョンソン出演(12/5)
パームスプリングス映画祭にて『Pain and Glory』ペドロ・アルモドヴァル監督)のアントニオ・バンデラスが国際スター賞を受賞へ。同映画祭の各賞の受賞者はオスカーに絡みやすいことで知られている(12/4)
『ロケットマン』デクスター・フレッチャー監督)のタロン・エガートンは世間が思うよりも強力な主演男優賞コンテンダーなのではないかとの声がちらほら(12/4)
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』クエンティン・タランティーノ監督)でレオナルド・ディカプリオと胸に残る会話を繰り広げる子役女優ジュリア・バターズが助演女優賞サプライズコンテンダーなのではないかとの見方あり(12/3)
スペイン最高の映画賞ゴヤ賞にて『Pain and Glory』ペドロ・アルモドヴァル監督)が16ノミネーション獲得(12/3)
第77回ゴールデン・グローブ賞 ノミネーション予想。FILM PLANET blog 先行公開。こちら(12/2)
邦題決定。『The Aeronauts』『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』トム・ハーパー監督、フェリシティ・ジョーンズエディ・レッドメイン出演(12/2)
邦題決定。『Les Misérables』『レ・ミゼラブル』ラジ・リ監督。国際長編映画賞フランス出品作(12/1)
新作 Box Office 金曜日速報(12/1)

2. ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密  $10,693,000(3391)
5. Queen & Slim $4,310,000(1625)

※予測。
 『アナと雪の女王2』が快調に数字を積み上げる感謝祭の週末、『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』が2位へ。水曜からの公開で、3日間で2,535万ドルを記録。金曜から日曜までの週末3日間では2,600万ドル前後の売り上げになると思われる。批評家絶賛で、CinemaScoreもA-と上々。スター大挙出演映画ゆえ、ロングヒットになる可能性もあるか。

 同じく批評家受けが抜群の『Queen & Slim』は苦しい立ち上がり。こちらも水曜からの公開で、3日間売り上げは842万ドル。週末成績は1,100万ドルほどだろうか。CinemaScoreはA-と悪くないのだが、口コミ効果が出そうな気配がないのが気がかり。




My Movie Rating December 07, 2019
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
荒野の誓い
★★★ 西部劇の醍醐味はたっぷりあるものの、勧善懲悪の世界観に落とし込まないのがミソ。大尉の憎しみと未亡人の絶望が形を変えていく様に見入る。役者は皆好演。
ガーンジー島の読書会の秘密
★★★ 消えた女性を描く回想場面がもたつき、かつその聖人的描き方が気になるものの、美しい自然とリリー・ジェームズのおかげで楽しい気分が勝つ。細かいことは気にせずに?
ブルー・ダイヤモンド
「異国の地で出会った女に惚れてしまい、柄にもなく命を賭ける俺…カッコイイ」という陳腐な男のロマンを描いた映画。ごひいきキアヌ・リーヴスを眺めるのが辛い。
トールキン 旅のはじまり
★★ J・R・R・トールキンの代表作に影響を与えた出来事とは?それを紹介する話の羅列に終始、ドラマは一向に動き出さない。トールキンの人物像は最後までぼやけたまま。
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
★★★★ 隅から隅までクエンティン・タランティーノの映画愛が炸裂。あのシャロン・テート殺害事件が起こった1969年へのタランティーノの回答に興奮と涙が止まらない。








OSCAR PLANET


since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 11.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2019. Yoshi All Right Reserved.