OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: December 17, 2018


12/17 カンザスシティで『女王陛下のお気に入り』と『ROMA ローマ』が作品賞を分け合う。エイミー・アダムス初勝利

12/17 『アリー スター誕生』がセントルイスの空へ。ワースト映画賞は『A Wrinkle in Time』へ

12/17 ボストンは『ビール・ストリートの恋人たち』を愛する。ジョン・C・ライリー初勝利

12/16 ヨーロッパ映画賞発表。ポーランド映画『Cold War』イヤー!

12/15 我が道を行くボストン・オンラインがトップに置くのは『ビューティフル・デイ』。4冠達成

12/15 ヴァンクーヴァー映画批評家協会賞ノミネーション発表。『女王陛下のお気に入り』リード

12/15 『ROMA ローマ』がラスヴェガスで作品賞を含む5冠。サム・エリオットにウィリアム・ホールデン功労賞

FAAAFブラック・リール賞候補発表

映画俳優組合賞(SAG)候補発表

Oscar Score  Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
new 前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




Oscar Score December 15, 2018(ボストン・オンライン映画批評家協会賞未加点)
Best Picture 作品賞 Best Director 監督賞
1 ROMA ローマ 52.5 1 アルフォンソ・キュアロン
(ROMA ローマ)
43.0
2 アリー スター誕生 44.0 2 ブラッドリー・クーパー
(アリー スター誕生)
28.0
3 女王陛下のお気に入り 39.5 3 スパイク・リー
(ブラック・クランズマン)
25.0
4 グリーンブック 35.0 4 ヨルゴス・ランティモス
(女王陛下のお気に入り)
20.5
5 ブラック・クランズマン 32.5 5 アダム・マッケイ
(バイス)
18.0
6 ブラックパンサー 32.0 6 ピーター・ファレリー
(グリーンブック)
15.5
7 ビール・ストリートの恋人たち 27.0 7 デブラ・グラニク
(Leave No Trace)
11.0
8 First Reformed 23.0 8 バリー・ジェンキンス
(ビール・ストリートの恋人たち)
8.5
9 メリー・ポピンズ リターンズ 20.5 9 ボー・バーナム
(Eighth Grade)
7.0
10 Eighth Grade 19.0 9 ポール・シュレイダー
(First Reformed)
7.0
Best Actor 主演男優賞 Best Actress 主演女優賞
1 イーサン・ホーク
(First Reformed)
53.5 1 オリヴィア・コールマン
(女王陛下のお気に入り)
53.5
2 クリスチャン・ベール
(バイス)
31.5 2 レディー・ガガ
(アリー スター誕生)
43.0
3 ブラッドリー・クーパー
(アリー スター誕生)
31.0 3 メリッサ・マッカーシー
(Can You Ever Forgive Me?)
32.0
4 ラミ・マレック
(ボヘミアン・ラプソディ)
29.5 4 グレン・クローズ
(天才作家の妻 40年目の真実)
26.5
5 ヴィゴ・モーテンセン
(グリーンブック)
28.5 5 トニ・コレット
(ヘレディタリー 継承)
26.0
6 ジョン・デヴィッド・ワシントン
(ブラック・クランズマン)
21.5 6 エルシー・フィッシャー
(Eighth Grade)
21.0
7 ウィレム・デフォー
(永遠の門 ゴッホの見た未来)
14.5 7 エミリー・ブラント
(メリー・ポピンズ リターンズ)
16.5
8 ルーカス・ヘッジズ
(Boy Erased)
8.0 8 ヤリーツァ・アパリシオ
(ROMA ローマ)
12.5
9 ライアン・ゴズリング
(ファースト・マン)
6.0 9 レジーナ・ホール
(Support the Girls)
11.5
9 ロバート・レッドフォード
(The Old Man & the Gun)
6.0 10 コンスタンス・ウー
(クレイジー・リッチ!)
10.5
Best Supporting Actor 助演男優賞 Best Supporting Actress 助演女優賞
1 リチャード・E・グラント
(Can You Ever Forgive Me?)
45.5 1 レジーナ・キング
(ビール・ストリートの恋人たち)
59.0
2 マハーシャラ・アリ
(グリーンブック)
34.5 2 レイチェル・ワイズ
(女王陛下のお気に入り)
37.5
3 サム・エリオット
(アリー スター誕生)
31.0 2 エマ・ストーン
(女王陛下のお気に入り)
36.5
4 ティモシー・シャラメ
(Beautiful Boy)
27.0 4 エイミー・アダムス
(バイス)
24.5
5 アダム・ドライヴァー
(ブラック・クランズマン)
23.5 5 クレア・フォイ
(ファースト・マン)
13.5
6 マイケル・B・ジョーダン
(ブラックパンサー)
16.5 6 ニコール・キッドマン
(Boy Erased)
12.5
7 サム・ロックウェル
(バイス)
11.5 7 トーマサイン・マッケンジー
(Leave No Trace)
9.0
8 スティーヴン・ユァン
(バーニング 劇場版)
9.5 8 エリザベス・デビッキ
(妻たちの落とし前)
8.5
9 ラッセル・ホーンスビー
(The Hate U Give)
8.5 9 マーゴット・ロビー
(ふたりの女王 メアリーとエリザベス)
7.5
10 ニコラス・ホルト
(女王陛下のお気に入り)
8.0 10 エミリー・ブラント
(クワイエット・プレイス)
7.0
※Oscar Score…各賞の重要度を考慮して候補結果、受賞結果から得点を配分、それを集計してランキングにしたもの
※黄色は新しく加点されたもの




Oscar Buzz
来年2月に開催されるベルリン国際映画祭の審査委員長がジュリエット・ビノシュに決定(12/16)
新作 Box Office 金曜日速報(12/6)

1. スパイダーマン:スパイダーバース $12,600,000(3813) Great!
2. 運び屋 $5,850,000(2588)
3. 移動都市 モータル・エンジン $2,820,000(3103) zzz...
-. ビール・ストリートの恋人たち $81,575(4) Great!

※予測。
 ホリデイシーズン、『グリンチ』『シュガー・ラッシュ:オンライン』が大ヒットを記録しているが、さらにもう一本アニメーション映画がメガヒットに発展しそうな気配。その一本とは『スパイダーマン:スパイダーバース』で、まずは充実の初日売り上げ。週末売り上げは3,500万ドル前後に達すると見られる。しかし興行成績よりも驚きなのは、その評価かもしれない。今年のアニメーション映画だけで比較するなら『インクレディブル・ファミリー』『犬ヶ島』以上に批評家に愛されている感があり、前哨戦も絶好調の結果を残している。CinemaScoreもA+と文句なし。

 クリント・イーストウッド監督・主演作『運び屋』は悪くはない初日。3日間では1,800万ドル前後が見込まれている。急ピッチ作業で製作が進められた作品だが、配給会社の願い虚しく、賞レースに参戦するほどの評価は得られていないが、それならば興行成績で挽回したいところ。CinemaScoreはA-。

 惨敗の出足になったのは『移動都市 モータル・エンジン』。週末成績は1,000万ドルに届かないと思われ、1億ドルかけられていると言われる製作費を考えると、悲劇以外の何物でもない。批評も伸びず、さらにはCinemaScoreはB-。

 限定封切作ではバリー・ジェンキンス監督の『ビール・ストリートの恋人たち』が4館で好アヴェレージを記録。アメリカ映画俳優組合賞(SAG)ノミネーションではシャットアウトを食らったものの、批評家受けは抜群。今後の興行パフォーマンスが注目される。
The Hollywood Reporter恒例、賞レース有力コンテンダーを集めた監督座談会。今年参加したのはライアン・クーグラー(ブラックパンサー)、ブラッドリー・クーパー(アリー スター誕生)、アルフォンソ・キュアロン(ROMA ローマ)、マリエル・ヘラー(Can You Ever Forgive Me?)、ヨルゴス・ランティモス(女王陛下のお気に入り)、スパイク・リー(ブラック・クランズマン)…(12/15)
ゴールデン・グローブ賞でテレビで目覚ましい業績を上げた者を讃えるためキャロル・バーネット賞が創設されることが決定。第一回の受賞者はバーネット本人になる(12/15)
パームスプリングス映画祭にて『女王陛下のお気に入り』ヨルゴス・ランティモス監督)のオリヴィア・コールマンがthe Desert Palm Achievement Awardを受賞へ。同映画祭の各賞の受賞者はオスカーに絡みやすいことで知られている(12/14)
第25回アメリカ映画俳優組合賞(SAG)授賞式ホストがミーガン・ムラリーに決定(12/14)
12月第1週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(12/13)
サンタバーバラ映画祭にて『ブラックパンサー』ライアン・クーグラー監督)のマイケル・B・ジョーダンがシネマ・ヴァンガード賞を受賞へ。同映画祭の各賞の受賞者はオスカーに絡みやすいことで知られている(12/13)
オーストラリア映画テレビ芸術アカデミーによる国際賞ノミネーションが発表。以下の通り(12/12)

◆作品賞
ブラック・クランズマン
ボヘミアン・ラプソディ
ROMA ローマ
アリー スター誕生
バイス

◆監督賞
ブラッドリー・クーパー(アリー スター誕生)
アルフォンソ・キュアロン(ROMA ローマ)
ヨルゴス・ランティモス(女王陛下のお気に入り)
スパイク・リー(ブラック・クランズマン)
ワーウィック・ソーントン(スウィート・カントリー)

◆主演男優賞
クリスチャン・ベール(バイス)
ブラッドリー・クーパー(アリー スター誕生)
ヒュー・ジャックマン(フロントランナー)
ラミ・マレック(ボヘミアン・ラプソディ
ヴィゴ・モーテンセン(グリーンブック)

◆主演女優賞
グレン・クローズ(天才作家の妻 40年目の真実)
オリヴィア・コールマン(女王陛下のお気に入り)
トニ・コレット(ヘレディタリー 継承)
レディー・ガガ(アリー スター誕生)
ニコール・キッドマン(Destroyer)

◆助演男優賞
マハーシャラ・アリ(グリーンブック)
ティモシー・シャラメ(Beautiful Boy)
ジョエル・エドガートン(Boy Erased)
サム・エリオット(アリー スター誕生)
サム・ロックウェル(バイス)

◆助演女優賞
エイミー・アダムス(バイス)
エミリー・ブラント(クワイエット・プレイス)
クレア・フォイ(ファースト・マン)
ニコール・キッドマン(Boy Erased)
マーゴット・ロビー(ふたりの女王 メアリーとエリザベス)

◆脚本賞
ブラック・クランズマン
ボヘミアン・ラプソディ
女王陛下のお気に入り
クワイエット・プレイス
ROMA ローマ
サンタバーバラ映画祭にてヤリーツァ・アパリシオ(ROMA ローマ)、サム・エリオット(アリー スター誕生)、エルシー・フィッシャー(Eighth Grade)、クレア・フォイ(ファースト・マン)、リチャード・E・グラント(Can You Ever Forgive Me?)、トーマサイン・マッケンジー(Leave No Trace)、ジョン・デヴィッド・ワシントン(ブラック・クランズマン)、スティーヴン・ユァン(バーニング 劇場版)がthe Virtuosos Awardを受賞へ。同映画祭の各賞の受賞者はオスカーに絡みやすいことで知られている(12/12)
邦題決定。『A Simple Favor』『シンプル・フェイバー』ポール・フェイグ監督、アンナ・ケンドリックブレイク・ライヴリー出演(12/11)
『グリーンブック』ピーター・ファレリー監督)が作曲賞部門のルールから外れているため(作中オリジナル曲が流れるのは19分のみ)、同部門で候補に挙がることはないとのこと(12/11)
アメリカ脚本家組合賞(WGA)では毎年、オスカーの有力コンテンダーにも拘わらず候補資格が得られない作品が出る。今年は以下の通り(12/10)

◆脚本賞
『All Is True』『永遠の門 ゴッホの見た未来』『Blindspotting』『Capernaum』『Cold War』『スターリンの葬送狂騒曲』『女王陛下のお気に入り』『ヘレディタリー 継承』『犬ヶ島』『風の向こうへ』『The Rider』『万引き家族』『Sorry to Bother You』『Stan & Ollie』

◆脚色賞
『Disobedience』『インクレディブル・ファミリー』『Leave No Trace』『McQueen』『The Sisters Brothers』
邦題決定。『Lean on Pete』『荒野にて』アンドリュー・ヘイ監督、チャーリー・プラマースティーヴ・ブシェーミクロエ・セヴィニー出演(12/10)




My Movie Rating December 17, 2018
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
ザ・プレデター
★★★ 狙ったチープさや80年代映画的気配等、プレデターのB級の味を理解した作り手による画面。立ち向かうわけあり軍人たちが良い味を出す。リズム感も良し。
500ページの夢の束
★★ 「スター・トレック」ネタを放り込んだはいいが、その世界観を知らないと主人公に思うところが少なくなるのでは?ロードトリップにも目新しさなし。
ブレス しあわせの呼吸
★★ 病発覚からしばらくは、意外や楽しいロマコメのエッセンスあり。…が、持ち堪えられず、次第に行儀良い難病映画へ。すんなり見られても、後には残らない。
プラウド・メアリー [DVD]
★★ 「グロリア」にブラックスプロイテーションのエッセンスをふりかけて…という試みが冴えず。ヒロインの母性やサスペンスの描き方に難あり。カッコ良さを突き詰めて。
ローマンという名の男 信念の行方 [DVD]
★★★ 理想と良心の崩壊を見つめながら、その踏ん張りも信じる。だからこそのデンゼル・ワシントン。終幕の命を狙われる云々の件は、テーマを曖昧にしてしまった感。








OSCAR PLANET

TADA-Counter
since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 8.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2018. Yoshi All Right Reserved.