OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: April 15, 2021


Final Predictions coming soon...

4/14 主要6部門採点(List of Marks):第6弾:助演女優賞、第5弾:助演男優賞、
第4弾:主演女優賞、第3弾:主演男優賞、第2弾:監督賞、第1弾:作品賞

4/14 ニュー批評家団体、ミネソタが『ノマドランド』をトップに選出

4/14 衣装デザイナー組合賞(CDG)発表。『マ・レイニーのブラックボトム』『ムーラン』勝利

4/13 プレゼンター決定:アンジェラ・バセット、ハル・ベリー、ポン・ジュノ、ドン・チードル、
ブライアン・クランストン、ローラ・ダーン、ハリソン・フォード、レジーナ・キング、マーリー・マトリン、リタ・モレノ、
ホアキン・フェニックス、ブラッド・ピット、リース・ウィザースプーン、レニー・ゼルウィガー、ゼンデイヤ

発表動画はこちら

米音楽監督組合賞(GMS)発表  英国アカデミー賞発表

Prediction Chart 更新  米監督組合賞(DGA)  米美術監督組合賞(ADG)発表

第93回アカデミー賞候補一覧  Oscar Score  Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
new 前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
new 予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




第93回アカデミー賞
The 93rd Annual Academy Awards
March 15, 2021 in Los Angeles [announcement on April 25]
◆作品賞
ファーザー
Judas and the Black Messiah
Mank マンク
ミナリ
ノマドランド
プロミシング・ヤング・ウーマン
サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ
シカゴ7裁判
◆監督賞
リー・アイザック・チョン(ミナリ)
エメラルド・フェネル(プロミシング・ヤング・ウーマン)
デヴィッド・フィンチャー(Mank マンク)
トマス・ヴィンターベア(アナザーラウンド)
クロエ・ジャオ(ノマドランド)
◆主演男優賞
リズ・アーメド(サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ)
チャドウィック・ボウズマン(マ・レイニーのブラックボトム)
アンソニー・ホプキンス(ファーザー)
ゲイリー・オールドマン(Mank マンク)
スティーヴン・ユァン(ミナリ)
◆主演女優賞
ヴィオラ・デイヴィス(マ・レイニーのブラックボトム)
アンドラ・デイ(The United States vs. Billie Holiday)
ヴァネッサ・カービー(私というパズル)
フランシス・マクドーマンド(ノマドランド)
キャリー・マリガン(プロミシング・ヤング・ウーマン)
◆助演男優賞
サシャ・バロン・コーエン(シカゴ7裁判)
ダニエル・カルーヤ(Judas and the Black Messiah)
レスリー・オドム・ジュニア(あの夜、マイアミで)
ポール・レイシー(サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ)
ラキース・スタンフィールド(Judas and the Black Messiah)
◆助演女優賞
マリア・バカローヴァ(続・ボラット)
グレン・クローズ(ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌)
オリヴィア・コールマン(ファーザー)
アマンダ・セイフライド(Mank マンク)
ユン・ヨジョン(ミナリ)
◆脚本賞
Judas and the Black Messiah
ミナリ
プロミシング・ヤング・ウーマン
サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ
シカゴ7裁判
◆脚色賞
続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画
ファーザー
ノマドランド
あの夜、マイアミで
ザ・ホワイトタイガー
◆撮影賞
Judas and the Black Messiah
Mank マンク
この茫漠たる荒野で
ノマドランド
シカゴ7裁判
◆編集賞
ファーザー
ノマドランド
プロミシング・ヤング・ウーマン
サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ
シカゴ7裁判
◆美術賞
ファーザー
マ・レイニーのブラックボトム
Mank マンク
この茫漠たる荒野で
TENET テネット
◆衣装デザイン賞
Emma.
マ・レイニーのブラックボトム
Mank マンク
ムーラン
Pinocchio
◆メイキャップ&ヘアスタイリング賞
Emma.
ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌
マ・レイニーのブラックボトム
Mank マンク
Pinocchio
◆視覚効果賞
ラブ&モンスターズ
ミッドナイト・スカイ
ムーラン
ゴリラのアイヴァン
TENET テネット
◆録音賞
グレイハウンド
Mank マンク
この茫漠たる荒野で
ソウルフル・ワールド
サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ
◆作曲賞
ザ・ファイブ・ブラッズ
Mank マンク
ミナリ
この茫漠たる荒野で
ソウルフル・ワールド
◆主題歌賞
ユーロビジョン歌合戦 ファイア・サーガ物語「My Home Town」
Judas and the Black Messiah「Fight for You」
これからの人生「Seen」
あの夜、マイアミで「Speak Now」
シカゴ7裁判「Hear My Voice」
◆アニメーション映画賞
2分の1の魔法
フェイフェイと月の冒険
映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!
ソウルフル・ワールド
ウルフウォーカー
◆国際長編映画賞
アナザーラウンド(デンマーク)
少年の君(香港)
Collective(ルーマニア)
皮膚を売った男(チュニジア)
Quo vadis, Aida?(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)
◆ドキュメンタリー映画賞(長編)
Collective
ハンディキャップ・キャンプ:障がい者運動の夜明け
83歳のやさしいスパイ
オクトパスの神秘:海の賢者は語る
タイム
◆ドキュメンタリー映画賞(短編)
Colette
A Concerto Is a Conversation
Do Not Split
Hunger Ward
ラターシャに捧ぐ 記憶で綴る15年の生涯
◆短編映画賞(実写)
Feeling Through
The Letter Room
プレゼント
Two Distant Strangers
白い自転車
◆短編映画賞(アニメーション)
夢追いウサギ
Genius Loci
愛してるって言っておくね
Opera
Yes-People




Oscar Score April 11, 2021
Best Picture 作品賞 Best Director 監督賞
1 ノマドランド
(クロエ・ジャオ監督)
236.0 1 クロエ・ジャオ
(ノマドランド)
245.5
2 プロミシング・ヤング・ウーマン
(エメラルド・フェネル監督)
164.5 2 エメラルド・フェネル
(プロミシング・ヤング・ウーマン)
117.0
3 シカゴ7裁判
(アーロン・ソーキン監督)
140.5 3 デヴィッド・フィンチャー
(Mank マンク)
100.5
4 ミナリ
(リー・アイザック・チョン監督)
135.5 4 リー・アイザック・チョン
(ミナリ)
91.5
5 Mank マンク
(デヴィッド・フィンチャー監督)
124.5 5 トマス・ヴィンターベア
(アナザーラウンド)
55.5
6 サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ
(ダリウス・マーダー監督)
108.0 6 アーロン・ソーキン
(シカゴ7裁判)
43.5
7 Judas and the Black Messiah
(シャカ・キング監督)
80.0 7 レジーナ・キング
(あの夜、マイアミで)
40.0
8 ファーザー
(フローリアン・ゼレール監督)
72.0 8 ダリウス・マーダー
(サウンド・オブ・メタル聞こえるということ)
32.5
9 マ・レイニーのブラックボトム
(ジョージ・C・ウルフ監督)
69.0 9 スパイク・リー
(ザ・ファイブ・ブラッズ)
31.0
10 ザ・ファイブ・ブラッズ
(スパイク・リー監督)
57.5 10 ジョージ・C・ウルフ
(マ・レイニーのブラックボトム)
24.0
Best Actor 主演男優賞 Best Actress 主演女優賞
1 チャドウィック・ボウズマン
(マ・レイニーのブラックボトム)
210.0 1 キャリー・マリガン
(プロミシング・ヤング・ウーマン)
184.5
2 リズ・アーメド
(サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ)
168.5 2 フランシス・マクドーマンド
(ノマドランド)
183.0
3 アンソニー・ホプキンス
(ファーザー)
104.5 3 ヴィオラ・デイヴィス
(マ・レイニーのブラックボトム)
144.5
4 スティーヴン・ユァン
(ミナリ)
101.0 4 ヴァネッサ・カービー
(私というパズル)
87.5
5 ゲイリー・オールドマン
(Mank マンク)
96.5 5 アンドラ・デイ
(The United States vs. Billie Holiday)
75.0
6 デルロイ・リンドー
(ザ・ファイブ・ブラッズ)
78.5 6 シドニー・フラニガン
(17歳の瞳に映る世界)
32.5
7 サシャ・バロン・コーエン
(続・ボラット)
32.5 7 ハン・イェリ
(ミナリ)
18.5
8 キングズリー・ベン=アディル
(あの夜、マイアミで)
23.0 8 ロザムンド・パイク
(I Care a Lot)
16.0
9 イーライ・ゴリー
(あの夜、マイアミで)
17.0 9 エイミー・アダムス
(ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌)
12.0
10 トム・ハンクス
(この茫漠たる荒野で)
15.0 10 ジェシー・バックリー
(もう終わりにしよう。)
11.0
Best Supporting Actor 助演男優賞 Best Supporting Actress 助演女優賞
1 ポール・レイシー
(サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ)
150.5 1 ユン・ヨジョン
(ミナリ)
203.0
2 ダニエル・カルーヤ
(Judas and the Black Messiah)
144.5 2 マリア・バカローヴァ
(続・ボラット)
168.5
3 サシャ・バロン・コーエン
(シカゴ7裁判)
135.5 3 アマンダ・セイフライド
(Mank マンク)
126.5
4 レスリー・オドム・ジュニア
(あの夜、マイアミで)
128.5 4 オリヴィア・コールマン
(ファーザー)
87.0
5 ラキース・スタンフィールド
(Judas and the Black Messiah)
60.5 5 グレン・クローズ
(ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌)
77.0
6 チャドウィック・ボウズマン
(ザ・ファイブ・ブラッズ)
53.5 6 ヘレナ・ツェンゲル
(この茫漠たる荒野で)
29.5
7 グリン・ターマン
(マ・レイニーのブラックボトム)
40.0 7 エレン・バースティン
(私というパズル)
25.5
8 マーク・ライランス
(シカゴ7裁判)
30.0 8 ドミニク・フィッシュバック
(Judas and the Black Messiah)
19.5
9 ビル・マーレイ
(オン・ザ・ロック)
29.5 9 ジョディ・フォスター
(The Mauritanian)
14.5
10 フランク・ランジェラ
(シカゴ7裁判)
29.0 10 オリヴィア・クック
(サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ)
13.5
※Oscar Score…各賞の重要度を考慮して候補結果、受賞結果から得点を配分、それを集計してランキングにしたもの
※黄色は新しく加点されたもの
※日曜日更新予定




Oscar Buzz
4月第2週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(4/15)
オスカートリヴィア Vol.24(4/15)

ジュリー・テイモア監督作『The Glorias』はノミネートゼロ。つまり衣装デザイン賞部門でも候補を逃したことになるが、テイモア監督による劇場長編映画が同部門の候補入りを逃したのはこれが初めてのこと。
オスカートリヴィア Vol.23(4/14)

『マ・レイニーのブラックボトム』ジョージ・C・ウルフ監督)からミア・ニールジャミカ・ウィルソンがメイキャップ&ヘアスタイリング賞候補に挙がったが、同部門で黒人が指名を受けるのは初めての出来事。また、これにより、黒人が一度もノミネートされたことがない部門は視覚効果賞だけになった。
英国アカデミー賞を逃したことでヴァネッサ・カービー私というパズル)の混戦の主演女優賞受賞はかなり厳しくなったと見る向き多数(4/14)
オスカートリヴィア Vol.22(4/13)

『Judas and the Black Messiah』シャカ・キング監督)からはキング、ケネス・ルーカスキース・ルーカスの3人が脚本賞にノミネート。黒人の脚本家が同部門で複数人候補に挙がるはこれが初めての出来事。
[NEXT YEAR]『ゴジラvsコング』アダム・ウィンガード監督)の2週目成績は1,338万ドル。首位は守っているが、強力ライヴァル不在の中、58.4%の大幅ダウンとなり、落胆の声が出ている。これが待機中の超大作の公開延期理由材料になり得るのか、若しくは『ゴジラvsコング』特有の結果でしかないのか、見極める必要が出てくると思われる。なお、製作費2億ドルと言われる『ゴジラvsコング』のアメリカ国内成績は現在6,950万ドル(4/13)
編集賞は『シカゴ7裁判』アーロン・ソーキン監督)が強いのではないかと言われていたが、ここに来て『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』ダリウス・マーダー監督)がBUZZを増している。英国アカデミー賞では『サウンド・オブ・メタル』が勝利。オスカーは…?(4/12)
オスカートリヴィア Vol.21(4/12)

脚本賞候補に挙がった5作品は全て作品賞でもノミネートされている。これは史上初の出来事。
ドキュメンタリー映画賞(長編)は『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』ピッパ・エアリックジェームズ・リード監督)のBUZZが拡大中。このまま受賞に辿り着けるか(4/11)
オスカートリヴィア Vol.20(4/11)

『プロミシング・ヤング・ウーマン』エメラルド・フェネル監督)のキャリー・マリガンは、前回候補に挙がった「17歳の肖像」(ロネ・シェルフィグ監督。09年)も女性監督作品だった。これにより女性監督作だけにより複数回候補に挙がったことのある唯一の俳優になった。
邦題変更。『老人スパイ』『83歳のやさしいスパイ』。英題:『The Mole Agent』マイテ・アルベルディ監督、ドキュメンタリー映画賞(長編)候補作(4/10)
GLAADメディア賞発表。映画部門は以下の通り(4/10)

◆作品賞(拡大公開):ハピエスト・ホリデー 私たちのカミングアウト
◆作品賞(限定公開):ボーイズ・イン・ザ・バンド
◆ドキュメンタリー映画賞:トランスジェンダーとハリウッド:過去、現在、そして
◆TV映画賞:フランクおじさん
オスカートリヴィア Vol.19(4/9)

主演男優賞候補に挙がっているチャドウィック・ボウズマンマ・レイニーのブラックボトム)は候補5人中、唯一対象作が作品賞候補に挙がっていない。もし受賞した場合、対象作が作品賞候補に挙がっていない俳優の主演男優賞受賞はジェフ・ブリッジス(クレイジー・ハート[09年])以来、11年ぶりの出来事になる。
主題歌賞候補曲を聴く。『シカゴ7裁判』より「Hear My Voice」こちら(4/9)




My Movie Rating April 14, 2021
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
明日への地図を探して [配信]
★★★ 無限ループ映画のジャンルにティーンのロマコメ要素を持ち込み、軽快に魅せる。主演ふたりの相性が良いのが嬉しい。「脱出」法には「ハート」の乱用の感、あり。
レフト 恐怖物件 [配信]
★★ 「家」の主が怖がらせに来るのはもちろん、夫の正気も疑いたくなるのがミソ。だからこそのケヴィン・ベーコン。結末はすっきりしたようなしないような…。
秘密への招待状
★★ オリジナル同様、「作為」が幅を利かせた物語。操り人形でしかない登場人物の背後に作り手の得意顔が見えるのが不快。力のある女優ふたりも空回り。
ジャングルランド [配信]
★★ 兄弟を演じるふたりがせっかく詩情を湛えているのに、そのドラマにひとりの女を放り込んだがために台無しに。兄弟の美学を過剰に崇拝している気配もある。
ブリス たどり着く世界 [配信]
★★ 映画全体が鬱状態にあるようなのはこの監督の特徴か。野心的な試みがなされるようで、箱には既視感あり。心の機微に触れるのを目指しながら、機械的な流れの矛盾。








OSCAR PLANET


since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 11.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2020. Yoshi All Right Reserved.