OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: February 16, 2019


Final Preditions coming very soon...

2/16 Predition Chart 更新

2/14 アメリカ音楽監督組合賞(GMS)発表。『アリー スター誕生』、2冠

List of Marks:助演女優賞、助演男優賞、主演女優賞、主演男優賞、監督賞、作品賞

授賞式プレゼンター決定:ハヴィエル・バルデム、アンジェラ・バセット、チャドウィック・ボウズマン、エミリア・クラーク、
ローラ・ダーン、サミュエル・L・ジャクソン、ステファン・ジェームズ、キーガン=マイケル・キー、
キキ・レイン、ジェームズ・マカヴォイ、メリッサ・マッカーシー、ジェイソン・モモア、サラ・ポールソン

第91回アカデミー賞候補一覧  Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
new 前哨戦
Ceremony
new 授賞式
Predictions
new 予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




第91回アカデミー賞
The 91st Annual Academy Awards
January 22, 2019 in Los Angeles [announcement on February 24]
◆作品賞
ブラックパンサー
ブラック・クランズマン
ボヘミアン・ラプソディ
女王陛下のお気に入り
グリーンブック
ROMA ローマ
アリー スター誕生
バイス
◆監督賞
アルフォンソ・キュアロン(ROMA ローマ)
ヨルゴス・ランティモス(女王陛下のお気に入り)
スパイク・リー(ブラック・クランズマン)
アダム・マッケイ(バイス)
パヴェウ・パヴリコフスキ(COLD WAR/あの歌、2つの心)
◆主演男優賞
クリスチャン・ベール(バイス)
ブラッドリー・クーパー(アリー スター誕生)
ウィレム・デフォー(永遠の門 ゴッホの見た未来)
ラミ・マレック(ボヘミアン・ラプソディ)
ヴィゴ・モーテンセン(グリーンブック)
◆主演女優賞
ヤリーツァ・アパリシオ(ROMA ローマ)
グレン・クローズ(天才作家の妻 40年目の真実)
オリヴィア・コールマン(女王陛下のお気に入り)
レディー・ガガ(アリー スター誕生)
メリッサ・マッカーシー(Can You Ever Forgive Me?)
◆助演男優賞
マハーシャラ・アリ(グリーンブック)
アダム・ドライヴァー(ブラック・クランズマン)
サム・エリオット(アリー スター誕生)
リチャード・E・グラント(Can You Ever Forgive Me?)
サム・ロックウェル(バイス)
◆助演女優賞
エイミー・アダムス(バイス)
マリナ・デ・タヴィラ(ROMA ローマ)
レジーナ・キング(ビール・ストリートの恋人たち)
エマ・ストーン(女王陛下のお気に入り)
レイチェル・ワイズ(女王陛下のお気に入り)
◆脚本賞
女王陛下のお気に入り
魂のゆくえ
グリーンブック
ROMA ローマ
バイス
◆脚色賞
バスターのバラード
ブラック・クランズマン
Can You Ever Forgive Me?
ビール・ストリートの恋人たち
アリー スター誕生
◆撮影賞
COLD WAR/あの歌、2つの心
女王陛下のお気に入り
Never Look Away
ROMA ローマ
アリー スター誕生
◆編集賞
ブラック・クランズマン
ボヘミアン・ラプソディ
女王陛下のお気に入り
グリーンブック
バイス
◆美術賞
ブラックパンサー
女王陛下のお気に入り
ファースト・マン
メリー・ポピンズ リターンズ
ROMA ローマ
◆衣装デザイン賞
バスターのバラード
ブラックパンサー
女王陛下のお気に入り
メリー・ポピンズ リターンズ
ふたりの女王 メアリーとエリザベス
◆メイキャップ&ヘアスタイリング賞
Border
ふたりの女王 メアリーとエリザベス
バイス
◆視覚効果賞
アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
プーと大人になった僕
ファースト・マン
レディ・プレイヤー1
ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー
◆録音賞
ブラックパンサー
ボヘミアン・ラプソディ
ファースト・マン
ROMA ローマ
アリー スター誕生
◆音響効果賞
ブラックパンサー
ボヘミアン・ラプソディ
ファースト・マン
クワイエット・プレイス
ROMA ローマ
◆作曲賞
ブラックパンサー
ブラック・クランズマン
ビール・ストリートの恋人たち
犬ヶ島
メリー・ポピンズ リターンズ
◆主題歌賞
「All the Stars」(ブラックパンサー)
「I'll Fight」(RBG 最強の85才)
「The Place Where Lost Things Go」(メリー・ポピンズ リターンズ)
「Shallow」(アリー スター誕生)
「When a Cowboy Trades His Spurs for Wings」(バスターのバラード)
◆アニメーション映画賞
インクレディブル・ファミリー
犬ヶ島
未来のミライ
シュガー・ラッシュ:オンライン
スパイダーマン:スパイダーバース
◆外国語映画賞
Capernaum(レバノン)
COLD WAR/あの歌、2つの心(ポーランド)
Never Look Away(ドイツ)
ROMA ローマ(イタリア)
万引き家族(日本)
◆ドキュメンタリー映画賞(長編)
Free Solo
Hale County This Morning, This Evening
Minding the Gap
Of Fathers and Sons
RBG 最強の85才
◆ドキュメンタリー映画賞(短編)
Black Sheep
End Game
Lifeboat
A Night at the Garden
Period. End of Sentence.
◆短編映画賞(実写)
Detainment
Fauve
Marguerite
Mother
Skin
◆短編映画賞(アニメーション)
Animal Behaviour
Bao
Late Afternoon
One Small Step
Weekends




Oscar Buzz
批判が増す一方だった授賞式4部門の発表方式だが、映画芸術科学アカデミーは遂に決定を撤回、全ての部門を生中継する声明を発表(2/16)
主題歌賞候補を聴く。「Shallow」アリー スター誕生)はこちら(2/16)
主題歌賞候補を聴く。「The Place Where Lost Things Go」メリー・ポピンズ リターンズ)はこちら(2/15)
授賞式の4部門をコマーシャルブレイクに発表するという試みに対する波紋はますます拡大中。マーティン・スコセッシクエンティン・タランティーノジョージ・クルーニーブラッド・ピットら大物も批判。アメリカ撮影監督組合賞(ASC)はこの試みに反対する映画人の現時点でのリストを紹介。こちら。また、アメリカ編集監督組合(AEC)のトップ、スティーヴン・リフキンも、授賞式の時間短縮に理解を見せつつも、今回の決定を変えるよう求める声明を発表(2/15)
2月第2週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(2/14)
アカデミー賞において、コマーシャルブレイク中に4部門を発表するという試みに対する批判の声止まず。関係部門以外からも批判が相次いでいる他、有名どころではスパイク・リーギレルモ・デル・トロアルフォンソ・キュアロンエドガー・ライトジャド・アパトウらが激しく反対表明。IATSEのリーダー、マシュー・D・ローブも強く抗議している(2/14)
4部門のコマーシャルブレイクでの受賞発表が伝えられたが、その1部門である撮影賞に関係する撮影監督組合(ASE)会長キース・ヴァン・オーストロムは「大変な不幸」であり「簡単には容認できない」との声明を380人のメンバーに送付した模様(2/13)
主題歌賞候補を聴く。「I'll Fight」RBG 最強の85才)はこちら(2/13)
伝えられていたように、今年の授賞式より複数部門の受賞の瞬間が生中継されない。今年は撮影賞、編集賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞、短編映画賞(実写)の4部門がコマーシャルブレイク中に発表される。来シーズンはまた、別の部門が生中継されないことになる模様。なお、アカデミー会長のジョン・ベイリーは撮影監督分科会に所属している。zzz...(2/12)
Peopleによるグラミー賞授賞式ベストドレスギャラリー。こちら(2/12)
主題歌賞候補を聴く。「All the Stars」ブラックパンサー)はこちら(2/11)
第61回グラミー賞が発表。映画関連の結果は以下の通り()

◆Best Music Film:クインシーのすべて
◆Best Compilation Soundtrack for Visual Media:グレイテスト・ショーマン
◆Best Score Soundtrack for Visual Media:ブラックパンサー
◆Best Song Written for Visual Media:「Shallow」(アリー スター誕生)
ショーン・ペンが書く『アリー スター誕生』ブラッドリー・クーパー監督)への思い。Deadline掲載の記事はこちら(2/10)
新作 Box Office 金曜日速報(2/10)

1. レゴ®ムービー2 $8,500,000(4303)
2. What Men Want $6,600,000(2912)
3. Cold Pursuit $3,643,000(2630) zzz...
4. The Prodigy $2,019,993(2530) zzz...

※予測。
 「レゴ®ムービー」(14年)の続編『レゴ®ムービー2』が初日首位。850万ドルという数字は前回の1,709万ドルから大きく数字を落としたもので、3日間成績は3,000万ドルを超えた付近になるはず。前作以降もレゴ関連映画は2本封切られていて、おそらく観客にも飽きが来ていると思われる。製作費9,900万ドルの回収ができるか否か。

 今週の本当の勝者はタラジ・P・ヘンソン主演の『What Men Want』かもしれない。週末成績は1,800万ドル程か。既に製作費2,000万ドルの回収は約束され、もし持久力があれば続編が製作されるかもしれない。

 リーアム・ニーソン『Cold Pursuit』は期待外れのオープニング、3日間では1,000万ドル前後に終わるだろう。近年のニーソン映画の中でも低調な成績。ニーソンが大昔の「ある体験」を話したことが論争を巻き起こしているが、その影響があったのかどうかは…???

 ホラー映画『The Prodigy』も苦しい初日。週末成績は600万ドルに届かないか。ただ、こちらは製作費自体が600万ドルに抑えられているので、赤字にはならない。




My Movie Rating February 16, 2019
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
ブルーイグアナ 500万ポンドの獲物 [WOWOW]
★★ ダイヤモンド争奪戦を巡る、既視感たっぷりの犯罪コメディ。オリジナリティを捻り出そうという工夫の跡が一切見られず。中間管理職のような悪党にいちばんのシンパシー。
A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー
★★★ 徹底してゴーストの視点を守るのが面白い。人ではなく家に囚われ、それゆえ時空まで超える大胆不敵さもあり。ゴーストの白いシーツに浮かぶ詩情、侮り難し。
ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
★★★ 一作目とは趣を不敵に変えて「物語を語る」ことに重点。謎の暗殺者の内面や過去を描く試みは成功半分・失敗半分。やや現実感から切り離された外観に。
ビリオネア・ボーイズ・クラブ
「金が大好き」「金により力を手にしたい」と思う以外に特徴のないボーイズたちに呆れ。金がドラマのうねりを生み出すことがないのもどうか。
嘘はフィクサーのはじまり
★★★ 可笑しみ漂う主人公の綱渡り人生に、次第に哀しみを浮かび上がらせるところに技あり。欲望に人の器は関係ないことが良く分かる。結末には更なるはったりが欲しい。








OSCAR PLANET

TADA-Counter
since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 11.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2019. Yoshi All Right Reserved.