OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: September 21, 2017


9/21 外国語映画賞デンマーク出品作が『You Disappear』、キルギスタン出品作が『Centaur』に決定

9/20 外国語映画賞アルジェリア、フランス、インドネシア、イラン、イスラエル、ラオス、ペルー、スロヴェニア出品作が決定

9/19 外国語映画賞アルバニア出品作が『Daybreak』、カンボジア出品作が『最初に父が殺された』に決定

トロント映画祭各賞発表  外国語映画賞パキスタン出品作が決定  外国語映画賞モロッコ出品作が決定

Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
ニュース
Schedule
new スケジュール
Pre-Oscar Awards
new 前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
new 予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




Oscar Buzz
9月第3週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(9/21)
サンタバーバラ映画祭にて『Victoria and Abdul』スティーヴン・フリアーズ監督)のジュディ・デンチがカーク・ダグラス賞を受賞へ。同映画祭の各賞の受賞者はオスカーに絡みやすいことで知られている(9/21)
ケイト・ウィンスレット『Wonder Wheel』ウッディ・アレン監督)で演じるのは元女優役と言われている。業界受けは確実との声(9/20)
『グレイテスト・ショーマン』マイケル・グレイシー監督)が賞レースに絡むことがあるとするなら技術部門になるのではないかとの声(9/20)
『Last Flag Flying』リチャード・リンクレイター監督)にスティーヴ・カレル主演プッシュ、ブライアン・クランストンローレンス・フィッシュバーン助演プッシュ説あり(9/19)
トロント映画祭にて『Mary Shelley』ハイファ・アル=マンスール監督)がプレミア上映されたが、否定派優勢。エル・ファニングの主演女優賞BUZZは急激に下降中(9/19)
『The Florida Project』ショーン・ベイカー監督)はトロント映画祭でも大好評。ウィレム・デフォーはますますBUZZを盛り上げていて、助演男優賞候補はほぼ確実か(9/18)
トロント映画祭にて『The Death of Stalin』アーマンド・イアヌッチ監督)がプレミア上映され、高評価獲得。オスカー好みの内容ではないが、脚色賞候補の可能性を指摘されている(9/18)
トロント映画祭にて『On Chesil Beach』ドミニク・クック監督)がプレミア上映されたが、批評はさほど伸びず。シアーシャ・ローナンはこれで高評価作『Lady Bird』グレタ・ガーウィグ監督)との票割れが避けられる?(9/17)
新作 Box Office 金曜日速報(9/17)

2. American Assassin $5,760,000(3154)
3. マザー! $3,100,000(2368) zzz...

※予測。
 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が2週目成績で6,000万ドル前後が狙えるという快進撃を続けている。次週にも2億ドル超え確実。

 新作2本はその陰に隠れてしまった感。『American Assassin』の3日間成績は1,500万ドル前後に落ち着くだろう。3,000万ドルという製作費やディラン・オブライエンのスターパワーを考慮すると、ただ、決して悪くはないか。何とか5,000万ドル付近まで伸びたいところ。CinemaScoreはB+。

 批評家からは好意的に迎えられた『マザー!』は極めて苦しい出足。週末成績は1,000万ドルに届かないだろう。エマ・ストーンと並ぶ、現時点でのハリウッドの女王と言って良いジェニファー・ローレンス主演作であることを考えれば、明らかに物足りない結果だが、これはローレンスのせいというよりも、内容が観る人を選ぶそれであることが大きいだろう(もちろんダーレン・アロノフスキー的)。その証拠にCinemaScoreは滅多にお目にかかれないFという驚愕のアルファベットが報告されている(大抵の映画はB以内に収まる。そしてBをつけられると、出来映えに疑問符を持たれる)。大衆性も大きな意味を持つオスカーでは、これは大きなマイナスになる。
『The Disaster Artist』ジェームズ・フランコ監督・出演)はトロント映画祭でも大好評。フランコの主演男優賞BUZZはじわじわ上昇中。混戦のレースに食い込めるか否か(9/16)
トロント映画祭にて『Euphoria』リサ・ラングセット監督)がプレミア上映されたが、批評はイマイチ。アリシア・ヴィキャンデルの初プロデュースは苦いものに終わりそうな気配濃厚(9/16)
ヨーロッパ映画賞にてジュリー・デルピーがワールド映画賞を受賞することが決定(9/16)
AFI映画祭クロージング上映作が『All the Money in the World』リドリー・スコット監督)に決定。BUZZはじわじわ上昇中で、ミシェル・ウィリアムスケヴィン・スペイシーマーク・ウォルバーグの演技賞レース参戦が囁かれ始めている(9/15)
3月公開が設定されている『The Upside』ニール・バーガー監督)だが、ワインスタイン・カンパニーはトロント映画祭での反応を見て、賞レース参戦を狙った年内先行公開を計画しているとの噂あり(9/15)
トロント映画祭にて『Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House』ピーター・ランデスマン監督)がプレミア上映されたが、批評は伸び切らず。リーアム・ニーソンダイアン・レインら実力派のアンサンブルは見ものだが、ジャーナリスト出身のランデスマンの演出は映画監督のそれではないとの声。賞レース後退へ(9/15)




My Movie Rating September 20, 2017
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
ビニー 信じる男
★★★ 純然たるファイターである主人公をきびきび描写。痛みの中に生を感じ取る描写の数々がシンプルでリッチ。マイルズ・テラーの渾身の演技に見入る。
怪盗グルーのミニオン大脱走
★★ 登場人物にそれぞれ物語を持たせたために、全体の印象が散漫に。グルーとドルーの話に絞っても良かったのでは?クライマックスが怪獣映画風なのも不満。
カーズ クロスロード
★★★ 同じ志を持つ者たちがバトンを受け渡していく際の、美しさ・寂しさを捉えるあたりはさすがピクサー。熱量が主役ふたりに集中し過ぎた嫌いあり。
ジョン・ウィック:チャプター2
★★★ 相変わらず徹底される殺し屋の世界の細部がユーモアを生み出す。アクションのヴァリエーションも増えているが、やっぱりガンアクションがベスト。
ライフ
★★★ 「エイリアン」(79年)+「ゼロ・グラビティ」(13年)。凝ったクルーの死に様がいちばんの見どころか。大オチの悪夢がなかなか好み。








OSCAR PLANET

TADA-Counter
since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 8.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2017. Yoshi All Right Reserved.