OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: July 25, 2017


Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




Oscar Buzz
『Detroit』キャスリン・ビグロー監督)は強力アンサンブルに支えられた実話ドラマ。アーリーレヴューではレイシストの景観を演じるウィル・ポールターへの注目が高いか(7/25)
邦題決定。『Jigsaw』『ジグソウ:ソウ・レガシー』マイケル・スピエリッグピーター・スピエリッグ監督、トビン・ベル出演(7/25)
第74回ヴェネチア国際映画祭の審査員が発表。エドガー・ライトレベッカ・ホールイルディゴ・エンエディミシェル・フランコアンナ・ムグラリスデヴィッド・ストラットンジャスミン・トリンカヨン・ファン…。なお、審査員長はアネット・ベニングが務めることが発表されている(7/24)
『Detroit』キャスリン・ビグロー監督)のアーリーレヴューが発表されているが、現時点では好意的見解で占められている。賞レース参戦の期待が高まっている(7/24)
『Phantom Thread』ポール・トーマス・アンダーソン監督)のBUZZが上昇中。ダニエル・デイ=ルイスの主演男優賞候補はかなり堅いとの声(7/23)
新作 Box Office 金曜日速報(7/23)

1. ダンケルク $19,800,000(3720) Great!
2. Girls Trip $11,680,000(2591) Great!
3. Valerian and the City of a Thousand Planets $6,520,000(3553)

※予測。
 クリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』が初日だけで2,000万ドル近い興収を上げるストロングスタート。週末成績は5,000万ドル超えが狙えるのではないか。戦争を扱った作品としては異例の大ヒットで、これはもう、批評家の大絶賛評が効いていると思われる。CinemaScoreもA-と優秀。批評、興行成績という重要要素で結果を残した本作は、賞レースの目玉コンテンダーのひとつとして要注目になるだろう。

 『Girls Trip』も3日間で3,000万ドル前後が狙える強力スタート。スター女優はクイーン・ラティファぐらいしか出ていないものの、アフリカ系版「セックス・アンド・ザ・シティ」、或いはアフリカ系版「ハングオーバー!」と言われる内容は批評家にも大受けで、CinemaScoreに至ってはA+を獲得している。メガヒットへの発展も十分可能ではないか。そしてその先にはシリーズ化が見える。

 リュック・ベッソン『Valerian and the City of a Thousand Planets』は上位2本と較べるとパワー不足に映る。主演俳優のスターパワーを考えると上々と見るべきなのかもしれないが、製作費は2億ドルを超えると見られていて、それに見合った初日成績ではない。3日間では2,000万ドルに届かないだろう。CinemaScoreもB-と不安な結果になっている。
『Call Me by Your Name』ルカ・グァダニーノ監督)のBUZZは依然強力。アーミー・ハマーの演技賞BUZZも上昇傾向にあり(7/22)
邦題決定。『The Boss Baby』『ボス・ベイビー』トム・マクグラス監督、アレック・ボールドウィンマイルズ・バクシジミー・キンメルリサ・クドロースティーヴ・ブシェーミ声の出演(7/22)
カンヌ映画祭では期待ほどには批評が伸びなかった『Wonderstruck』トッド・ヘインズ監督)だが、アメリカ公開時にはBUZZ再点火が確実視されている(7/21)
タイトル変更。『Granite Mountain』『Only the Brave』ジョセフ・コシンスキー監督、ジョシュ・ブローリンジェフ・ブリッジスマイルズ・テラーテイラー・キッチュジェニファー・コネリーアンディ・マクドウェル出演(7/21)
7月第2週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(7/20)
来年公開と思われたリドリー・スコット監督、ミシェル・ウィリアムスケヴィン・スペイシーマーク・ウォルバーグ出演のスリラー・ドラマ『All the Money in the World』が12月8日公開、賞レース参戦へ。現在撮影中という急ピッチ作業で完成に漕ぎ着ける見込み(7/20)
『ダンケルク』クリストファー・ノーラン監督)はアンサンブル色が強く(それが極めて強力)、俳優陣は等しく素晴らしい。その中にあえて演技賞チャンスがある者がいるとするなら、それはマーク・ライランスになるとの見方が支配的(7/19)
邦題決定。『Get Out』『ゲット・アウト』ジョーダン・ピール監督、ダニエル・カルーヤアリソン・ウィリアムスキャサリン・キーナー出演(7/19)




My Movie Rating July 25, 2017
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
ブロークン 過去に囚われた男 [DVD]
★★ 物語ではなく主人公の枯れた佇まいを楽しむ映画。アル・パチーノに気難しい役は合っているが、見慣れた光景。鍵が象徴的に使われるのは巧い。
フェンス [DVD]
★★ 高圧的なデンゼル・ワシントンの演技に辟易。画面にも圧迫感が伝染、舞台から映画への変換が上手くできていないことをあからさまにする。次男役が救い。
ロスト・エモーション [DVD]
★★ 最初から世界観の否定から入り感情を持つ大切さを説くも、やたら美しく綺麗に撮ることを意識した画の羅列では説得力に欠ける。主人公ふたりの体温を感じさせて。
ロンドン・ロード ある殺人に関する証言 [WOWOW]
★★ 異色ミュージカルだが、基になった舞台劇をそのまま映像に映しただけにしか見えない。話に抑揚はなく、歌も胸に残らず。スノッブ臭が漂うのも難。
怪物はささやく
★★★ お涙頂戴に流されない大人の芸の数々を堪能。とりわけアニメーション部分の出来映えが素晴らしい。「怪物」が感じさせる癒しも大人っぽい味わい。








OSCAR PLANET

TADA-Counter
since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 8.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2017. Yoshi All Right Reserved.