OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: June 17, 2019


 Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
new ニュース
Schedule
new スケジュール
Pre-Oscar Awards
前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




Oscar Buzz
サンダンス映画祭でBUZZが沸騰、オスカーコンテンダーと言われる『The Report』スコット・Z・バーンズ監督)だが、配給のアマゾンは劇場公開後、僅か2週間でネット配信をスタートさせる見込み。Netflixアレルギー会員はこちらにも眉をひそめるのではないかと言われている。アダム・ドライヴァーアネット・ベニングらの演技賞に暗雲?(6/17)
ヴェネチア国際映画祭にてペドロ・アルモドヴァルが栄誉金獅子賞を受賞へ。アルモドヴァルは今年『Pain and Glory』にて各映画賞レース参戦が確実視されている(6/17)
邦題決定。『Shaft』『シャフト』。ティム・ストーリー監督、サミュエル・L・ジャクソンジェシー・T・アッシャーリチャード・ラウンドトゥリー出演。Netflix配信(6/16)
新作 Box Office 金曜日速報(6/16)

1. メン・イン・ブラック インターナショナル $10,400,000(4224)
4. シャフト $2,730,000(2852) zzz...
11. The Dead Don't Die $920,000(613)

※予測。
 前週に引き続き続編対決の週末。初日覇者となったのはキャストを一新して登場したSFコメディシリーズ最新作『メン・イン・ブラック インターナショナル』。…なのだが、金曜日売り上げは1,040万ドルに留まる極めて厳しい出足。何しろこの数字には木曜日ナイト上映分の310万ドルも含まれている。週末成績は2,500万ドルにも届かないかもしれない(順位を『ペット2』に逆転される可能性すらある)。製作費は1億1,000万ドル。いかに海外興収で挽回できても、シリーズ続行は難しいだろう。なお、CinemaScoreはB。批評家の支持も得られず。クリス・ヘムズワーステッサ・トンプソンはがっくり無念。ラジー賞こんにちは。

 もっと悲惨なのは『シャフト』。3日間売り上げは750万ドル前後に終わるはずで、まさかの1,000万ドル割れ。時代が19年も前のため単純比較はできないが、同タイトルの前作(00年)の初週成績が2,171万ドルだったことを考えると、もはや全く求められていなかった続編と言えるのかもしれない。CinemaScoreがAと悪くなかったのは救いだろうか(批評家の反応はよろしくない)。

 中規模公開スタートとなった『The Dead Don't Die』も苦しい立ち上がり。週末成績は250万ドル付近だろう。ゾンビ映画とは言え、監督はジム・ジャームッシュ。一般受けは難しかった。
MTV映画&TV賞にてドウェイン・ジョンソンがジェネレーション賞を受賞へ。ジョンソンは間もなく『ワイルド・スピード スーパーコンボ』デヴィッド・リーチ監督)が封切りになる(6/15)
邦題決定。『Doctor Sleep』『ドクター・スリープ』マイク・フラナガン監督、ユアン・マクレガーレベッカ・ファーガソン、クリフ・カーティス出演(6/15)
『トイ・ストーリー4』ジョシュ・クーリー監督)のレヴューが一斉解禁され、絶賛に次ぐ絶賛、今年最強の嵐を巻き起こしている。アメリカの国民的アニメーションシリーズの名に恥じない完璧な仕上がり。「トイ・ストーリー3」(10年)で美しく完結したシリーズを再起動させる価値は、確かにあったと納得させる充実の出来映えで、誰もが感涙必至の展開が待っているという。アニメーション映画賞レースで他を圧倒することは確実。もしかするとオスカーでは主要部門に絡んでくるかも!?(6/14)
『Shaft』ティム・ストーリー監督)のレヴューが一斉解禁されたが、批評家の反応は鈍いもので占められている。キャラクターの魅力は維持されているものの、それは過去の遺産によるものであり、全体としては懐かしいというより古臭いとの声が大きい。間もなく明らかになる『メン・イン・ブラック インターナショナル』とのBoxOffice続編対決はいかに…?(6/14)
6月第1週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(6/13)
『メン・イン・ブラック インターナショナル』F・ゲイリー・グレイ監督)のレヴューが一斉解禁されたが、残念、評価は伸びず、否定派優勢。クリス・ヘムズワーステッサ・トンプソンのケミストリーと相変わらずのその世界観の魅力は認められているものの、シリーズを新たに輝かせる工夫は見当たらないとのこと。さて、では興行成績は…?(6/13)
ナタリー・ポートマンが帰還した宇宙飛行士を演じる『Lucy in the Sky』ノア・ホーリー監督)は撮影が非常に印象的との噂。ポリー・モーガンが撮影を担当(6/12)
邦題決定。『Yesterday』『イエスタデイ』ダニー・ボイル監督、ヒメーシュ・パテルリリー・ジェームズケイト・マッキノン出演(6/12)
Netflix映画『The Irishman』マーティン・スコセッシ監督)が秋の各映画祭に出品されるとの噂。ヴェネチアかトロント、或いはテルライドでデビュー?!(6/11)
最近発表のBox Officeでは『ペット2』『X-MEN:ダーク・フェニックス』の不発が大きく伝えられる中、限定封切の『Late Night』ニーシャ・ガナトラ監督)と『The Last Black Man in San Francisco』ジョー・タルボット監督)が高アヴェレージを記録。前者はゴールデン・グローブ賞、後者はインディペンデント・スピリット賞の有力コンテンダーへ。もしかするとオスカーも…?(6/11)




My Movie Rating June 17, 2019
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
ROMA ローマ
★★★★ 個人史とメキシコの文化や時代の流れが、これ以上なく美しい融合を見せる。静かでも豊かなモノクロの映像の世界観に引きずり込まれ、ヒロインの感情を追体験する。
運び屋
★★★★ いつになくチャーミングなクリント・イーストウッドが余裕たっぷりにブツを運ぶ快楽。人生の様々な家庭で刺さった棘の痛みに立ち向かう主人公に激しく共感。
シンプル・フェイバー
★★★ 話の真相やどんでん返しよりも、その世界観こそに魅力あり。とりわけ主演女優ふたりの対比が効果的。生々しく俗っぽく欲望塗れのそれが、魅力的なチープさに染まる。
グリーンブック
★★★ 個と個が向き合うときの、何物にも変えられない宝石が良い話風にまとめられる。大袈裟に騒ぎ立てないのが、この場合最善だったはず。オッサンふたりが可愛い。
移動都市 モータル・エンジン
★★ 巨大都市同士の対決が冒頭にしか出てこないなんて、なんて勿体ないことを…。ロンドンと並ぶ巨大都市を何故出さない?残るのは既視感を覚える画と物語の羅列。








OSCAR PLANET

TADA-Counter
since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 11.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2019. Yoshi All Right Reserved.