OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: June 27, 2022


Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
new ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




Oscar Buzz
カンヌ国際映画祭が閉幕してからしばらく経つが、上映作の中でも最も話題を呼んだ作品の一本『Decision to Leave』パク・チャヌク監督)のBUZZが鳴りやまない。“第二の「パラサイト 半地下の家族」”となるのか、注目される。ただし、本作は娯楽色が「パラサイト」よりもより強く、賞向きではないとも言われている(6/27)
『Where the Crawdads Sing』オリヴィア・ニューマン監督)は差別問題を扱ったミステリー・ドラマ。娯楽作でありながらドラマ性もたっぷり、昔ながらのハリウッド映画の魅力ありとの噂(6/27)
『エルヴィス』バズ・ラーマン監督)のオースティン・バトラーの主演男優賞BUZZが依然上昇中。もしオスカーが上半期だけが対象なら、軽々受賞に漕ぎ着けるとの声(6/26)
コロナ禍の影響もあり公開延期が続いていた『Nest Goal Wins』タイカ・ワイティティ監督)だが、今年後半には封切られる予定。賞レースポテンシャルも具えているとの噂があるが、果たして…(6/26)
『The Fablemans』スティーヴン・スピルバーグ監督)は11月11日よりニューヨークとロサンゼルスで限定先行公開、11月23日感謝祭ウィークに拡大公開する戦略。これは典型的な賞レース狙い映画の公開パターン。配給会社の自信が窺える(6/25)
『Women Talking』サラ・ポーリー監督)はブラッド・ピット率いるPlan Bがかなり力を入れている。賞レースの台風の目になるのではないかとの声(6/25)
『グレイマン』アンソニー・ルッソジョー・ルッソ監督)はライアン・ゴズリングクリス・エヴァンスアナ・デ・アルマスの3大スター共演の娯楽作。Netflix夏の目玉の一本になるとの声(6/24)
ヨルゴス・ランティモス監督、エマ・ストーンマーク・ラファロウィレム・デフォー出演のスリラー『Poor Things』の公開が2023年へ延期。Goodbye, Oscar...(6/24)
6月第3週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(6/23)
マイケル・B・ジョーダン監督・主演のドラマ『Creed III』が2022年11月から2023年3月へ公開延期。Goodbye, Oscar...(6/23)
『ブロンド』アンドリュー・ドミニク監督)はマリリン・モンローを主人公にハリウッドの悪夢を描き出す作品。アナ・デ・アルマスの演技は要注目。公開延期が続いていて出来映えが心配されているが、実はNetflixがかなり自信を持っているという噂も…(6/22)
『The Son』フローリアン・ゼレール監督)が出演俳優たちの演技合戦になっているとの噂あり。ヒュー・ジャックマンローラ・ダーンヴァネッサ・カービーアンソニー・ホプキンスフランキー・フェイソン出演(6/22)
サーチライトが有力作を多数抱えていることから『Poor Things』ヨルゴス・ランティモス監督)に2023年公開が延期されるのではないかとの見方あり(6/21)
『ブラック・フォン』スコット・デリクソン監督)はスティーヴン・キング映画のようなレトロホラーの魅力あり。ホラー映画ファン以外にもアピールするとの声(6/21)




My Movie Rating June 27, 2022
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
フレッシュ [配信]
★★★ スプラッターホラーにコメディやロマンスの養分を愉快に注入。クライマックスには単純化されない#MeTooの香り。デイジー・エドガー=ジョーンズに新星誕生の輝き。
ナイト・ハウス [配信]
★★★ お化け屋敷映画のように始まるものの、そこから物語は観客の想像力を信じたツイストを見せる。ホラー映画でありながらロマンス映画。レベッカ・ホールが適役。
あの夏のルカ [配信]
★★★ ピクサーが敢えて誰もが見たことのある世界で勝負。どこかで見た話でも語る価値があると信じる者による煌めきあり。郷愁への向き合い方が丁寧で優しい。
タミー・フェイの瞳 [配信]
★★★ タミー・フェイの人生ダイジェスト版のようでエピソードは踏み込み不足。ただし、ジェシカ・チャステインのおかげでフェイの人物像は濃厚に。信じるものがある者は強い。
シラノ
★★★ 少女漫画な設定をそれだけに終わらせない古典の魅力とピーター・ディンクレイジの魅力を華麗にキャッチ。ジョー・ライトらしい長回しを中心に映画的話法への変換に成功。








OSCAR PLANET


since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Microsoft Edgeで動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2022. Yoshi All Right Reserved.