OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: October 23, 2019


10/23 ハリウッド映画賞各賞発表中。演技賞一斉発表
アントニオ・バンデラス、レニー・ゼルウィガー、アル・パチーノ、ローラ・ダーンが受賞へ

 Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
new ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
new 前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




Oscar Buzz
『ターミネーター:ニュー・フェイト』ティム・ミラー監督)のアーリーリアクションは上々。「ターミネーター2」(91年)以来最高のターミネーター映画との声が飛び出している模様(10/23)
Netflixは今年、強力作を多数抱えていて、比較的地味な内容の『2人のローマ教皇』フェルナンド・メイレレス監督)へのプロモーションが十分になされないのではないかと危惧する声あり(10/23)

『フォードvsフェラーリ』ジェームズ・マンゴールド監督)のクリスチャン・ベールは主演プッシュへ。共演のマット・デイモンも主演プッシュの見込み。主演男優賞はますます混戦へ(10/22)
『ドクター・スリープ』マイク・フラナガン監督)の公開が迫っているが、プロモーションが巧く機能していないのではないかと危惧する声あり(10/22)

『Hustlers』ローリーン・スカファリア監督)のジェニファー・ロペスは来年のスーパーボウル、ハーフタイムショーへの出演が決まっているが、これに対する期待や評価がオスカー投票に影響を与えるのではないかとの見方あり(10/21)
アカデミー会員に向けて送られるスクリーナーの今年の第一号はドキュメンタリー映画『おしえて!ドクター・ルース』ライアン・ホワイト監督)。続くのはアニメーション映画『ペット2』クリス・ルノー監督)…(10/21)
10月17日グリークシアターにて『ロケットマン』デクスター・フレッチャー監督)で取り上げられたエルトン・ジョンの楽曲を演奏するスペシャルコンサートが開催。ジョンの他、主演男優タロン・エガートンがパフォーマンス。ハリウッド・シンフォニー・オーケストラがフィーチャーされた。オスカーキャンペーンも兼ねて行われたと見られている(10/20)
新作 Box Office 金曜日速報(10/20)

1. マレフィセント2 $12,500,000(3790)
2. ゾンビランド:ダブルタップ $10,550,000(3468) Good!
-. ジョジョ・ラビット $138,000(5) Great!

※予測。
 ハロウィンを大いに意識した続編対決の週末を制したのは『マレフィセント2』。初日売り上げ1,250万ドルは一作目(14年)の2,429万ドルを1,000万ドル以上下回るもので、週末成績は3,800万ドル前後に落ち着くと思われる。決して悪くない数字に思えるのだが、製作費が実に1億8,500万ドルもかけられていることを考えると喜べない数字であることは確か。海外興収は伸びるはずなので赤字にはならないが、やや期待外れの出足だろう。三作目があるかどうかは微妙なところ。CinemaScoreはAと優秀。

 『ゾンビランド:ダブルタップ』は週末3日間で2,600万ドル前後が狙える初日。一作目(09年)は初日944万ドル、週末2,473万ドルという数字だった。製作費が4,200万ドルに抑えられていること、10年というブランクを考えれば上々の結果ではないか。スペシャル…な結果ではないが…。なお、こちらはCinemaScoreはB+と伸びてない。批評家の判定では『マレフィセント2』よりも好評なのだが…。

 トロント国際映画祭観客賞を受賞して俄然注目度が増している『ジョジョ・ラビット』は5館で封切られ、一館あたり27,600ドルを稼ぎ出す大ヒットスタート。拡大公開の成功、そしてオスカーレースの席捲に希望が持てるオープニングと言って良い。
『ジョジョ・ラビット』タイカ・ワイティティ監督)からスカーレット・ヨハンソントーマサイン・マッケンジーが助演女優賞レース参戦へ。どちらがより支持を集めるか、見方が割れている(10/19)
ベン・ザイトリン監督作『Wendy』の公開日が2020年2月20日に決定。Goodbye, Oscar...(10/19)
各映画祭でさほど評価が伸びなかった『ジョジョ・ラビット』タイカ・ワイティティ監督)のBUZZがいよいよ拡大中。本当に作品賞受賞を実現する可能性を指摘されている(10/18)
ピープルズ・チョイス賞にてジェニファー・アニストンがアイコン賞を受賞へ(10/18)
10月第2週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(10/17)
ヨーロッパ映画賞アニメーション映画賞ノミネーション先行発表。以下の通り(10/17)

Buñuel in the Labyrinth of the Turtles
失くした体
Marona's Fantastic Tale
The Swallows of Kabul




My Movie Rating October 23, 2019
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
インスタント・ファミリー 本当の家族見つけました [DVD]
★★★ ありふれた泣かせ映画に見えて、隅々まで登場人物のハートが本当らしく感じられる作り。現実を正直に見つめ、だからこそ雑踏の小さな花に気づく「家族」に好感。
ギャング・イン・ニューヨーク [DVD]
せっかくジョン・ゴッティを取り上げるのに、何故彼が民衆に愛されたのか、さっぱり分からない。全ての時代を網羅しようとして薄くなった典型的な失敗伝記映画。
ゴールデン・リバー
★★★ メインの四人のキャラクターが立ち、信頼と猜疑心が入り混じる彼らの関係が生き物のように動くのがミソ。ゴールドラッシュを接着剤に使ったのも上手い。
ピアッシング
★★★ 変態と変態の対決を変態が観察した映画。男に愛嬌があり、女のロマコメヒロイン風振る舞いも楽しい。現実と幻想の狭間の揺らぎにも見入る。
COLD WAR/あの歌、2つの心
★★★★ モノクロームの撮影。何度も歌われる「2つの心」。主演ふたりの佇まいに映される男女の磁力。大胆不敵な編集が全てをまとめ上げ、忘れられない恋模様に。








OSCAR PLANET


since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 11.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2019. Yoshi All Right Reserved.