OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: April 08, 2020


第92回アカデミー賞ノミネーション一覧  Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




第92回アカデミー賞
The 92nd Annual Academy Awards
February 09, 2020
◆作品賞
1917 命をかけた伝令
フォードvsフェラーリ
アイリッシュマン
ジョジョ・ラビット
ジョーカー
ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
マリッジ・ストーリー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
パラサイト 半地下の家族
◆監督賞
ポン・ジュノ(パラサイト 半地下の家族)
サム・メンデス(1917 命をかけた伝令)
トッド・フィリップス(ジョーカー)
マーティン・スコセッシ(アイリッシュマン)
クエンティン・タランティーノ(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
◆主演男優賞
アントニオ・バンデラス(ペイン・アンド・グローリー)
レオナルド・ディカプリオ(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
アダム・ドライヴァー(マリッジ・ストーリー)
ホアキン・フェニックス(ジョーカー)
ジョナサン・プライス(2人のローマ教皇)
◆主演女優賞
シンシア・エリヴォ(ハリエット)
スカーレット・ヨハンソン(マリッジ・ストーリー)
シアーシャ・ローナン(ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語)
シャーリズ・セロン(スキャンダル)
レニー・ゼルウィガー(ジュディ 虹の彼方に)
◆助演男優賞
トム・ハンクス(A Beautiful Day in the Neighborhood)
アンソニー・ホプキンス(2人のローマ教皇)
アル・パチーノ(アイリッシュマン)
ジョー・ペシ(アイリッシュマン)
ブラッド・ピット(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
◆助演女優賞
キャシー・ベイツ(リチャード・ジュエル)
ローラ・ダーン(マリッジ・ストーリー)
スカーレット・ヨハンソン(ジョジョ・ラビット)
フローレンス・ピュー(ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語)
マーゴット・ロビー(スキャンダル)
◆脚本賞
1917 命をかけた伝令
ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密
マリッジ・ストーリー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
パラサイト 半地下の家族
◆脚色賞
アイリッシュマン
ジョジョ・ラビット

ジョーカー
ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
2人のローマ教皇
◆撮影賞
1917 命をかけた伝令
アイリッシュマン
ジョーカー
The Lighthouse
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
◆編集賞
フォードvsフェラーリ
アイリッシュマン
ジョジョ・ラビット
ジョーカー
パラサイト 半地下の家族
◆美術賞
1917 命をかけた伝令
アイリッシュマン
ジョジョ・ラビット
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
パラサイト 半地下の家族
◆衣装デザイン賞
アイリッシュマン
ジョジョ・ラビット
ジョーカー
ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
◆メイキャップ&ヘアスタイリング賞
1917 命をかけた伝令
スキャンダル
ジョーカー
ジュディ 虹の彼方に
マレフィセント2
◆視覚効果賞
1917 命をかけた伝令
アベンジャーズ エンドゲーム
アイリッシュマン
ライオン・キング
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
◆録音賞
1917 命をかけた伝令
アド・アストラ
フォードvsフェラーリ
ジョーカー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
◆音響効果賞
1917 命をかけた伝令
フォードvsフェラーリ
ジョーカー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
◆作曲賞
1917 命をかけた伝令
ジョーカー
ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
マリッジ・ストーリー
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
◆主題歌賞
「I Can't Let You Throw Yourself Away」(トイ・ストーリー4)
「(I'm Gonna) Love Me Again」(ロケットマン)
「I'm Standing With You」(Breakthrough)
「Into the Unknown」(アナと雪の女王2)
「Stand Up」(ハリエット)
◆アニメーション映画賞
ヒックとドラゴン 聖地への冒険
失くした体
クロース
Missing Link
トイ・ストーリー4
◆国際長編映画賞
Corpus Christi(ポーランド)
ハニーランド 永遠の谷(北マケドニア)
レ・ミゼラブル(フランス)
ペイン・アンド・グローリー(スペイン)
パラサイト 半地下の家族(韓国)
◆ドキュメンタリー映画賞(長編)
アメリカン・ファクトリー
The Cave
ブラジル 消えゆく民主主義
娘は戦場で生まれた
ハニーランド 永遠の谷
◆ドキュメンタリー映画賞(短編)
In the Absence
Learning to Skateboard in a Warzone (If You're a Girl)
眠りに生きる子供たち
St. Louis Superman
Walk Run Cha-Cha
◆短編映画賞(実写)
Brotherhood
Nefta Football Club
The Neighbors' Window
Saria
A Sister
◆短編映画賞(アニメーション)
Dcera (Daughter)
Hair Love
Kitbull
Memorable
Sister




Oscar Buzz
[NEXT YEAR]クリス・ヘムズワース主演『タイラー・レイク 命の奪還』サム・ハーグレイブ監督)が4月下旬よりNetflixにて公開。映画ファンは劇場で新作を観る機会を奪われているため、かなりの視聴数が見込めるのではないかとの声(4/8)
新コロショックは各映画祭を直撃。既にカンヌ国際映画祭の開催が延期になっているが、模索しているという6月下旬開催も厳しいとの見方は大きく、ヴェネチアやトロントといった大型映画祭も影響を受けること確実との声(4/8)
ディズニー映画『アルテミスと妖精の身代金』ケネス・ブラナー監督)は5月29日からの劇場公開を予定していたが、新コロショックにより映画館での上映を諦め、ストリーミング上映のみになるとのこと。製作費1億2,500万ドルと言われる大作としては異例の決断(4/7)
[NEXT YEAR]今年は女性シンガーを取り上げた映画がたくさん封切られるが、現時点ではジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンを演じる『Respect』リースル・トミー監督)のBUZZが最も盛り上がっている感(4/7)
[NEXT YEAR]『Emma.』オータム・デ・ワイルド監督)は今年封切られた作品の中で注目される一本。評価は高く、興行的にも限定公開されてから劇場が閉鎖されるまで順調に数字を積み重ねてきた。ダークホースとの声(4/6)
[NEXT YEAR]『Nomadland』クロエ・ジャオ監督)の前評判が高い。フランシス・マクドーマンドが主演を飾ることで、ますます注目度が高まっている感(4/6)
[NEXT YEAR]『Mank』デヴィッド・フィンチャー監督)のファーストカットを観た人によると、作品はかなり強力な出来映えにあるという。ゲイリー・オールドマン主演(4/5)
[NEXT YEAR]『Never Rarely Sometimes Always』エリザ・ヒットマン監督)は今年の批評家賞独走の可能性を秘めたインディーズ映画。主演のシドニー・フラニガンはブレイクスルー演技賞総ナメ確実との声(4/5)
新コロショックにより延期されていた作品群の新たなる公開日が続々明らかになっているが、それらからすると各スタジオは夏の大々的な公開を諦め(ただし、『ムーラン』の新公開日は7月24日)、秋口からの本格的興行再開を信じている感。感染が収まってもすぐには映画館に客足は戻らないと言われているが、果たして…。また、オスカーに与える影響は…(4/4)
P!nkの新コロ感染が明らかに。既に新しいテストでは陰性になっているというP!nk姐さんが長文コメントを発表したInstagramはこちら(4/4)
新コロパニックにより3月、4月、5月封切り予定だった作品が次々公開延期を強いられているが、いよいよ6月、7月、8月封切作の延期も目立ってきた。『トップガン マーヴェリック』ジョセフ・コシンスキー監督)は6月24日からクリスマスへと延期。また、8月7日に公開延期となっていた『ピーターラビット バーナバスの誘惑』ウィル・グラック監督)は2021年1月15日へとさらに延期。『クワイエット・プレイス PART II』(ジョン・クラシンスキー監督)は9月4日の新公開日がアナウンスされたが、果たして無事に公開に漕ぎ着けられるか…(4/3)
オスカーを主催する映画芸術科学アカデミーからの新コロパニックに関してのアナウンス。こちら(4/3)
3月第4週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(4/2)
[管理人独り言]

 3月、何とびっくり、新作映画を4本しか観なかった。いや、観られなかった。こんな本数は初めて。

 最初は子どもの動員が期待される作品ばかりが延期になっていたけれど、いよいよ大人向けの作品も容赦なく延期になっている。寂しい。

 寂しいけれど、ホッとしてもいる。びくびくしながら映画を観るなんて、とても健全とは言えないから。

 そして…こんなときこそ、はいー、配信映画の出番でしょう。Netflix映画以外にも配信リリースしかされていない作品があるので、そちらのチェックをすることにしよう。

 皆さん、どうか新コロ対策は万全に。たったひとりの気の緩みが感染大爆発を招くことだってあることを忘れずに(4/3)
新コロパニックで俄かに注目を集めているのがスティーヴン・ソダーバーグがウイルスが蔓延する世界を描いた「コンテイジョン」(11年)。同作に出演したマット・デイモン、ケイト・ウィンスレット、ローレンス・フィッシュバーン、ジェニファー・イーリー、マリオン・コティヤールが、コロンビア大学製作による新コロ解説動画に登場。以下の通り(4/1)

マット・デイモン
ケイト・ウィンスレット
ローレンス・フィッシュバーン
ジェニファー・イーリー
マリオン・コティヤール
[NEXT YEAR]アダム・マッケイ監督とジェニファー・ローレンスが組む『Don't Look Up』は年内公開が予定されているが、まだ撮影に入ることができていない。年内の完成は難しいとの見方が支配的(4/1)




My Movie Rating April 08, 2020
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
テッド・バンディ
★★ 肝心のテッド・バンディに人を惹きつける魅力が感じられずじれったい。彼の蛮行をなかなか明らかにしない作り手の立ち位置も疑問。ザック・エフロンって今もハンサム?
ヒックとドラゴン 聖地への冒険
★★★ これまでほど大胆さはないものの、「共存」の先にあるほろ苦さに作り手の意地が見える。空間設計は相変わらず抜群の冴え。アクション場面、快感。
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
★★★ シリーズの最後を飾るエピソードにしては既視感が強くあっさりし過ぎ。レイとカイロ・レンの掛け合いやバトルは見応えあり。アダム・ドライヴァーは大した役者だ。
ジュマンジ ネクスト・レベル
★★★ 一作目と同じことを繰り返さない…という意思が感じられる設定と展開。特にジイサンふたりをゲームの世界に放り込んだのが巧く機能。今回のMVPはケヴィン・ハート。
ラスト・クリスマス
★★ ジョージ・マイケルの歌声が散りばめられた美男美女の物語を目と耳の保養にしましょう…という映画。物語は可もなく不可もなくだが、「真相」ははっきりと、バカ。








OSCAR PLANET


since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 11.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2019. Yoshi All Right Reserved.