OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: November 22, 2017


11/22 インディペンデント・スピリット賞ノミネーション発表。『Call Me by Your Name』リード
日本から『Oh Lucy!』の寺島しのぶが主演女優賞候補へ

11/21 NAACPイメージ賞ノミネーション発表。『ゲット・アウト』『Girls Trip』『Marshall』リード

Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
new 前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




Oscar Buzz
『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』スティーヴン・スピルバーグ監督)は紛れもない賞レースコンテンダー。メリル・ストリープの主演女優賞勝利を確信する声がちらほら。Really???(11/21)
ゴールデン・グローブ賞授賞式ホストがセス・マイヤーズに決定(11/21)
賞レース参戦を狙って『ダンケルク』クリストファー・ノーラン監督)の劇場再上映が決定(11/20)
アンドリュー・ヘイ監督、チャーリー・プラマースティーヴ・ブシェーミクロエ・セヴィニースティーヴ・ザーン出演のドラマ『Lean on Pete』の公開日が2018年3月18日に決定。Goodbye, Oscar...(11/20)
『IT/イット それが見えたら、終わり。』アンディ・ムスキエティ監督)の出演俳優たちは全員が助演プッシュへ(11/19)
新作 Box Office 金曜日速報(11/19)

1. ジャスティス・リーグ $38,800,000(4051)
2. Wonder $9,650,000(3096) Great!
6. The Star $2,800,000(2837) zzz...

※予測。
 DCコミックのヒーローが結集する『ジャスティス・リーグ』が当然のように初日首位。…なのだが、これが予測を大きく下回るもの。3,880万ドルには木曜の先行売上分となる1,300万ドルも含まれていて、週末成績は1億ドルに到達しない可能性がある。これはヒーロー映画としては今年2番目に低い成績になるようで、配給元にはとっては大誤算と言えるだろう。『ワンダーウーマン』の歴史的大成功により息を吹き返したかのように見えたDCワールドが再び窮地に立たされた感。今後クリスマスに向けて挽回できなければ、後続の『ワンダーウーマン』以外のDCムービーは更なる軌道修正が必要になるはず。ちなみに批評家の反応は「バットマン vs スーパーマン/ジャスティスの誕生」(16年)ほどには辛辣ではない(良くもないが…)。やや調子が明るくなったのが理由と思われる。また、CinemaScoreはB+に留まっている。

 逆にジュリア・ロバーツも出演するファミリー映画『Wonder』が素晴らしい出足。3日間成績は2,700万ドル前後になるだろう。ファミリー映画は腰の強い興行になることが多く、クリスマスに向けて順調な推移が期待される。そしてもしそうなれば、フィールグッドムービー代表として、まさかの賞レース参戦も!?CinemaScoreは驚きのA+。そうなってもおかしくない。

 ソニー製アニメーション『The Star』はかなり厳しい初日。アニメーション映画特有の伸びがあっても、週末成績の1,000万ドル超えは難しいか。批評は悪くないのだが…。
パームスプリングス映画祭にて『Call Me by Your Name』ルカ・グァダニーノ監督)のティモテ・シャラメがライジングスター賞を、『スリー・ビルボード』マーティン・マクドノー監督)のサム・ロックウェルがスポットライト賞を受賞。同映画祭の各賞の受賞者はオスカーに絡みやすいことで知られている(11/18)
インディペンデント・スピリット賞授賞式ホストがニック・クロールジョン・モラニーに決定(11/18)
サプライズヒットを記録した『Girl Trip』マルコム・D・リー監督)の主演女優4人は全員助演プッシュへ。レジーナ・ホールジェイダ・ピンケットクイーン・ラティファ、そしてティファニー・ハディッシュ。この中では最も知名度の低いハディッシュの候補を期待する声が出ている(11/17)
ゴールデン・グローブ賞授賞式でアシスタントを務めるミス(ミスター)ゴールデン・グローブは人気スターの娘(息子)が務めるのが恒例。今年はドウェイン・ジョンソンの娘シモーヌ・ガルシア・ジョンソンに決定。また、同役の名称は今シーズンからゴールデン・グローブ アンバサダーに変更へ(11/17)
11月第2週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(11/16)
サンタバーバラ映画祭にて『Darkest Hour』ジョー・ライト監督)のゲイリー・オールドマンがモダン・マスター賞を受賞。同映画祭の各賞の受賞者はオスカーに絡みやすいことで知られている(11/16)

ゴールデン・グローブ賞にて『ゲット・アウト』ジョーダン・ピール監督)はミュージカル/コメディ部門、『Beatriz at Dinner』ミゲル・アテタ監督)『スリー・ビルボード』マーティン・マクドノー監督)はドラマ部門にカテゴライズ。『Beatriz at Dinner』で候補を狙っていたサルマ・ハエックには厳しい決定か(11/16)
賞レース有力コンテンダーを集めて開催される、The Hollywood Reporter恒例座談会。女優編に参加したのは、メアリー・J・ブライジマッドバウンド 哀しき友情)、ジェニファー・ローレンスマザー!)、ジェシカ・チャステインMolly's Game)、アリソン・ジャニーI, Tonya)、エマ・ストーンBattle of the Sexes)、シアーシャ・ローナンLady Bird)…(11/16)
『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』がいよいよ完成へ。スティーヴン・スピルバーグ監督×メリル・ストリープ×トム・ハンクス。賞レースBUZZが大いに盛り上がってきた感(11/15)
『Phantom Thread』ポール・トーマス・アンダーソン監督)のヴィッキー・クリープスは助演ではなく主演プッシュ。チャンス激減?(11/15)




My Movie Rating November 18, 2017
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
愛を綴る女
★★★ 面倒臭いヒロインだが、彼女を見ていたいと思わせる主演女優の力量。ただし、夫の静かなる愛の形の方が胸に残る。見せ方は陳腐だが…。撮影よろし。
アメリカン・バーニング
★★ 家族の栄光と崩壊をアメリカ近代史に絡ませるという試みが機能せず。監督が題材に近寄り過ぎたの原因か。これでは問題を時代のせいにしているだけに見える。
エタニティ 永遠の花たちへ
★★ 隅々まで計算が行き届いた美。時のそれとして提示されるものの、意外に表情が乏しく感じられるのは人工的だから?三大女優はこれ以上なく美しく撮られているが…。
僕のワンダフル・ライフ
★★★ 決してラッセ・ハルストレムらしい作風ではなく、見せ方も作為的。ただ、それでも犬が表情を変える度に、それに目が釘付け。自分と飼い犬のことを思い出すこと必至。
ブルーム・オブ・イエスタディ
★★ 直接には関係のない戦争で繋がった面倒臭い男女の距離が開いたり縮まったり…が一向に楽くならない。鬱陶しい気配だけが濃くなる展開にゲンナリ。








OSCAR PLANET

TADA-Counter
since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 8.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2017. Yoshi All Right Reserved.