OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: December 04, 2022


12/3 賞レース本格スタート。批評家賞の号砲を鳴らすニューヨークの頂点は『TÁR』へ
S・S・ラージャマウリ(!!!)、コリン・ファレル、ケイト・ブランシェット、キー・ホイ・クァン、キキ・パーマー(!!!)が先陣を切る
アニメーション映画賞は『Marcel the Shell with Shoes On』が獲得

New Predictions [all categories]

Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
new 前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
new 予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




Oscar Buzz
パーム・スプリングス映画祭にて『フェイブルマンズー』スティーヴン・スピルバーグ監督)の監督、およびキャストがthe Vanguard Awardを受賞へ。同映画祭の各賞の受賞者はオスカーにオスカーに絡みやすいことで知られている(12/4)
邦題決定。『The Pale Blue Eye』『ほの蒼き瞳』スコット・クーパー監督、クリスチャン・ベールハリー・メリングジリアン・アンダーソンルーシー・ボイントン出演(12/4)
『自由への道』アントワン・フークワ監督)のレヴューが一斉解禁され、何とか好意的見解優勢。直前BUZZ程には絶賛とはなっていないものの、語るべき物語を映画という芸術の力を使って魅せる、観応えある人間ドラマにしてエンターテイメント。シリアス一辺倒に語るのではなく、サヴァイヴァル・スリラーの側面を押し出したのが吉。ただし、詰め込み過ぎたのが良くなかったか、物語の焦点はボケ気味との指摘多々。いちばんの見ものはウィル・スミスのパフォーマンスで、精神的にも肉体的にも追い詰められる主人公をパワフルに演じ切っている。スミスの演技が作品を観るべき価値ものにしていると言って良いかもしれない。前回のオスカーで失態を見せたスミスは、この作品が色眼鏡で見られること、関係者スタッフが正当に評価されないことを大いに恐れているようだが、どうやら賞レースチャンスはスミスの主演男優賞候補の可能性が最も高いという、皮肉なものになりそう。技術部門は撮影賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞、録音賞あたりにもチャンスがありそうだが…(12/3)
サンタバーバラ映画祭にて『ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー』ライアン・クーグラー監督)のアンジェラ・バセットがthe Montecito Awardを受賞へ。同映画祭の各賞の受賞者はオスカーにオスカーに絡みやすいことで知られている(12/3)
公開時に大いに盛り上がった『Till』シノニエ・チュクウ監督)のダニエル・デッドワイラーの主演女優賞BUZZがやや下降傾向。批評家賞で目立つことで、再び上昇させられるかどうか、注目される(12/2)
邦題決定。『Decision to Leave』『別れる決心』パク・チャヌク監督、タン・ウェイ、パク・ヘイル出演(12/2)
英国インディペンデント映画賞にてサマンサ・モートンがリチャード・ハリス賞を受賞へ(12/2)
邦題決定。『Bones and All』『ボーンズ アンド オール』ルカ・グァダニーノ監督、テイラー・ラッセルティモシー・シャラメマーク・ライランス出演(12/2)
11月第4週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(12/1)
『長ぐつをはいたネコと9つの命』ジョエル・クロフォード監督)のアーリーリアクションが極めて良好。アニメーション映画賞ダークホースに躍り出るか(12/1)
パーム・スプリングス映画祭にて『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』ダン・クワンダニエル・シャイナート監督)のミシェル・ヨーが国際スター賞を受賞へ。同映画祭の各賞の受賞者はオスカーに絡みやすいことで知られている(11/30)
邦題決定。『The Fabelmans』『フェイブルマンズ』スティーヴン・スピルバーグ監督、ガブリエル・ラベルミシェル・ウィリアムスポール・ダノセス・ローゲンジャド・ハーシュ出演(11/30)
『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』ダン・クワンダニエル・シャイナート監督)の賞レースBUZZが依然拡大中。ミシェル・ヨーは主演女優賞受賞の目も出てきたとの見方も…(11/29)
邦題決定。『Roald Dahl's Matilda the Musical』『マチルダ・ザ・ミュージカル』マシュー・ウォーチャス監督、アリーシャ・ウィアーエマ・トンプソンラシャーナ・リンチ出演(11/29)
カニバリズムを扱っていて賞レース好みではないと言われている『Bones and All』ルカ・グァダニーノ監督)だが、それを跳ね飛ばしてマーク・ライランスが助演男優賞候補に挙がるのではないかとの見方あり(11/28)
『その道の向こうに』リラ・ニュージバウアー監督)が予測されている以上に賞レースで強いのではないかとの声(11/28)




My Movie Rating November 19, 2022
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
エルヴィス
★★ オースティン・バトラーは巨星のパフォーマンスを熱演するが、バズ・ラーマンの安っぽい演出のおかげで台無しに。マネジャーの描写はもっとあくどさを見せた方が…。
ブラック・フォン
★★★ 猟奇的誘拐監禁事件に、スーパーナチュラルなカミング・オブ・エイジストーリーが投入される捻り。少年の妹の能力が活かされているとは言えないのが残念。
バズ・ライトイヤー
★★ おもちゃではなく人間になったバズ。これなら実写映画として見せられるのでは?ピクサーならではの独創性もなし。時間の概念が醸す苦味に意地が見えるが…。
ザ・ロストシティ
★★★ サンドラ・ブロックとチャニング・テイタムの相性が最高。勝気な女と彼女に振り回される男の構図が完璧にキマる。ジャングルの夜のハンモック場面、好きだなー。
ベイビー・ブローカー
★★★ 犯罪が根っこにあるのに主要人物の関係が(警察も含めて)家族のそれに見えてくる不思議。この監督の家族観が優しく滲む。俳優が皆、とても良い。








OSCAR PLANET


since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Microsoft Edgeで動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2022. Yoshi All Right Reserved.