OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: January 24, 2020


1/24 ranking:助演男優賞、主演女優賞、主演男優賞、監督賞、作品賞

1/24 授賞式音楽パフォーマンス決定:シンシア・エリヴォ、エルトン・ジョン、
イディナ・メンゼル、クリッシー・メッツ、ランディ・ニューマン

1/22 授賞式プレゼンター決定:マハーシャラ・アリ、オリヴィア・コールマン、レジーナ・キング、ラミ・マレック

Prediction Chart 更新

米映画俳優組合賞(SAG)&米音響効果監督組合賞(MPSE)発表  オンライン映画&テレヴィジョン協会賞候補発表

第92回アカデミー賞ノミネーション一覧  Oscar Score  Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
new 前哨戦
Ceremony
new 授賞式
Predictions
new 予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




第92回アカデミー賞
The 92nd Annual Academy Awards
January 13, 2020 [announcement on February 09]
◆作品賞
1917 命をかけた伝令
フォードvsフェラーリ
アイリッシュマン
ジョジョ・ラビット
ジョーカー
ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
マリッジ・ストーリー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
パラサイト 半地下の家族
◆監督賞
ポン・ジュノ(パラサイト 半地下の家族)
サム・メンデス(1917 命をかけた伝令)
トッド・フィリップス(ジョーカー)
マーティン・スコセッシ(アイリッシュマン)
クエンティン・タランティーノ(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
◆主演男優賞
アントニオ・バンデラス(ペイン・アンド・グローリー)
レオナルド・ディカプリオ(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
アダム・ドライヴァー(マリッジ・ストーリー)
ホアキン・フェニックス(ジョーカー)
ジョナサン・プライス(2人のローマ教皇)
◆主演女優賞
シンシア・エリヴォ(ハリエット)
スカーレット・ヨハンソン(マリッジ・ストーリー)
シアーシャ・ローナン(ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語)
シャーリズ・セロン(スキャンダル)
レニー・ゼルウィガー(ジュディ 虹の彼方に)
◆助演男優賞
トム・ハンクス(A Beautiful Day in the Neighborhood)
アンソニー・ホプキンス(2人のローマ教皇)
アル・パチーノ(アイリッシュマン)
ジョー・ペシ(アイリッシュマン)
ブラッド・ピット(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
◆助演女優賞
キャシー・ベイツ(リチャード・ジュエル)
ローラ・ダーン(マリッジ・ストーリー)
スカーレット・ヨハンソン(ジョジョ・ラビット)
フローレンス・ピュー(ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語)
マーゴット・ロビー(スキャンダル)
◆脚本賞
1917 命をかけた伝令
ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密
マリッジ・ストーリー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
パラサイト 半地下の家族
◆脚色賞
アイリッシュマン
ジョジョ・ラビット
ジョーカー
ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
2人のローマ教皇
◆撮影賞
1917 命をかけた伝令
アイリッシュマン
ジョーカー
The Lighthouse
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
◆編集賞
フォードvsフェラーリ
アイリッシュマン
ジョジョ・ラビット
ジョーカー
パラサイト 半地下の家族
◆美術賞
1917 命をかけた伝令
アイリッシュマン
ジョジョ・ラビット
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
パラサイト 半地下の家族
◆衣装デザイン賞
アイリッシュマン
ジョジョ・ラビット
ジョーカー
ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
◆メイキャップ&ヘアスタイリング賞
1917 命をかけた伝令
スキャンダル
ジョーカー
ジュディ 虹の彼方に
マレフィセント2
◆視覚効果賞
1917 命をかけた伝令
アベンジャーズ エンドゲーム
アイリッシュマン
ライオン・キング
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
◆録音賞
1917 命をかけた伝令
アド・アストラ
フォードvsフェラーリ
ジョーカー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
◆音響効果賞
1917 命をかけた伝令
フォードvsフェラーリ
ジョーカー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
◆作曲賞
1917 命をかけた伝令
ジョーカー
ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
マリッジ・ストーリー
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
◆主題歌賞
「I Can't Let You Throw Yourself Away」(トイ・ストーリー4)
「(I'm Gonna) Love Me Again」(ロケットマン)
「I'm Standing With You」(Breakthrough)
「Into the Unknown」(アナと雪の女王2)
「Stand Up」(ハリエット)
◆アニメーション映画賞
ヒックとドラゴン 聖地への冒険
失くした体
クロース
Missing Link
トイ・ストーリー4
◆国際長編映画賞
Corpus Christi(ポーランド)
Honeyland(北マケドニア)
レ・ミゼラブル(フランス)
ペイン・アンド・グローリー(スペイン)
パラサイト 半地下の家族(韓国)
◆ドキュメンタリー映画賞(長編)
アメリカン・ファクトリー
The Cave
ブラジル 消えゆく民主主義
娘は戦場で生まれた
Honeyland
◆ドキュメンタリー映画賞(短編)
In the Absence
Learning to Skateboard in a Warzone (If You're a Girl)
眠りに生きる子供たち
St. Louis Superman
Walk Run Cha-Cha
◆短編映画賞(実写)
Brotherhood
Nefta Football Club
The Neighbors' Window
Saria
A Sister
◆短編映画賞(アニメーション)
Dcera (Daughter)
Hair Love
Kitbull
Memorable
Sister




Oscar Score January 19, 2020
Best Picture 作品賞 Best Director 監督賞
1 パラサイト 半地下の家族 187.5 1 ポン・ジュノ
(パラサイト 半地下の家族)
182.0
2 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 187.0 2 サム・メンデス
(1917 命をかけた伝令)
137.5
3 アイリッシュマン 169.5 3 クエンティン・タランティーノ
(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
127.0
4 1917 命をかけた伝令 164.0 4 マーティン・スコセッシ
(アイリッシュマン)
124.0
5 マリッジ・ストーリー 142.0 5 トッド・フィリップス
(ジョーカー)
75.5
6 ジョーカー 136.0 6 ノア・バームバック
(マリッジ・ストーリー)
29.0
7 ジョジョ・ラビット 117.5 7 タイカ・ワイティティ
(ジョジョ・ラビット)
25.5
8 フォードvsフェラーリ 98.0 8 グレタ・ガーウィグ
(ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語)
22.5
9 ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語 91.0 9 ジェームズ・マンゴールド
(フォードvsフェラーリ)
21.0
10 ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密 55.0 10 ベニー・サフディ、ジョシュ・サフディ
(アンカット・ダイヤモンド)
17.5
Best Actor 主演男優賞 Best Actress 主演女優賞
1 アダム・ドライヴァー
(マリッジ・ストーリー)
182.5 1 スカーレット・ヨハンソン
(マリッジ・ストーリー)
141.0
2 ホアキン・フェニックス
(ジョーカー)
160.5 2 レニー・ゼルウィガー
(ジュディ 虹の彼方に)
135.5
3 レオナルド・ディカプリオ
(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
110.5 3 ルピタ・ニョンゴ
(アス)
108.5
4 アントニオ・バンデラス
(ペイン・アンド・グローリー)
91.5 4 シャーリズ・セロン
(スキャンダル)
102.5
5 ジョナサン・プライス
(2人のローマ教皇)
61.0 5 シアーシャ・ローナン
(ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語)
93.5
6 アダム・サンドラー
(アンカット・ダイヤモンド)
52.0 6 シンシア・エリヴォ
(ハリエット)
68.5
7 タロン・エガートン
(ロケットマン)
42.0 7 アウクワフィナ
(フェアウェル)
51.0
8 ロバート・デ・ニーロ
(アイリッシュマン)
38.5 8 アナ・デ・アルマス
(ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密)
33.5
9 ダニエル・クレイグ
(ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密)
32.5 9 フローレンス・ピュー
(ミッドサマー)
15.5
9 エディ・マーフィ
(ルディ・レイ・ムーア)
32.5 10 メアリー・ケイ・プレイス
(Diane)
10.0
Best Supporting Actor 助演男優賞 Best Supporting Actress 助演女優賞
1 ブラッド・ピット
(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
216.5 1 ローラ・ダーン
(マリッジ・ストーリー)
174.0
2 ジョー・ペシ
(アイリッシュマン)
165.0 2 フローレンス・ピュー
(ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語)
131.0
3 アル・パチーノ
(アイリッシュマン)
112.5 3 マーゴット・ロビー
(スキャンダル)
107.0
4 トム・ハンクス
(A Beautiful Day in the Neighborhood)
91.5 4 スカーレット・ヨハンソン
(ジョジョ・ラビット)
92.5
5 アンソニー・ホプキンス
(2人のローマ教皇)
69.0 5 ジェニファー・ロペス
(ハスラーズ)
81.0
6 ウィレム・デフォー
(The Lighthouse)
41.5 6 キャシー・ベイツ
(リチャード・ジュエル)
62.5
7 ソン・ガンホ
(パラサイト 半地下の家族)
31.0 7 マーゴット・ロビー
(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
41.0
8 タイカ・ワイティティ
(ジョジョ・ラビット)
17.0 8 チャオ・シュウチェン
(フェアウェル)
37.5
9 サム・ロックウェル
(ジョジョ・ラビット)
15.5 9 ジュリア・バターズ
(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
27.0
10 ジョン・リスゴー
(スキャンダル)
14.0 10 ニコール・キッドマン
(スキャンダル)
26.0
※Oscar Score…各賞の重要度を考慮して候補結果、受賞結果から得点を配分、それを集計してランキングにしたもの
※黄色は新しく加点されたもの
※毎日曜日更新予定




Oscar Buzz
主題歌賞候補を聴く。「Stand Up」ハリエット)。こちら(1/24)
英国アカデミー賞にて英国映画への貢献が認められ、アンディ・サーキスが表彰されることが決定(1/24)
1月第3週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(1/23)
オスカートリヴィア Vol.5(1/23)

シアーシャ・ローナン
ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語)は25歳にして4度目のノミネート。これは歴代第2位記録。トップはローナンより4カ月若くして4度目の候補に挙がったジェニファー・ローレンスになる。
主題歌賞候補を聴く。「Into the Unknown」アナと雪の女王2)。こちら(1/22)
邦題決定。『The Dead Don't Die』『デッド・ドント・ダイ』ジム・ジャームッシュ監督、アダム・ドライヴァービル・マーレイティルダ・スウィントンクロエ・セヴィニー出演(1/22)
オスカートリヴィア Vol.4(1/21)

Netflix映画は24のノミネーションを獲得。これはスタジオ別トップになる。
邦題決定。『Poms』『チア・アップ!』ザラ・ヘイズ監督、ダイアン・キートンジャッキー・ウィーヴァー出演(1/21)
アメリカ映画俳優組合賞(SAG)授賞式を見て管理人が思ったこと(1/20)

ホアキン・フェニックスレニー・ゼルウィガー共に、ゴールデン・グローブ賞では酔っ払ったようなスピーチだったのを、賞アドヴァイザーに何か言われたのか、完全に軌道修正。立派にこなしていた。フェニックスがライヴァルだった候補者4人にひとりずつ声をかけたのがとても良かった。まあ、フェニックスの場合、ゴールデン・グローブみたいにぶっ飛んでいてくれた方が面白いという人もいるんだろうけど…。

『パラサイト 半地下の家族』組の歓迎のされ方がスゴイ。クリップ紹介で登壇しただけでスタンディング・オヴェーションとは…。キャスト賞もかっさらい、現時点で『1917 命をかけた伝令』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』と共にオスカー作品賞の頂点三つ巴になっている感。

ブラッド・ピットに死角なし。スピーチまで大変な好印象。今最もオスカーに近い俳優。気が早いものの、Congratulations!

●クリップ紹介で登壇したローマン・グリフィン・デイヴィス(ジョジョ・ラビット)が無茶苦茶可愛い。

●最初と最後に出てきたユージーン・レヴィダニエル・レヴィの父息子がそっくりな上(眉毛、しっかり遺伝している!)、掛け合いが無茶苦茶可笑しい。
Peopleによるアメリカ映画俳優組合賞(SAG)授賞式レッドカーペットギャラリー。こちら(1/20)
主題歌賞候補を聴く。「I'm Standing With You」Breakthrough)。こちら(1/19)
新作 Box Office 金曜日速報(1/19)

1. バッドボーイズ フォー・ライフ $23,500,000(3775) Great!
2. ドクター・ドリトル $6,300,000(4155) zzz...

※予測。
 「バッドボーイズ」シリーズの17年ぶりの続編となる『バッドボーイズ フォー・ライフ』が初日首位。果たして需要はあるのだろうかとの疑問を笑い飛ばす、驚愕の2,350万ドルを叩き出した。週末売り上げは6,000万ドルを超えてくると見られ、これはマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の祝日週末としては歴代2位の数字になるという。業界内予測ではせいぜい3,000万ドルを超えた付近ではないかとの見方が強かったが、それを大きく上回る。マーティン・ローレンスはこのところ映画出演を控えていたが一気にスターの座に返り咲き、ウィル・スミスは「ジェミニマン」(19年)の失敗を早くも取り戻した格好。これならば第4弾の製作はブランクが空くことはないのではないか。なお、製作費は9,000万ドルで、CinemaScoreはA。

 逆にリブートされた『ドクター・ドリトル』は大撃沈の初日。週末3日間ではファミリー映画特有の伸びがあったとしても、2,500万ドルには届かないか。悪くはないとの見方もできる数字にも見えるのだが、実はこの映画、製作費は驚きの1億7,500万ドル~2億ドルの間。ユニヴァーサルがシリーズ化に向けて勝負を賭けていた一作であることは明白で、それがこの数字では失望の声が方々から挙がっても仕方がない。しかもCinemaScoreはBの上、批評家からは袋叩きに遭っている。早くも2020年ラジー賞の主役の座に躍り出たと言って良いだろう。ロバート・ダウニー・ジュニア、残念無念。 
オスカートリヴィア Vol.3(1/18)

今年の最多ノミネートは11部門で候補に挙がった『ジョーカー』トッド・フィリップス監督)。コミックブックを原作にした映画として初めての出来事。
邦題決定。『Pain and Glory』『ペイン・アンド・グローリー』ペドロ・アルモドヴァル監督、アントニオ・バンデラス、ペネロペ・クルス出演(1/18)




My Movie Rating January 24, 2020
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
フッド:ザ・ビギニング
★★ 弓をヴァージョンアップしアクションを現代的にアレンジしただけでは、物語に現代を反映させることはできない。タロン・エガートンはややスケール不足か。
セレニティー:平穏の海 [配信]
現代ノワール的気配は悪くなく、力のあるキャストを揃えられたのだから、正攻法で攻めるべきだった。得意気に提示される映画の仕掛けが全てを台無しにする。
イエスタデイ
★★ ビートルズが忘れられた世界…とはったりは大きいが、捻りは全くなし。全てにおいてベタを貫き、ほとんど鈍感の域。愛を謳いながら、金の匂いの方が濃い。
クロール 狂暴領域
★★★ 押さえるべきポイントは押さえられた、良い意味で突っ込み所満載のB級スリラー。家の配管やワニの習性がサスペンス作りに活かされる。巨大ワニを登場させても良かったか。
ビリー・ザ・キッド 孤高のアウトロー [WOWOW]
★★ ビリー・ザ・キッドが主役かと思いきや、実は西部劇神話に揉まれる少年を主人公にしたカミング・オブ・エイジ ストーリー。クライマックスぐらいはもっと映画的にどうぞ。








OSCAR PLANET


since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 11.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2019. Yoshi All Right Reserved.