OSCAR PLANET

アカデミー賞専門サイト

Last Update: June 20, 2018


Oscar Buzz  My Movie Rating


CONTENTS
What's New?
更新履歴
Academy Awards
アカデミー賞とは?
Headline
ニュース
Schedule
スケジュール
Pre-Oscar Awards
前哨戦
Ceremony
授賞式
Predictions
予想
Column
コラム
Contest
休止 コンテスト
Planet Awards
休止 プラネット・アウォード
Links
リンク
Planet Board
掲示板
Past Report
過去の記事
      
FILM PLANET blog
FILM PLANET ブログ
これからのOSCAR PLANETについて




Oscar Buzz
『The Little Stranger』は「ルーム」で注目されたレニー・エイブラハムソンの新作。ホラーというジャンルは賞受けするものではないが、期待値は高まっている感(6/20)
高評価を得た「クリード チャンプを継ぐ男」の続編『Creed II』スティーヴン・ケイプル・ジュニア監督)は今回も期待されているが、シルヴェスター・スタローンの90年代に起こったというセクハラ騒動(本人は完全否定)の影響を少なからず受けるのではないかとの見方あり(6/20)
『蜘蛛の巣を払う女』フェデ・アルヴァレス監督)はクレア・フォイがイメージ一新パフォーマンス。また、これまで描かれてきたリスベットが登場するとの見方が強い(6/19)
MTV映画&TV賞が発表。映画関連部門は以下の通り(6/19)

◆作品賞:ブラックパンサー
◆演技賞:チャドウィック・ボウズマン(ブラックパンサー)
◆ヒーロー賞:チャドウィック・ボウズマン(ブラックパンサー)
◆悪役賞:マイケル・B・ジョーダン(ブラックパンサー)
◆キス賞:ニック・ロビンソン&キーナ・ロンズデール(Love, Simon)
◆恐怖演技賞:ノア・シュナップ(ストレンジャー・シングス 未知の世界)
◆オンスクリーン・チーム賞:フィン・ウォルフハード、ソフィア・リリス、ジェイデン・リーベラー 他(IT/イット “それ”が見えたら、終わり。)
◆コメディ演技賞:ティファニー・ハディッシュ(Girls Trip)
◆スティラー賞:マデライン・ペッチ(リバーデイル)
◆ファイト賞:ガル・ギャドット vs. ドイツ兵(ワンダーウーマン)
◆ジェネレーション賞:クリス・プラット
『Sicario: Day of the Soldado』ステファノ・ソッリマ監督)のアーリーリアクションは好意的なものが目立っている。完璧ではなくとも、上々のジャンル映画との声(6/18)
カンヌ映画祭でプレミア上映され好評を博した『BlacKkKlansman』スパイク・リー監督)はシドニー映画祭でも好反応。8月の全米公開に向けて、BUZZ作りは順調に進んでいる感(6/18)
レニー・ゼルウィガーがジュディ・ガーランドを演じる『Judy』ルパート・グールド監督)は、ガーランドの親族の承認なしのまま製作が進められ、どうやらガーランドの娘であるライザ・ミネリは快く思っていない模様(6/17)
新作 Box Office 金曜日速報(6/17)

1. インクレディブル・ファミリー $71,546,000(4410) Great!
3. Tag $5,400,000(3382)
7. Superfly $1,870,000(2220) zzz...
11. Gotti $614,000(503) zzz...

※予測。
 「Mr.インクレディブル」から実に14年。続編となる『インクレディブル・ファミリー』が公開され、木曜の先行公開分を含む初日売り上げが7,154万ドルという大爆発スタート。3日間売り上げは1億7,000万ドルが見込まれ、場合によっては1億8,000万ドルを超えてくる可能性すら指摘されている。これは「ファインディング・ドリー」(16年)が打ち立てた1億3,506万ドルというオープニング記録を大幅に上回る、アニメーション映画史上最高の出足。批評も良好なことから(CinemaScoreはA+)急激な落ち込みがあるとは思われず、最終的には5億ドル突破が可能かもしれない。

 大人の鬼ごっこメディ『Tag』は可もなく不可もなくの3位デビュー。週末成績は1,400万ドル前後だろう。製作費は2,800万ドルなので、悪くはない。

 『Superfly』は厳しい初日で、週末成績は550万ドルに届くかどうかと言ったところ。製作費は1,600万ドルに抑えられているが、1,000万ドルは狙いたかったところだろう。

 ジョン・トラヴォルタが長年温めてきた『Gotti』は中規模公開でスタートしたが、オープニングデイの成績は散々。200万ドルも厳しい出足で、これはラジー賞有力候補に躍り出るきっかけになるかもしれない。何しろ批評が壊滅的。褒めている言葉を探すのに一苦労する稀に見る惨劇になっている。
リチャード・リンクレイター監督、エマ・ネルソンケイト・ブランシェットクリステン・ウィグ出演のコメディ『Where'd You Go, Bernadette』が10月19日から2018年3月22日へ公開延期。Goodbye, Oscar...(6/16)
映画芸術科学アカデミーの2018年から2019年における各分科会のトップが決定。俳優分科会はアルフレッド・モリーナ、監督分科会はスザンネ・ビアが初選出された模様(6/16)
ジェイミー・リー・カーティスのシリーズ復帰も話題の『Halloween』デヴィッド・ゴードン・グリーン監督)の前評判は上々。賞レースに絡むことはないだろうが、ビッグヒットが狙えるとの声(6/15)
スティーヴ・カレル『Beautiful Boy』フェリックス・ヴァン・フルーニンゲン監督)の他にも『The Women of Marwen』ロバート・ゼメキス監督)の前評判が高い。当たり年であることは間違いないが、票割れ必至との声も…(6/15)
6月第2週公開映画BUZZ。FILM PLANET blogへ。こちら(6/14)
邦題決定。『Crazy Rich Asians』『クレイジー・リッチ!』ジョン・M・チュウ監督、コンスタンス・ウーヘンリー・ゴールディングミシェル・ヨー出演(6/14)




My Movie Rating June 20, 2018
詳しい感想はFILM PLANET blogへ。こちら
アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
★★ ヒーローのすし詰めをいよいよ極め、明暗くっきり。ソーを始め宇宙組は健闘するも、地球組は物足りない。敵の輪郭もぼんやり。ドラマの動かないアクションの羅列。
レディ・プレイヤー1
相変わらず手際良いスティーヴン・スピルバーグの演出に感心しつつ、けれどその世界観にちっともハマれない。せめてアバター制度をやめてくれていたら…。
女は二度決断する
★★★ 21世紀の復讐の物語。観る者にヒロインの哀しみと怒りを共有させながら、けれど間に結局距離を作る構成が巧み。ダイアン・クルーガーが渾身の演技。
パシフィック・リム:アップライジング
KAIJUがなかなか出てこない上、その分大きく取り上げられるイェーガーも魅力不足。街を壊すだけのバトルに呆れ、次第にそれが怒りに変換されていく。
パパ VS 新しいパパ2 [DVD]
★★ 主人公ふたりの父親(じいじ)を登場させる短絡的スケールアップ。父と息子の関係を意識したのは悪くないが…。メル・ギブソンの役はもっと冷酷にしては?








OSCAR PLANET

TADA-Counter
since November 01, 2002






OSCAR PLANET バナー
OSCAR PLANET
ご自由にお使い下さい
リンクはフリーですが、トップページにお願いします


FILM PLANET

Internet Explorer 8.0 で動作確認済み
フォントサイズは(中)をお奨めします


Copyright (C) 2002-2018. Yoshi All Right Reserved.